現在はWBC 2017で盛り上がっているところですが、日本プロ野球界も徐々に熱を帯び始めております。

3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

2016年シーズンでは巨人セリーグ2位という結果となりました。なんと優勝した広島カープとは17.5ゲームも差を広げられてしまっておりました。

2014年シーズンから優勝を手にしていない巨人、今年の2017年こそ優勝を手に出来るのか注目したいですね。

こちらではそんな巨人の開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

巨人 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の巨人において、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 内海哲也 選手
  • 2013年 ⇒ 宮國椋丞 選手
  • 2014年 ⇒ 菅野智之 選手
  • 2015年 ⇒ 菅野智之 選手
  • 2016年 ⇒ 菅野智之 選手

直近の過去3年間は菅野智之選手が開幕投手として登場しております。巨人としてはそれだけ信頼を置ける選手であるということでしょう。

また過去の実績からしても巨人の中で菅野智之選手に太刀打ちできる選手は数少ないです。

さて、今年の2017年でも開幕投手として菅野智之選手が登場するのか、発表まで楽しみですね。

2016年 巨人 スタメン情報

2016年 巨人 開幕戦スタメン

  1. (右)長野
  2. (中)立岡
  3. (遊)坂本
  4. (一)ギャレット
  5. (二)クルーズ
  6. (左)亀井
  7. (三)村田
  8. (捕)小林誠
  9. (投)菅野

2016年の開幕スタメンは上のメンバーに手構成されておりました。

2016年開幕時の4番はギャレット選手だったのですね。後半は阿部慎之助選手がファースト4番であったので、そのイメージを持っておりました。ちなみに後半のギャレットはレフトを守っておりました。

さあ、2017年のスタメンオーダーはどのように組んでいるのでしょうかね。

スポンサードリンク

2017年 巨人 開幕スタメン・開幕投手予想

巨人 開幕スタメン予想

1番(中)陽岱鋼選手

2番(二)立岡宗一郎選手

3番(游)坂本勇人選手

4番(三)マギー選手

5番(一)阿部慎之助選手

6番(左)ギャレット選手

7番(右)長野久義選手

8番(補)小林誠司選手

9番(投)ピッチャー

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

 

1番(中)陽岱鋼選手

日ハムからFA移籍。近年故障が多いのは少し気がかり。巨人移籍後も早速足の張りを訴え別メニューです。

能力は高い選手だけに怪我だけが怖いです。2013年には47盗塁でパリーグ盗塁王にも輝きました。

機動力が復活すれば鬼に金棒です。

 

2番(二)立岡宗一郎選手

ライバルが軒並み故障で離脱。外野を守る事が多かったですが、本職はセカンドです。

俊足巧打のバッター。昨季は調子を落としファーム暮らしが長かっただけに巻き返しに燃えています。

 

3番(游)坂本勇人選手

昨年は打率344で首位打者に輝きました。非常に内角の球を捌くのが上手いです。

内角球打ちなら、日本人選手でナンバー1です。

広角打法も得意としており、長打も兼ね添え巨人不動のレギュラーです。ショートの守備も魅力があります。

 

4番(三)マギー選手

楽天で2013年にプレーしましたが契約を更新しませんでした。成績的には残留してほしいラインです。

金額面が折り合わなかった等、様々な話がでています。何はともあれ巨人の4番に今年は堂々と座ります。

 

5番(一)阿部慎之助選手

2000本安打まで残り83本。今年中の達成が普通に試合に出れば達成できます。

マギー選手がサードならスタメン。ファーストなら代打になりそうな1年です。打棒が爆発すれば1塁固定もあります。

 

6番(左)ギャレット選手

昨シーズンはメジャー通算122発と言う鳴り物入りで入団しましたが、期待した程の活躍は出来なかったです。

しかし、1試合3ホーマーなど大器の片鱗は見せました。今年は更なるホームラン数増加が期待できます。

 

