2017年の“春の甲子園”こと選抜高校野球大会に出場する早稲田実業高校野球部(東京)のメンバーと出身中学を紹介いたします。

早稲田実業高校は4年ぶり21回目の選抜高校野球大会出場となります。その出場回数は、今大会では熊本工業高校(熊本)や報徳学園(兵庫)と並んでトップタイとなります。

2017年の大注目のドラフト候補、清宮幸太郎選手が主将を務める新チームは秋季東京都大会で優勝しました。その後の明治神宮大会でも準優勝を達成し、好成績を残しています。今年の春の甲子園の優勝候補チームです。

チームの中心となる選手は早稲田実業高校を率いる新3年生の怪物・清宮幸太郎選手です。2年前は「清宮フィーバー」として話題になりましたね。新チームの主将となり、ますます注目され、秋季東京大会や明治神宮大会にはいずれの試合にも多くの観客が入りました。ドラフト候補としてプロも密着する清宮幸太郎選手は今春もフィーバー間違いなしでしょう。

また早稲田実業高校には他にも野村大樹選手というプロ注目選手がおりやはり戦力は全国屈指です。

さて、それでは最も注目すべき早稲田実業高校野球部(東京)のスタメン情報、そして注目のドラフト候補選手をご紹介いたします。

スポンサードリンク


早稲田実業高校 2017年選手一覧・スタメン情報

番号 名前 位置 出身中学 出身シニア等
服部 雅生 投手 3 東京    立川市立川第五中 福生シニア
雪山 幹太 捕手 2 兵庫    神戸市平野中 神戸中央シニア
清宮 幸太郎 内野手 3 東京    早稲田実業中等部 調布シニア
橘内 俊治 内野手 3 東京    世田谷区松沢中 世田谷南ボーイズ
野村 大樹 内野手 2 京都    同志社中 大阪福島シニア
野田 優人 内野手 2 東京    早稲田実業中等部 中学軟式
小西 優喜 外野手 3 東京    調布市神代中 調布シニア
福本 翔 外野手 3 埼玉    新座市第二中 富士見シニア
西田 燎太 外野手 3 東京    早稲田実業中等部 調布シニア
10 中川 広渡 控え 2 京都    京都市下京中 枚方ボーイズ
11 池田 徹 控え 2 神奈川 横浜市平戸中 横浜青葉シニア
12 石井 豪 控え 2 千葉    八千代市八千代中 千葉市シニア
13 大垣 洸太 控え 3 東京    早稲田実業中等部 海老名シニア
14 荒井 陸央 控え 3 東京    早稲田実業中等部 中学軟式
15 成田 璃央 控え 3 埼玉    埼玉大学付属中 川口シニア
16 横山 優斗 控え 2 千葉    鎌ケ谷市第三中 八千代中央シニア
17 亀井 理陽 控え 2 東京    早稲田実業中等部 磯子港南シニア
18 板谷 竜太 控え 2 東京    杉並区天沼中 板橋シニア

スポンサードリンク


早稲田実業高校注目選手

清宮幸太郎 選手


注目No.1は一塁手、清宮幸太郎 選手です。

中学時代は調布シニアに所属していました。

早実小入学当初はラグビーを中心に活躍し、小学4年時に東京北砂リトルに所属しました。そして早実中1年夏には3番エースとして、リトルリーグ世界選手権優勝に貢献しました。リトル時代には通算本塁打132本を記録しています。驚愕の数字ですね。

早稲田実業高校では1年の春からベンチ入りしました。

 

特徴は身長184cm体重100kgの恵まれた体格と強打力です。

飛ばす力が自慢の左長距離スラッガーで、リトルリーグ世界選手権のパナマ戦で史上最長の94m弾を放ちました。まさに怪物ですね。

2017年の高校野球の顔ともいえる清宮幸太郎選手はドラフト候補ナンバーワン選手として春の甲子園に臨みます。

 

服部雅生 選手


中学時代は福生シニアに所属していました。

184cm、80kgという体格の右投投手です。

独特なテイクバックから一気に投げ込む140km/h前後の速球とキレのあるスライダーのコンビネーションが大きな特徴となっています。

同期である清宮幸太郎選手と同じく、一年生ながら春季大会に出場し、駒大戦ではリリーフとして無失点に抑えるなどの成績を残しました。

一年からの経験を活かし、春の甲子園でも活躍を期待されています。

 

野村大樹 選手


中学時代は大阪福島シニアに所属していました。

第44回リトルシニア日本選手権関西大会優勝しベストナインに選出、シニア日本代表U-15アジア・チャレンジマッチ2015のメンバーに選出などの経歴をもっています。

新2年生で身長172cmの小柄な三塁手ですが、振り切るスイングで強い当たりを繰り出す強打者です。

1年の夏からスーパー1年生としてレギュラー入りし、既にプロから注目され今後はドラフト候補となるでしょう。

スポンサードリンク


過去の戦績

2016年度の試合戦績

  • 秋季東京都大会:優勝
  • 明治神宮大会:準優勝
新チームになってからの公式戦の戦績は10勝1敗です。明治神宮大会決勝では履正社高校に惜敗しました。

この雪辱は春の甲子園で晴らしたいですね。

早稲田実業高校の甲子園戦績

  • 春の甲子園:出場21回 優勝1回 準優勝1回
  • 夏の甲子園:出場29回 優勝1回 準優勝2回
早稲田実業高校の歴代戦績を見てみると、春の甲子園と夏の甲子園ともに1度ずつ優勝を果たしています。

しかし、昨年は甲子園出場が叶いませんでした。

春の甲子園では是非とも昨年の悔しさを糧にして優勝を果たしてほしいですね。

 

早稲田実業高校の特徴

圧倒する長打力!

ドラフト候補の清宮幸太郎選手と野村大樹選手の2人の超強力スラッガーを中心とした打線です。

新チームではメンバーそれぞれ役割をこなし、2017年では切れ目のない打線で追いつめていくことになるでしょう。

 

総合力の高いチーム!

早稲田実業高校はプロ注目のドラフト候補清宮幸太郎選手のワンマンチームと思われがちです。しかし、秋季大会で4試合連続先発をした中川広渡選手、決勝戦でのサヨナラホームランが記憶に新しい野村大樹選手の2人の新2年生や、成長した橘内俊治選手や小西優喜選手など総合力の非常に高い盤石の布陣で挑みます。

 

まとめ

  • 要注目のドラフト候補選手は「清宮幸太郎」選手!
  • 早くもプロ注目の新2年生「野村大樹」選手の長打力に注目!
  • 早稲田実業高校の強力な打撃力で優勝を狙う!
早稲田実業高校は昨年の夏の甲子園予選敗退や明治神宮大会決勝で履正社高校に惜敗するなど多くの涙を流してきました。

2017年の春の甲子園大会では是非ともこれまでの雪辱を晴らして欲しいですね。

また、怪物と話題のドラフト候補清宮幸太郎選手にも要注目です。

清宮フィーバーを巻き起こすなど期待の大きな中、優勝候補の主将として一体どんな活躍を見せてくれるか非常に楽しみですね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。