巨人が13連敗!42年ぶりに球団連敗記録を更新してしまいました。

あまりに不名誉な記録の樹立にショックを受けた人も多いのではないでしょうか。

広島が好調な一方で大惨事ともいえる状態の巨人…。

高橋監督の責任問題も問われている一方、早速新監督をめぐって議論も取りざたされています。

今回は巨人13連敗の理由や次期監督に関する情報をお届けします。

スポンサードリンク

巨人13連敗の理由

巨人13連敗の理由は色々挙げられていますが共通しているのは「若手選手が伸びていない」ことです。

元々巨人はFAで有能な選手で補強することで強さを保っていました。良くも悪くも即戦力をひたすら集め、戦力を増強していたのです。

しかし最近はFA権を取得する選手に超大物といえる人物が減り、またFA権を行使して巨人に行こうとする時代でもなくなっています。

巨人に在籍しているエースも高齢化が進み、全盛期ほどのパフォーマンスではなくなりつつあります。

そんな中で若手選手の育成不足が露呈し、13連敗に結びついたと考えられます。

また、この傾向を悪化させたのは原前監督とも言われています。

大型補強を断行し続けた原監督は育成や戦略強化よりも大物の獲得に執心し、育成を怠っていました。

このツケが今の高橋監督に回ってきていると言えるでしょう。

とにもかくにも巨人に必要なのは育成です。20代半ばまでの若手選手を育てないと、この先も選手層はどんどん薄くなります。

FAで補強するのは短期的な付け焼刃に過ぎず、この選手の育成が遅れる限り、巨人の弱体化は進行してしまうでしょう。

巨人13連敗による高橋監督の進退は?!

高橋監督の責任問題

巨人が13連敗もする現状を作り出したのは高橋監督個人の責任ではなく、これまでの運営方針のツケです。

しかし実際13連敗という不名誉な記録を打ち立ててしまった高橋監督の采配の責任もゼロではありません。

プロ野球ではセパ交流戦の成績を切っ掛けに監督やコーチが辞任、引退した例はあります。

高橋監督もセパ交流戦以降、遅くとも2017年度のシーズン終了のタイミングで自らの進退を明らかにする可能性が高いでしょう。

高橋監督は選手を引退してすぐ監督に就任しており、育成や指揮の面での実績が乏しく、監督の座に留まる根拠が薄いです。巨人弱体の責任で監督を降りることはかなり現実味がある話です。

もちろん、人気選手だった高橋監督の退任はファンにとってはショックなことです。

新任監督ということで温情がもらえる可能性はありますが…。

高橋監督自身も、度重なる黒星に心労を抱えていることもあるでしょう。

来シーズンも戦い抜くメンタルを保てるかもあやしいところです。

よって、高橋監督の進退はシビアだと言わざるを得ません。

スポンサードリンク

巨人の次期監督は?

ふがいない巨人を率いる時期監督の予想は早速始まっています。

高橋監督には悪いですが、今の状況だと次期監督をめぐる議論が始まっても不思議ではありません。

次期監督は個人的に3人の人物で予想してみました。

阿部慎之助

現在巨人のキャッチャーとして活躍している阿部慎之助が次期監督の有力候補として挙がっています。

キャッチャーは俯瞰的にチームを見る立場にあり、キャプテンも歴任している経験から監督としての采配も期待できることでしょう。

しかし高橋監督のように現役引退から日が浅いまま監督をしてしまっていることが現状を作ってしまっている部分もあります。

話題性は高いですが、実際に監督に就任する可能性は怪しいでしょう。

松井秀喜

巨人のスター選手として真っ先に名が挙がる松井秀喜。私も個人的に好きな選手です(笑)

メジャーリーガーとしての実績もあり、キャリアに関しては申し分なし。

ネームバリューもあり、そのカリスマ性は折り紙付きです。

しかし、指導者経験がなく、その采配は未知数。

話題性はありますが、現実的に監督が務まるかどうかは全くわかりません。

江川卓

監督が変わる度に候補として名が挙がる野球評論家です。

巨人OBでエース投手だった実績があり、長年巨人の試合の評論をやってきただけあって知識も豊富。

選手経験もあることから、現役選手と近い感覚で指導できる可能性が高いと思われます。

何より巨人の内側ではなく、外側から見てきたため、弱点もちゃんと把握しているはず。

指導者の経験こそないですが、堅実な采配が期待できます。

まとめ

  • 巨人の連敗の原因は若手の育成不足。
  • 原監督の時代からその傾向はみられた。
  • 高橋監督の進退は2017年中に問われる可能性が高い。
  • 次期監督候補としては阿部、松井、江川が挙げられる。

巨人の弱体化はこれまで積み重ねてきた問題が一気に露呈したようなものです。

元々大型補強ばかり繰り返す手法には非難の声がありましたが、そのツケが回ってきた感じですね。

どうにか立て直してほしいですが、ここまで連敗がかさむとそう簡単にはいかないでしょうね…。

実際士気の低下はかなりのものだと思われます。

しかしそこを支えるのがファンの役目です。

巨人のがんばりを、最後まで見届けましょう!