現在はWBC 2017で盛り上がっているところですが、日本プロ野球界も徐々に熱を帯び始めております。

3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

2016年中日ドラゴンズは最下位という驚きの結果となってしまいました。今年の2017年はどのような布陣をそろえてきたのでしょう。是非とも最下位から脱し、上位に食い込んでほしいところです。

そんな中日ドラゴンズの開幕投手やスタメン・先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

歴代の開幕投手一覧

まずはこれまで、中日ドラゴンズでは誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 吉見一起
  • 2013年 ⇒ 吉見一起
  • 2014年 ⇒ 川上憲伸
  • 2015年 ⇒ 山井大介
  • 2016年 ⇒ 大野雄大

中日ドラゴンズでは最近、開幕投手が固定されていないんですよね。

これを「投手層が厚いから」とみるのか、「絶対的なエースがいないから」という見方をするのか…おそらくは後者の見方をする方が多いのかと思います。

川上憲伸選手の引退など、投手陣の層が薄くなってきているような雰囲気を醸し出している気がするのは私だけではないかもしれません。

2017年では投手層を厚くして挑んでくるのか、その辺にも注目してみてみたいですね。

 

 

2016年 中日ドラゴンズ スタメン情報

2016年開幕戦スタメン

1 センター 大島 洋平

2 セカンド 荒木 雅博

3 ショート 遠藤 一星

4 ファースト ビシエド

5 ライト 平田 良介

6 レフト 藤井 淳志

7 サード 高橋 周平

8 キャッチャー 桂 依央利

9 ピッチャー 大野 雄大

2016年 最終試合スタメン

1 センター 大島 洋平

2 セカンド 荒木 雅博

3 ファースト 森野 将彦

4 レフト 福田 永将

5 サード エルナンデス

6 ライト 井領 雅貴

7 ショート 堂上 直倫

8 キャッチャー 杉山 翔大

9 ピッチャー 大野 雄大

 

2016年シーズンでは、100試合出場した選手が大島洋平選手、堂上直倫選手、平田良介選手、ジビエド選手の4名のっみでした。

そのため前半戦はチームとしてのまとまりもちょっと見られず、不安定なプレーでしたね。

しかし後半戦ではその不安定さを軌道修正し、徐々に安定したスタメンを組むようになっていきました。

それでも2016年シーズンは1997年以来のセリーグ最下位という事態に陥ってしまいました。。。

さて、今年の2017年では見事に最下位という不名誉な烙印を押されることなく、上位に食い込んでくれるのでしょうか。

スポンサードリンク

2017年 開幕スタメン・開幕投手予想

開幕スタメン予想

1番(中)大島洋平選手

2番(二)亀澤恭平選手

3番(左)ゲレーロ

4番(一)ビシエド

5番(右)平田良介選手

6番(三)高橋周平

7番(游)堂上直倫選手

8番(補)杉山翔大選手

9番(投)ピッチャー

1番(中)大島洋平選手

昨年FA権を行使しましたが最終的に中日に残留しました。シャープな打撃と俊足で、相手を揺さぶる事が出来るクラッチヒッターです。また守備範囲も広く、不動のレギュラーです。

 

2番(二)亀澤恭平選手

荒木選手がこれまではセカンドのレギュラーでしたが、力の衰えが出てきています。今季は亀沢選手がセカンドのレギュラーを完全に奪うと思います。年俸が昨年減俸されたので、その分、奮起すると思います。

 

3番(左)ゲレーロ

新外国人選手です。どんな新外国人選手でも開幕してから1か月くらいは様子を見ないと分からない部分があります。オープン戦は良くても、ペナントではさっぱりと言うケースがあります。日本野球に順応できるかにまずは注目です。

 

4番(一)ビシエド

パワーヒッターです。反対方向にもホームランを放つ事が出来ます。チャンスにも強く頼りになる4番です。昨シーズンから中日の一員になりました。開幕当初はホームランを量産しました。今年は安定してホームランを打てれば中日は上位に浮上します。

 

5番(右)平田良介選手

昨季は不本意なシーズンを送りました。打撃不振に陥り、平田選手の調子がなかなか上がらず、安定もしませんでした。その為、ちおーむは低迷です。平田選手が打てばチームは浮上します。

 

6番(三)高橋周平

毎年ブレイクが期待される選手。中々能力覚醒しそうで覚醒しないもどかしいシーズンを送っています。今年はそろそろ結果が欲しいですね。持ち前の長打力は天性のものがあります。

 

7番(游)堂上直倫選手

ショートの守備が非常に安定しています。打者としては小細工が出来るバッターです。もう少し率が高いとチームとしても得点力があがります。

 

8番(補)杉山翔大選手

基本的には桂選手との併用になると思いますが、試合数で多く出場する可能性が高い杉山選手を捕手に選びました。インサイドワークを巧みに使うキャッチャーです。打撃は意外性があります。

9番(投)ピッチャー

 

スポンサードリンク

2017年開幕投手

開幕投手はほぼ間違いなく大野雄大投手でしょうという呼び声が高いですね。

そして既にニュースでも、大野雄大投手が開幕投手であることが報道されております。

大野雄大投手、まことにおめでとうございます!

少し安定感に欠ける部分はありますが、尻上がりに調子をあげていくタイプです。立ち上がりさえ乗り切ればその後は安定した投球をすることが多いです。

是非とも開幕戦では勝利を挙げ、中日を勢いづかせてくれることを期待しております!

2017年先発ローテーション予想

大野雄大投手

昨シーズンは7勝10敗とエースとしての役割を果たせませんでした。今年はリベンジに燃えています。

普通に波のない投球が出来れば12勝前後は勝てます。そこから先は打線との兼ね合いになります。

吉見一起投手

昨季の防御率は3.08とやや不本意な数字です。しかし、昨シーズン中日の投手陣の中では1番良い数字です。

全盛期並みの活躍が出来れば15勝前後勝つ事が出来ます。

若松駿太投手

ストレートの最速は140キロくらいですが、なかなか打ちにくい投手です。

昨季は7勝8敗。昨シーズンは成績の良い投手はいなかったです。若松投手も負のスパイラルに陥ってしまったのです。

ジョーダン投手

昨季は1年目で6勝6敗。今年は日本野球に慣れが見込めるので、二桁勝つ力を持っています。

ここで一気に日本野球に順応してくる可能性があります。首脳陣も期待の一人です。

小笠原慎之介投手

1年目から1軍で使われ2勝6敗と成績はいまいちですが、大きな経験をした事は今季に必ず生きてきます。

今季は先ずは白星を先行させる事です。ここが大きな課題になります。化ければ面白い存在です。

柳裕也投手

ドラフト1右腕です。ドラフトではソフトバンクに入団した田中正義投手や、千葉ロッテマリーンズに入団した佐々木千隼投手に注目が集まっておりましたね。

しかし、柳投手も即戦力投手です。先ずは新人王を目指して欲しいです。

まとめ

2016年には残念な結果となってしまった中日…今年の2017年こそはそんな無念を晴らし、リーグ上位・優勝を果たしてほしいですね。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。