アデノウィルスはプール熱の原因として知られているウィルス感染症です。

プール熱のことは知っていても、アデノウィルスが原因ということや、どのようなウィルスなのか知らない人もいるのではないでしょうか?

実はインフルエンザに次いで多い感染症です。

今回は、アデノウィルスについて詳しくお話ししていきたいと思います。

スポンサードリンク

アデノウィルスとは何?

アデノウィルスの特徴

 アデノウィルスは風邪を引き起こすウィルスの一種で、とても身近なものです。

現在、51種類もの型が確認されています。そして症状や発症する病気によってA~Fの6群に分類されています。

1年中見られるウィルスですが、特に夏には気をつけなくてはいけません。

そして、幼児から小学生の子供に圧倒的に多く発症します。

アデノウィルスの3大症状

アデノウィルスの症状には_大きな特徴が3つあります。

 

①高熱ー38~40度ほど

②咽頭炎ーのどの痛み・腫れ

③結膜炎ー目やに・充血

 

子供がかかりやすい症状

 子供がかかりやすい症状としては下記があります。

①プール熱(咽頭結膜炎)

プールの水を介して、人から人へ感染します。高熱、喉の痛み、結膜炎が主な症状です。

喉の奥の壁にリンパ節の腫れがみられます。

治るまでには1週間ほどかかります。

②流行性角結膜炎(はやり目)

はやり目のはやり目のタオルなどを介して、高い確率で感染します。目やにが多く出たり、充血します。

治るまでには1週間~10日間ほどかかります。

③肺炎

肺炎の症状は長引く熱、ひどい咳、呼吸障害などがあります。

5歳児以下の乳幼児が感染すると、髄膜炎・脳炎・心筋炎などの合併症を引き起こし命にかかわる重篤な状態になることさえあります。

④胃腸炎

発熱・嘔吐・下痢などの症状があります。3歳未満の乳幼児に多く、特に0歳児からよく検出されます。

ロタウィルスよりは軽い症状ですが、同様の白色便になることがあります。

スポンサードリンク

アデノウィルス子供に多い感染経路 

プール

アデノウィルスは特に夏に注意と書きました。プールが感染経路になり得ます。

子供達が夏にプールに行くことが増えますが、そのプールの水を介して感染します。口や鼻、喉の結膜、または目の結膜から体の中に入り込んできます。

予防法としては、プールに入る前、入った後にシャワーを浴び、目を洗いそしてうがいをすることが大事です。また、人のタオルを借りた場合にも感染する可能性がありますので、タオルは自分用を使用することを徹底してください。

学校・幼稚園での感染

学校や幼稚園など、子供が集団生活をする環境が感染経路となる可能性があります。

経路は下記になります。

①飛沫感染

子供はなかなか自分の口を覆えないので、感染している子供が咳・くしゃみをした時にウィルスを吸い込み感染します。

②接触感染

感染している子供の皮膚や粘膜、汚染されたものに触ることで感染します。

③糞口感染

汚染された食べ物や、感染している子供の便に触った手を介して口から入り感染します。

スポンサードリンク

症状別!アデノウィルス対処方法

アデノウィルスの治療薬はない?

アデノウィルスの症状になった際は、病院に行くとある程度対処する治療薬をもらうことはできます。

しかし残念ながら、アデノウィルスに対して効く治療薬はなく、あくまで熱などの症状緩和のための治療薬を渡されます。

そのため症状が重ければ症状緩和が必要ですが、基本的に自然に治ることがほとんどです。

下に症状ごとの対処方法をご紹介いたします。

ご参考にしていただければ幸いです。

高熱(38〜40度)

熱が出ると汗をたくさんかきます。そのままにすると体が冷えてしまうので、こまめに汗を拭いて着替えをさせてください。

小児科で受診すると熱を下げるために座薬がでることがあります。

下記がポイントです。

①体の外側から冷やす

おでこではなく、脇の下・首元、足の付け根などを部分的に冷やしてあげると効果的です。

保冷剤をタオルでくるんで当ててあげましょう。

②水分補給はしっかり

熱とともに体力が失われ、同時に体の水分も出ていきますので水分補給がとても大切です。

こまめに水分をとって脱水症状を避けてください。

喉が痛くて水を飲むことを嫌がる場合、ジュースでも良いのでこまめに与えてください。

咽頭炎(喉の痛み・咳)

喉に水泡ができツバを飲み込むのも痛いので食欲が落ちます。

負担が少なくなるよう、_食事の味は薄めに、そして柔ないものを与えてください。

柑橘系のものは避けます。

結膜炎(目やに・充血)

結膜炎になると目やにが出ますので、濡れたガーゼや清浄綿で優しく丁寧に拭き取ってあげます。

使用後はすぐに廃棄してください。

炎症を抑えたり、最近の混合感染を予防する目的で、ステロイド薬や抗菌薬入りの点眼剤を使用します。

アデノウィルスの出席停止期間

アデノウィルスに感染した場合は出席停止になります。

これは感染力が強いためで、「学校保健法」の第2種に指定されています。

症状が無くなり2日経過したら登校、登園になります。

まとめ

  • アデノウィルスは風邪を引き起こすウィルスの一種、高熱・咽頭炎・結膜炎が3大症状
  • 子供がかかる一番の感染はプール熱、感染経路はプールや学校・幼稚園で
  • アデノウィルス対処法は、水分補給をしっかり、飲み込みやすい食事や点眼剤使用で

アデノウィルスには特効薬がありません。しっかりと寝て安静にしていることが大切です。

もし感染してしまったら、アデノウィルスは多くの消毒剤に対して高い抵抗性を持っています。有効な消毒剤には、消毒用エタノールや次亜塩素酸ナトリウムなどがあります。子供の遊んだおもちゃ、食事の前後のテーブルなど、感染した子供が触るものは消毒するようにして、第二次・第三次感染を防ぎましょう。最後まで読んで頂き、ありがとうございました。