namisoku.net

★時代の波を先取れ★話題トレンドをいち早くお届け!

ファンタスティックビーストにジョニーデップ出演!続編の配役も

   

00

ハリーポッター大好きなポッタリアンの諸君は今か今かと待ちわびていることでしょう。『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の公開日である11月23日が徐々に近づいてまいりました!!

『ファンタスティック・ビースト』は5部作の作品であり、既に続編情報もちらほらと載りつつありますね。なかなか盛大に映画製作をしてくださっているようですので、楽しみで仕方ありませんね🎵

そんな中、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』続編である2部の最新情報が飛び込んできました!なんとあのジョニー・デップが『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に出演するそうですΣ(・□・;)なんと豪華なキャストをしてくださるのでしょう!!これはますます『ファンタスティック・ビースト』が楽しみになってきましたね。

また、第1部となる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』でも特別出演しているようです。ほんの少しの出演となるようですので、こちらも見逃せませんね(`・ω・´)✨✨

こちらでは、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』続編で出演するジョニー・デップ情報をまとめてまいります。

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』続編情報

続編(第2部)公開日

2018年11月16日(全米公開)

第1部となる『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は先にアメリカでの公開となり、その後徐々に世界各国での公開となります。そして日本は8日後の11月23日となりますね。

そのため日本での公開日は2018年11月23日となることが予想されます。

第3部公開日

2020年予定

こちらもおそらく11月16日全米公開を予定することになるでしょうね。

2年間の歳月をかけて徐々に作成していくわけですから、とってもスケールの大きな物語になっていくことが期待できますね(*´ω`*)✨✨

キャストにジョニー・デップの名前が!

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』続編となる第2部ではなんと、ジョニー・デップが出演することが決定されました!!!

いったいどのような配役でキャストされたのでしょうか?とっても気になりますね( *´艸`)

しかし、今のところジョニー・デップの配役に関することは明らかにされておりません。ただ、エディー・レッドメイン演じるニュート・スキャマンダーと同格のキャラクターになる重要な配役となるようです!!

ハリーポッターシリーズにジョニー・デップが出演するだけでも驚きなのに、メインキャストとしての配役をもらっているなんて…もうワクワクが止まりませんね!

これまでジョニー・デップは数々の個性あふれるキャラクターを演じてくださいましたので、今回のハリーポッターシリーズとなる『ファンタスティック・ビースト』でも十分魅力あふれるキャラクターを演じてくださることでしょうね!

第1部『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』も特別出演

実はジョニー・デップは11月23日公開の『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』にもカメオ出演(ほんの少し特別出演すること)するという情報もありました!

これは要注目ですね(`・ω・´)✨✨出演時間は少ないようですので、もしかしたら見逃してしまう可能性もあります。。。ジョニー・デップファンの方は是非とも『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の世界を楽しみながらジョニー・デップを探すという楽しみ方をしてみても良いかもしれませんね🎵

 

スポンサードリンク

ジョニー・デップはどのような配役で出演する?

『ファンタスティック・ビースト』のあらすじ

ホグワーツ魔法魔術学校の指定教科書「幻の動物とその生息地」の著者である魔法学者ニュート・スキャマンダーを主人公にしたファンタジー。不思議な生き物たちが詰まったトランクを手にイギリスからニューヨークに渡ったニュート(エディ・レッドメイン)が、そのうち数匹を逃がしたことから始まる大騒動を描く。

『ファンタスティック・ビースト』の物語自体には原作は存在しません。しかし『ファンタスティック・ビースト』が生まれるきっかけはハリーポッターのホグワーツにあります。

ホグワーツでの指定教科書にある「幻の動物とその生息地」の著者、ニュート・スキャマンダーの物語となります。

1作目の映画の舞台は1927年、ニュートが29歳頃の物語となります。魔法動物を研究・捕獲する世界旅行の最後にニューヨークに立ち寄った所から物語はスタートするようです。

人間界と魔法界を巻き込む騒動が起きるというストーリーとなりますので、アメリカの各地が映画の舞台となることも予想されますね。もしかすると映画で登場した都市や観光地が今後、ハリーポッターファンが集う場として注目されていくかもしれません🎵

 

「幻の動物とその生息地」とは?

