現在はWBC 2017で盛り上がっているところですが、日本プロ野球界も徐々に熱を帯び始めております。

3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

阪神タイガースは2016年、連続フルイニング出場1492回という偉業を成し遂げている金本知憲監督の元、初のペナントレースに出場しました。

チームスローガンとして「超変革」を掲げており、今までの阪神タイガースとは一味違った起用をされてきました。

ただ、残念ながらセリーグ4位という結果に終わっております。失点数はセリーグの中で平均的なのですが、得点が最下位500得点の次の506点という残念な結果となっております。

この得点力のなさをいかにカバーしてくるかが2017年の勝利へのカギになるのかな、と私は予想しております。いったいどれほどの戦力強化をしてくれたのでしょう。

こちらではそんな阪神タイガースの開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

阪神タイガース 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の阪神タイガースにおいて、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 能見篤史 選手
  • 2013年 ⇒ メッセンジャー 選手
  • 2014年 ⇒ 能見篤史 選手
  • 2015年 ⇒ メッセンジャー 選手
  • 2016年 ⇒ メッセンジャー 選手

過去の5年間を振り返ってみると、左のエースである能見篤史選手、そして調子が良いときは絶大なる力を発揮するメッセンジャー選手が開幕投手を担当しております。

さて、今年の2017年にはいったい誰が開幕投手として登場するのか、発表まで楽しみですね。

2016年 阪神タイガース スタメン情報

2016年 阪神タイガース 開幕戦スタメン

  1. (左)高山
  2. (中)横田
  3. (三)ヘイグ
  4. (右)福留
  5. (一)ゴメス
  6. (遊)鳥谷
  7. (二)西岡
  8. (捕)岡崎
  9. (投)メッセンジャー

2016年の開幕スタメンは上のメンバーに手構成されておりました。

2016年の課題である得点力…2017年にはどのようにスタメンメンバーを調整して得点力を増強しているのか気になりますね。

さて、2017年のスタメンオーダーはどのように組んでいるか、下にてスタメンオーダー予想をしてまいりたいと思います。

スポンサードリンク

2017年 阪神タイガース 開幕スタメン・開幕投手予想

阪神タイガース 開幕スタメン予想

1番(中)糸井 嘉男選手

2番(游)北条 史也選手

3番(左)高山 俊 選手

4番(右)福留孝介選手

5番(三)キャンベル選手

6番(一)江越大賀選手

7番(二)西岡 剛選手

8番(補)原口文仁選手

9番(投)ピッチャー

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

 

1番(中)糸井 嘉男選手

オリックスからFA移籍。首位打者にも輝いたシャープな打撃と長打力も兼ね備えています。そして盗塁王に輝いた韋駄天です。

守備範囲も非常に広く肩も超強肩です。日本を代表する外野手の1人です。

 

2番(游)北条 史也選手

昨年途中まで阪神不動のショートだった鳥谷敬選手からポジションを奪いました。

今年もキャンプから絶好調です。この調子で開幕を迎えられれば更に充実した1年になる事は間違いなしです。

 

3番(左)高山 俊 選手

昨年は、チーム新人最多安打を更新しました。シャープな打撃と意外性のある長打が魅力です。

走力もあり盗塁や次の塁に常に進むセンスのある選手です。外野の守備も非常に安定しています。

 

4番(右)福留孝介選手

チームの顔です。非常に勝負強く年齢を感じさせない活躍をみせています。

強肩強打でありながらアベレージも残せます。非常に心強い存在と言えます。ライトに打球が上がれば安心です。

 

5番(三)キャンベル選手

新外国人選手です。新外国人選手の為。1か月は様子をみないと分かりません。

内野手ですからフットワーク軽いと思います。ゴメス選手が退団した穴をどういった形で埋めるか注目です。

 

6番(一)江越大賀選手

阪神の右の和製大砲候補。ツボに嵌った時の打球はピンポン玉のように飛んでいきます。

外野を守る事も出来るので出場機会は昨年よりも増えそうです。

 

7番(二)西岡 剛選手

ロッテ時代は首位打者も獲得したクラッチヒッターです。また足も速く本来はもう少し盗塁の数が増えても良い選手です。

近年、怪我に泣かされるシーズンが続いています。1年を通して出場すれば他球団の脅威です。

 

8番(補)原口文仁選手

将来のクリーンナップ候補です。パンチ力のある打撃は8番打者でも相手投手は油断ができないです。

少し粗さがありますが徐々に良くなっていきます。捕手としての評価も首脳陣から高いです。

 

9番(投)ピッチャー

 

スポンサードリンク

2017年 阪神タイガース 開幕投手予想

開幕投手予想:メッセンジャー投手(シーズン終了後すぐ内定

WBCの疲労を考慮すれば藤浪晋太郎選手は開幕カードの広島3連戦は登板させない可能性が高いと思います。

そうなるとメッセンジャー投手になるだろうなと予想する方が大半かと思います。

ただ、開幕カードが行われるマツダスタジアムでの相性が非常に悪いのです。

そうなってくると能見篤史投手が浮上してきます。経験が豊かですし、開幕投手に相応しい投手です。開幕戦から、昨年のチャンピオンチームと戦うのは大変です。しかし、ここで広島を叩けば今年の阪神は違うぞと言うイメージを与える事が出来ます。

ただ、そうはいっても2016年10月ごろにメッセンジャー選手は金本監督から開幕投手であることを既に告げられております

現状変更はなさそうなので、やはりメッセンジャーが開幕投手であることは決まりのようですね。

 

2017年 阪神タイガース 先発ローテーション予想

能見篤史投手

阪神の左のエース。ストレートは以前ほど速くはないが相変わらず腕が良く振れている時はストレートに伸びがあります。

またリリースポイントがみにくいためタイミングが非常にとりにくいです。

 

メッセンジャー投手

良い時と悪い時の波が激しいです。良い時はノーヒットノーランでもするのではないか?と思うほど手がつけられないです。

悪い時はフォアボールから自滅するパターンが多いです。

 

藤浪晋太郎投手

昨年は最速160キロをマークも負け越し、不本意な1年になりました。

今年はWBCで経験を積んでプラスαに期待したいです。阪神を将来背負っていく投手です。

 

岩田稔投手

糖尿病と戦いながら投げる左腕。援護に恵まれない事が多く、防御率はそれ程悪くはないですが、負けが先行します。

打線と上手く噛み合えば白星が先行するはずです。

 

岩貞祐太投手

昨シーズン前半は非常に高いレベルで巨人の菅野投手と防御率争いを演じました。

後半防御率があがりましたが、一皮むけた感じがします。今年は更なる飛躍が期待されます。

 

青柳晃洋投手

サイドスローから繰り出すボールは威力十分。昨年は4勝止まりも、今年につながる内容の投球はできました。

今年は一気に二桁勝利を目指します。

 

まとめ

去年から得点力に課題があった阪神ですが、今年の2017年は糸井嘉男選手をFAで獲得し、機動力を強化しております。

ここにさらに、新外国人であるキャンベル選手の実力が相当なものであれば、得点力の課題は解決するかもしれませんね。

そうなればセリーグ上位、優勝も狙える立ち位置に行けるのではないでしょうか。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。