namisoku.net

★時代の波を先取れ★話題トレンドをいち早くお届け!

「亜人」実写化映画のキャストや公開日!原作ストーリーを変更も

      2017/02/17

85

既に数々のマンガ作品が実写化映画となっている昨今ですが、また次なる実写化映画の製作が決定したようです。

亜人』実写化映画製作決定!!

最近では3部作品としての劇場版アニメ化、そしてテレビアニメ化もされているほどの人気作品です。人気作品であるがゆえに、しっかりと原作のイメージを壊さないように作り上げてほしいですね(;´・ω・)特にキャストやストーリーについては注目したいところです。

そこでこちらでは、『亜人』実写化映画のキャスト公開日、そしてストーリーについてまとめていきます。

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

『亜人』実写化映画決定!

公開日程【2/17更新】

2017年9月30日に公開予定

予定では夏に公開予定とされておりましたが、ほんのり秋にずれ込む予定となるそうです。

やはり「亜人」という世界観を再現するには時間がかかるということなのでしょうね。じっくりと「亜人」の世界観を見事に再現した実写化映画となり、亜人ファンも納得の仕上がりにしてくれることを期待しましょう。

あらすじ

「亜人」と呼ばれるその生物は「死なない」。

高校生・永井圭はある日、交通事故で死ぬが、その直後に生き返った。それは、彼が亜人であり、人間ではないことを意味する。

どれだけ傷ついても再生し、死ぬことのない新人類「亜人」。トラックと衝突死したことで不死身であることが発覚し、人体実験をもくろむ国家、懸賞金目当ての人々、そして同じ亜人のテロリストらとの戦いに巻き込まれていく。

『亜人』という作品のなかで最も特徴的なのが「亜人」という存在ですね。「亜人」というのは不死身の肉体を持つ不思議な新人類です。そんな「亜人」という存在に興味を抱き、近づいてくる人々との戦いに巻き込まれていくというストーリーとなっております。

ストーリーを通して最も印象的なのが、「亜人」が不死身であるということですね。不死身であるがゆえに自ら進んでビルから飛び降りたり、敢えて自身の腕を切り落とすなどなど…結構刺激が強い作品となってます(;´・ω・)そういうバッサバッサと人が倒れたり傷ついたりするようなものが苦手な方にとってはちょっとおススメできない作品かもしれません。

キャスト【2/17更新】

永井圭:佐藤健

1478255649

なんと佐藤健さんが主人公である永井圭役をされるそうですΣ(・□・;)私は佐藤健ファンですので是非とも『亜人』実写化映画が見てみたくなってしまいました(笑)

佐藤健さんは『バクマン。』にて真城最高役を演じたり、『BECK』にて田中幸雄役を演じるなど、マンガの実写化映画作品にもいくつか出演を果たしている実力者です。更になんといっても、『るろうに剣心』の緋村剣心役では見事な殺陣を魅せてくれるアクションシーンが満載でしたね(*´ω`*)✨✨

今回の作品『亜人』でもたくさんのアクションシーンがスタントマンなしで佐藤健さん自ら演じているようです。

『るろうに剣心』で見せてくれた素晴らしいアクションシーンが再び見られるとは…ファンとしては喜び以外の何物でもないです(*´Д`)✨✨

『亜人』実写化映画について、佐藤健さんのコメントもありますので、下に記載いたします🎵

二年ほど前に今回のお話をいただき、すぐに原作を読みました。

一読者として楽しませて頂いたのはもちろん、この作品を映画化したいと思いました。

理由は明快で、この「亜人」という原作を映画化する意義がしっかりと見えたからです。

それは、“死なないという特性を利用して、今までにないアクション映画がつくれる”ということです。

絶対に死なない亜人は殺してもすぐに復活するため、捕獲拘束するために麻酔銃などで眠らせようとします。戦闘中腕に刺さった麻酔が全身に巡ることを避けるため自らで麻酔の刺さった腕を切り落としながら、更に自らで自らの頭を銃で撃つ(リセットする)ことで損傷された腕を復活させながら、俳優たちが戦闘している『画』が見えました。

『るろうに剣心』のときにお世話になったアクションチームのみなさんと久しぶりに再会し、これからの撮影に向けて、今は日々アクションを練っている段階です。まだクランクイン前ですが、これは上手くいけば相当極上なエンターテインメント作品に仕上がるのではないかと手応えを感じております。

楽しみに待っていて頂いて大丈夫かと。よろしくお願いします。

2年前からすでに話に上がっていたのですかΣ(・□・;)これは少々驚きですね。

『亜人』実写化映画では数々のアクションシーンも撮影がされております。そんなシーンを撮影するために、『るろうに剣心』にてともに作品を作り上げてきたアクションチームもともに参入しているというのは心強いですね(`・ω・´)✨✨

『るろうに剣心』実写化映画は成功例として挙がってくる作品の一つですので、そんな作品を一緒に作り上げてきたチームがいるならば原作ファン、佐藤健ファンも安心して『亜人』実写化映画の完成を待つことができるのではないでしょうか?