7番(右)長野久義選手

ここに長野選手がいるいのは他球団からしたらかなりの脅威です。反対方向にも長打を打つ事が出来ます。

今年は走力ももう少し生かして盗塁数を増やしたいです。守備に関しては安定しています。

 

8番(補)小林誠司選手

昨季12球団ナンバー1の盗塁阻止率を記録しました。

今年も自慢の強肩で相手ランナーを刺します。打撃は捕手で8番なので250打てば合格点です。

もう少し打撃の確実性が欲しいです。

 

9番(投)ピッチャー

 

スポンサードリンク

2017年 巨人 開幕投手予想

開幕投手予想:菅野智之投手(2016年11月22日内定

近年の実績からすれば断然菅野智之投手です。

しかし、WBCの疲労を考慮すると、開幕投手の座は今年に関しては譲る公算が高いです。

その代役を担うのはマイコラス投手か、田口麗斗投手の2人のどちらかだと思います。 

個人的には田口麗斗投手に開幕を任せ、経験値を積ます方が今後の巨人の大きな財産になると思います。

度胸は満点の投手ですから、問題はありません。ここは首脳陣が頭を悩ますところですね。

ただ、2016年11月22日時点では既に高橋由伸監督は「開幕投手は菅野智之だ!」とおっしゃっているんですよね。

この内定はWBC開幕前ですので、もしかすると菅野智之選手の調整次第では田口麗斗投手が開幕投手として出場することもあり得るのではないか?と私は予想しております。

2017年 巨人 先発ローテーション予想

菅野智之投手

巨人の大黒柱です。昨季は打線の援護に恵まれず9勝止まり。

しかし、最優秀防御率最多奪三振のタイトルに輝きました。

如何に菅野投手の登板試合に打線の援護が少ないのが分かります。

今季は打線の援護に恵まれれば軽く15勝は勝てます。

 

マイコラス投手

昨シーズンは1年目の活躍から、更なる飛躍が期待されましたが、故障で大幅に出遅れ、僅か4勝に終わりました。

1年目は13勝を挙げ、最優秀勝率投手に輝いています。今季は巻き返しが期待できます。

 

田口麗斗投手

昨季、巨人で唯一の二桁投手。菅野投手と違い田口投手の時は打線が奮起します。

田口投手も1年毎に確実に成長しています。

決してプロ野球選手としては恵まれた体ではありませんが、腕のしなりが非常に良くストレート、変化球とも切れがいいです。

 

山口俊投手

横浜からFA移籍で獲得しました。スタミナが非常に豊富な投手です。

元々は抑えでしたが、先発に転向してからは完投数が多いです。無尽蔵のスタミナを誇ります。

移籍元年から、二桁勝利の期待がかかります。

 

内海哲也投手

実績は申し分のない左のエース。不甲斐ない登板が昨季前半は続きましたが、後半は巻き返しました。

大きなカーブに、クロスファイヤーのストレートにチェンジアップで三振を奪います。完全復活がかかっています。

 

吉川光夫投手

日ハムからトレードで巨人に移籍してきました。日ハム時代はエースとして活躍していましたがここ数年低迷をしていました。

オープン戦の内容次第では先発陣に食い込んでくる可能性があります。

 

要注目投手

以上が先発ローテーションがほぼ確定であろう選手一覧です。

ただ、他にも先発ローテーションに食い込みそうな選手もいることをお忘れなく!

高木勇人投手。大竹寛投手。桜井俊貴投手なども登板機会を虎視眈々と狙っています。

そしてこの人を忘れてはいけません。杉内俊哉投手が完全復活すれば、今年の巨人はかなり手強いです。

 

まとめ

昨年の2016年はリーグ2位に終わってしまいました。そんな昨年の無念を晴らすべく、巨人は体制を整えております。

是非とも2014年以来のリーグ優勝、そして日本一を目指してほしいですね。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。