3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

横浜DeNAベイスターズでは2016年には筒香嘉智選手が素晴らしい活躍を見せ、見事にホームラン王、打点王に輝きましたね。そしてWBC 2017でも日本代表の4番として素晴らしい活躍をしてくださいました。

ただ、三浦大輔選手の引退とエース山口俊選手の移籍は痛手ですね。。。そんな2016年を過ごし、2017年には横浜DeNAベイスターズはどのようなチームへと調整をしてきたのでしょう。

こちらではそんな横浜DeNAベイスターズ開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

横浜DeNAベイスターズ 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の横浜DeNAベイスターズにおいて、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 高崎健太郎 選手
  • 2013年 ⇒ 藤井秀悟 選手
  • 2014年 ⇒ 三嶋一輝 選手
  • 2015年 ⇒ 久保康友 選手
  • 2016年 ⇒ 井納翔一 選手

過去の5年間を振り返ってみると、横浜DeNAは開幕投手が毎年異なることが分かりますね。

それだけ絶対的なエースがいないということなのかもしれません。

しかし、今年は井納翔一選手もおりますが、2016年に2年目に見事花咲いた石田健大選手もおります。徐々に横浜DeNAも投手陣がが育ってきたような雰囲気がありますね。

そんな選手陣が横浜DeNAを常勝チームへと成長させていくのか、今後の活躍には期待しておきたいですね。

さて、今年の2017年にはいったい誰が開幕投手として登場するのか、発表まで楽しみですね。

2016年 横浜DeNAベイスターズ スタメン情報

2016年 横浜DeNAベイスターズ 開幕戦スタメン

  1. (三)白崎
  2. (中)荒波
  3. (一)ロペス
  4. (左)筒香
  5. (右)ロマック
  6. (遊)倉本
  7. (二)柴田
  8. (捕)戸柱
  9. (投)井納

2016年の開幕スタメンは上のメンバーに手構成されておりました。

さて、2017年のスタメンオーダーはどのように組んでいるか、下にてスタメンオーダー予想をしてまいりたいと思います。

スポンサードリンク

2017年 横浜DeNAベイスターズ 開幕スタメン・開幕投手予想

横浜DeNAベイスターズ 開幕スタメン予想

 

1番(右)梶谷隆幸選手

2番(中)桑原将志選手

3番(三)アウディ・シリアコ選手

4番(左)筒香嘉智選手

5番(一)ロペス選手

6番(游)倉本寿彦選手

7番(二)宮崎敏郎選手

8番(補)高城俊人選手

9番(投)ピッチャー

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

 

1番(右)梶谷隆幸選手

パンチ力のある先頭バッター。シーズン30発打つ力を持っています。

そして俊足で盗塁をドンドン仕掛けます。昨シーズンも26盗塁

盗塁王に輝いたヤクルトの山田哲人選手とは4つ差でした。DeNA切り込み隊長です。

2番(中)桑原将志選手

ここ2年で急激に力をつけてきた選手です。

梶谷隆幸選手と1番と2番を入れ替えても問題ありませんが、理想のオーダーだと2番です。

意外性のある打撃に、小技も得意で俊足。守備範囲も広いです。

3番(三)アウディ・シリアコ選手

新外国人選手として2017年から参入します。

ホームランバッターと言うよりは、アベレージヒッタータイプです。所謂、クラッチヒッターです。

守備も無難にこなし、今年のホットコーナーはアウディ・シリアコ選手がしっかり守る事になりそうです。

4番(左)筒香嘉智選手

ハマの4番から、日本代表の4番へ。WBCでも大活躍。昨シーズンは文句なしのホームラン・打点王。打率も322と年によっては首位打者レベルのアベレージを残しました。今年は三冠をねらいます。ハマの大砲に要注意です。

5番(一)ロペス選手

昨シーズンはホームラン30本をクリア。34本のアーチを放ちました。

典型的なプルヒッターで、スライダーを巻き込みながら打つのが非常に上手いです。巨人を戦力外にされた鬱憤を晴らしました。今年はアベレージもあがると思います。

6番(游)倉本寿彦選手

成績はそれ程目立たないのですが、ツーストライクから際どい球をカットして粘ります。

凡退しても相手投手に球数を多く投げさせるので、嫌なバッターです。

守備も安定感がありDeNAには必要不可欠な存在です。

7番(二)宮崎敏郎選手

長打を打つツボを持っている選手です。

大きなものより堅実にセンター返しをするバッティングです。その延長戦上にホームランがあります。

守備力は平均点です。

8番(補)高城俊人選手

チームの中でナンバー1の強肩を誇る捕手。遠投は約120M。

打撃はまだまだ粗さが残るものの、今後打撃向上が十分期待できます。

打撃向上がないとレギュラーを取れないのは本人が一番分かっています。

9番(投)ピッチャー

 

スポンサードリンク

2017年 横浜DeNAベイスターズ 開幕投手予想

開幕投手予想:石田健大投手(内定済

エース格の山口俊投手が巨人にFA移籍をしたため、井納翔一選手は今年のDeNAのエースの座に1番近い存在かと思われました。

しかし、2017年の開幕投手は石田健大選手が内定となりましたね。

昨年の2016年は2年目でチーム2位の9勝を上げました。

11勝でチーム最多だった山口俊がFA移籍したこともあり、開幕投手ということでしょう。 

見事に2年目となった2016年に才能を開花させたその実力を、2017年でも大きく伸ばし、横浜DeNAを勝利へと導いてくれることを期待しましょう。

2017年 横浜DeNAベイスターズ 先発ローテーション予想

井納翔一投手

切れのあるストレートに辛抱強いピッチングが身上。

三浦大輔投手が引退し、山口俊投手は巨人にFAで移籍しました。

井納翔一投手がエースの座に君臨します。

今永昇太投手

チーム期待のサウスポーの1人。右バッターへのインコースに投げ込むクロスファイヤーは威力十分。

思わずバッターも腰が引けてしまいます。その後に投げる外に落ちるチェンジアップが有効的になります。

久保康友投手

ミスターポーカフェイス。完封した時も滅多打ちを食らった時も表情は同じ。

流石に完封しヒーロインタビューでは笑顔がこぼれますが、試合中はまさに鉄仮面。

相手打者は何を考えているのか分からないので不気味です。

石田健大投手

左のエース候補。素質が昨年開花しました。今年は勝負の年になります。

緩急をうまく使った投球が出来ます。投球術は若いながらもなかなかしぶいです。こういうギャップのある投手は成功します。

濱口遥大投手

ドラフト1の左腕です。オープン戦の結果次第で開幕ローテーションに入る可能性は十分あります。

若い投手が活躍するのは、チームにとっても良いことです。

ジョー・ウィーランド投手

モスコーソ投手の抜けた穴を埋める為に獲得した新外国人候補。

いきなり結果が求められるのは新外国人の宿命。

しかし、それだけチームの期待が高いと言う事です。救世主となれるでしょうか?

 

まとめ

日本を代表する主砲である筒香嘉智選手を始め、野手陣は地盤を固めている印象を受けますね。ここに投手陣の補強がうまくかみ合えば、日本一になることも夢ではありませんね。

2017年の横浜DeNAベイスターズには注目してみていきたいですね。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。