 

【2/17更新】キャスト情報公開!

ついに佐藤健さん以外のキャスト情報がベールを脱ぎました(`・ω・´)✨✨

こちらには人物相関図を載せておきますね。いやはや、豪華な俳優陣が名を連ねており、ワクワクが止まりません🎵

<主人公・ヒロイン>
  • 永井圭(佐藤健)
  • 浜辺美波
<厚生労働省>
  • 戸崎優(玉山鉄二)
  • 下村泉(川栄李奈)
<亜人テロリストグループ>
  • 佐藤(綾野剛)
  • 田中功次(城田優)
  • 奥山(千葉雄大)
  • 高橋(山田裕貴)

こんなキャストで製作してくださるとは…今から「亜人」映画公開が待ち遠しいですね(*´ω`*)

佐藤:綾野剛

佐藤健さん演じる永井圭と敵対する最強の不死身男である、亜人テロリストグループの佐藤役を演じるは、なんと綾野剛さんとなりました。

あの綾野剛さんの独特の雰囲気とテロリストグループという設定はマッチしているな🎵というのが私の感想です。

今回綾野剛さんは、原作のイメージを意識し、髪を銀色に染めて撮影に臨んだそうです。

さらに設定が軍隊上がりということで、撮影4カ月半前からトレーニングを行ってきた模様、スタッフの方からは「(筋肉が)CGのようだ」と言わしめるほど肉体をキャラクターに近付けたようですΣ(・□・;)

綾野剛さん、どれだけストイックな方なんでしょう。実写化という難しい作品に真摯に向き合うその姿勢が本当に素晴らしいですね。

綾野剛さんがどれほどの肉体を身につけて撮影に挑んだのか…そしてテロリストグループという怪しげで恐ろしいオーラを見事に醸し出してくれることに期待しましょう!

スポンサードリンク

『亜人』実写化映画はオリジナルストーリー

原作の設定に沿ったストーリー

今回の『亜人』実写化映画は原作に沿ったオリジナルストーリーとなるようです。

そのため原作ファンとしても原作のイメージを壊されることなく、新たなストーリーを楽しむことが出来そうですので楽しみが増えたのではないでしょうか(*´ω`*)?

2017年の東京を舞台にしたストーリー

2108543c70e78fb98_m

なんとストーリーは2017年の東京を舞台にしているようですΣ(・□・;)

実写化映画が公開する年、そして尚且つ現実世界の東京を舞台としているということですか。そうなると、佐藤健さん演じる永井圭は東京の地を駆け巡りながら日本国家をはじめとした数々の敵と相対していくのでしょうね。

実写化映画のシーンの中にはもしかするとスカイツリー東京駅などを舞台にアクションシーンが繰り広げられるということもあるかもしれませんね(`・ω・´)✨✨映画公開日前後にはそうした東京の各地で『亜人』のポスター等が展開されるのでしょうか?そんな映画以外での演出も楽しみですね!

東京一面が『亜人』一色になれば、映画を見た後も「このシーンの撮影場所だ!」と二度楽しめる要になりそうでより一層楽しみになってきました🎵

『亜人』実写化映画の永井圭は研修医

原作の『亜人』では、永井圭は高校生という設定です。しかし佐藤健さんはもうそろそろ高校生という役も厳しいですよね(;´・ω・)

そのため今回の『亜人』実写化映画では永井圭は研修医という設定で、既に成人として登場します。

そのため全体的にストーリーもしっかりとオリジナル設定を加えていくようです。他のキャスト陣もそれぞれ、今回のオリジナルストーリーに合わせた設定をしての登場となるでしょうね。

個人的には『亜人』という世界観が壊れないならある程度のオリジナル性を持たせた実写化映画となるのはむしろ歓迎します。2017年の東京に実際に『亜人』という存在がもし出現したら、日本はどうなるのか…そんな想像を膨らませた作風となっていくのでしょうね(*´ω`*)

 

まとめ

  • 『亜人』実写化映画が決定!
  • 公開日は2017年9月30日を予定
  • 主人公の永井圭役は佐藤健
  • 原作に沿ったオリジナルストーリーで構成される

2017年夏公開日予定の『亜人』実写化映画ですが、まだまだ公式情報が少ないですね。ただ、2016年11月から撮影が開始されるため今後少しずつ新たな情報が展開されてくるはずです。特に佐藤健さんのアクションシーンの一部が早く公開されて欲しい(´・ω・`)

そして気になる他ののキャスト陣も早く公開されてほしいですね!

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。



シェアしていただけると助かります。

 - 映画 ,