『幻の動物とその生息地』(『Fantastic Beasts & Where to Find Them』)は、『ハリー・ポッター』シリーズの作中に登場する書物です。 ホグワーツ魔法魔術学校で使われる教科書で、魔法生物に関する基礎知識や、約80種の魔法生物の生態と危険度を示してあります。著者は魔法生物研究者ニュート・スキャマンダー(という設定でもちろんJ・K・ローリングです)。

『幻の動物とその生息地』には、バジリスクやケンタウルス、ドラゴン、妖精などマグル界(人間界)で『幻獣』とされている70種以上の魔法生物が解説。映画にもニフラーやボウトラックルなど数多くの動物が登場します。 

今回はそんな沢山の魔法生物が登場するというのが見どころとなります。中にはとってもカッコいいドラゴンや「ハリーポッターシリーズ」でも出ていたヒッポグリフ、他にも可愛い魔法生物がたくさん出てくるそうですよ( *´艸`)✨✨

ジョニー・デップの配役を予想

さて、『ファンタスティック・ビースト』の物語や背景が分かったところで、ジョニー・デップの配役について予想をしてまいりたいと思います。

これまでジョニー・デップは『アリスイン・ワンダーランド』や『チャーリーとチョコレート工場』のようなファンシーかつなんとなく哀愁漂うキャラクターを演じたり、『パイレーツオブカリビアン』のようなユーモアあふれるキャラクターを演じております。

そんな役を演じているかと思いきや、ティム・バートン監督が映画化した『スウィーニー・トッド』のようなホラー作品なども演じており、非常に配役に幅がある俳優として有名ですね。

そんなジョニー・デップが今回どのような配役を演じてくれることでしょう?

予想①:人間界(マグル界)の生物学者

今回、ジョニー・デップは主人公であるニュート・スキャマンダーと同格の配役を演じるとの情報もあります。

また、『ファンタスティック・ビースト』という作品の一番の見どころは個性豊かな魔法生物です。そのため、ジョニー・デップは魔法生物と関連が深い配役となっていくことが予想されます。

そう考えていくと、私は最初に思い浮かぶのは人間界(マグル界)の生物学者(オカルト気味の研究者)という配役が思い浮かびました。人間界(マグル界)と魔法界を巻き込む騒動が繰り広げられるということもありますので、おそらく人間界に精通している人物を登場させ、重要な役割を担わせるかと思います。

そうなってくると人間界の生物学者という立ち位置はピッタリではないでしょうか?また、ちょっとオカルト好きな個性的な研究者という配役にすると一層ジョニー・デップのキャラクターが引き立つと私は思います🎵

予想②:人間界好きなNo.1魔法生物学者

次に予想されるのは、魔法生物に最も精通している学者という立ち位置です。ニュート・スキャマンダーが困ったときにはいつの間にかアドバイスをしてくれるちょっと変わった研究者を演じてくれるのでは?と私は予想しております。

趣味は人間界観察なんていう個性的なキャラクターになってくると一層愛着がわくかもしれませんね🎵

 

以上2つが私の予想となります。

たぶんあっていないかと思います(;´・ω・)ただ、ジョニー・デップが演じてくれるわけですから、とっても個性的で愛着がわくキャラクターになることは間違いないですね!第1部『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』で特別出演するジョニー・デップには要注目です!!

まとめ

  • ジョニー・デップが『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』第2部続編に出演!
  • 配役は主人公ニュート・スキャマンダーと同格のキャラクター
  • 第1部『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』にも特別出演

ジョニー・デップが「ハリーポッターシリーズ」に出演するという嬉しいニュースに私も胸が高鳴ります🎵いったいどのような配役で出演されるのか気になるところですが、まずは第1部『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』という物語、そして特別出演するジョニー・デップに注目しましょう!

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。



シェアしていただけると助かります。

 - 映画 ,