初代iPhoneが発売されてから10周年、この記念すべき年にiPhone8が登場することになりそうです。

通常であればiPhone7sとくるところ、デザインも性能も大刷新のiPhone8がリリースされるという見方が強まっています。

iPhoneファンまたはAppleファンはiPhone8登場を今か今かと楽しみにしていることでしょう。

そこで今回は、iPhone8について徹底調査、イヤホンジャック復活や新機能の噂、顔認証やワイヤレス充電などについてご紹介していきましょう!

スポンサードリンク

iPhone8新機能の噂

iPhone8新機能のいろいろ

 さて、記念すべき年に発売予定のiPhone8、一番ワクワクするのはどんな新機能が登場するのかというところではないでしょうか。

気になる新機能、どんな噂があるのか調べてみました。

<新機能・噂1>

iPhone8にイヤホンジャックが復活する?

<新機能・噂2>

iPhone8はワイヤレス充電に対応?

<新機能・噂3>

iPhone8のロック解除は顔認証へ?

 

どれも面白そうな新機能ですね。

早速、1つずつ詳しく見ていきましょう。

iPhone8:イヤホンジャック復活?

イヤホンジャック、イヤホンを挿す口のことをそう呼びます。

iPhoneで音楽を楽しむ人にとってはこのイヤホンジャックがあるかないかは重要です。

ところがiPhone7でこの3.5mmイヤホンジャック、廃止されてしまいました。

これはおおきな衝撃を世間に与えました。

理由は、iPhone7のカメラの性能をiPhone6よりさらに向上させた結果、カメラの大型化が進んでしまい、他の機能とぶつからないように止むを得ず廃止したと、Apple社、副社長がイベントで伝えています。

しかし、やはり音楽をしっかり聞きたい、というユーザーの意見が多かったことからイヤホンジャックを復活させるのではという噂がたっています。

下記、イヤホンジャックを廃止するメリット・デメリットをあげてみます。

イヤホンジャックを廃止するメリット

  • 代わりにカメラ用、バッテリー用部品を搭載することでiPhoneの性能が向上する。
  • イヤホンジャックを廃止することでiPhoneの防水性能が向上する。

イヤホンジャックを廃止するデメリット

  • 純正部品ではイヤホン使用とiPhone充電が同時にできない。
  • アダプタを使用しないと3.5mmジャックのイヤホンが使用できない。

iPhone8の回路で使われるのは全てデジタル信号なのに対して、3.5mmイヤホンジャックで出力する信号はアナログ信号。

イヤホンジャック機能を搭載するということは、その機能のためだけにデジタル信号をアナログ信号に変換するパーツを本体内部に搭載する必要がでてきます。

Appleはアナログ変換用パーツの代わりにカメラ機能拡張パーツやバッテリーパーツを新作iPhoneに搭載したいと考えています。

また、iPhone7でイヤホンジャックを廃止したことにより、IP67という国際規格の防水性能を実現。

「水深1mで30分水に浸けても問題ない」レベルの耐水性能・防水性能になりました。

iPhone8ではさらに防水性能を強化するのではないかという見方もあり、イヤホンジャックの復活には疑問がある、というのが可能性が高いところではないでしょうか?

iPhone7に同封されたイヤホンがiPhone8にも同封される見方が強いようですが、この純正イヤホンを使用する場合、Lightningコネクタを使用、となると、充電とイヤホンを同時に使用することができません。

このポイントもiPhone7ユーザーの一部から不評を受けました。

iPhone8ではこの問題を解決できるのでしょうか?

ここで次の噂、iPhone8には「ワイヤレス充電に対応するのか」という噂が気になってきます。

ワイヤレス充電の機能があれば、Lightningコネクタを充電に使用する必要がなくなり、イヤホンが使用できるようになります。

iPhone8ワイヤレス充電に対応?

iPhone8ワイヤレス充電に対応するのか?

これには多くの憶測が飛び交っています。

「ワイヤレス充電」と聞くと、対応端末または端末とケースの間にカードのようなレシーバーを挟み、専用の充電台に置いて充電をする、というイメージがあると思います。

ところがiPhone8のワイヤレス充電は今までにない画期的技術が搭載されるかもしれません。

正しく「夢のワイヤレス充電」は、米カリフォルニアに拠点を置くEnergous社によって開発された「WattUp」によって実現されようとしています。

「WattUp」の技術は2015年にラスベガスで開かれた世界最大級のIT&家電ショーで発表されました。

壁などに給電装置を設置、専用アプリで受電設定した端末に無線で電気が送られる、というものです。

その部屋にいるだけで、iPhoneを使っている最中にも充電ができてします、というから正に夢のような技術です。

Appleはワイヤレス充電規格を推進する業界団体に加盟した他、最近はiPhone8用のワイヤレス充電規格準拠のワイヤレス充電用コイルとされる画像が流出しています。

このワイヤレス充電は発売当初からではなく、iOS11.1へのバージョンアップに合わせて機能が公開、ワイヤレス充電器も遅れて発売されるのでは、という噂もあります。

今後、どうなるか目が離せませんね!

iPhone8顔認証

またまた面白い噂があります。

米メディアBloombergによる、iPhone8はTouch IDの代わりに3Dセンサーを使用した顔認証を採用するのでは、というものです。

顔をわざわざ近づけなくても認識、そして認証が可能になるそうなんです。

わずか数百ミリ秒というごく短時間での認証も可能で、テーブルの上に置いたままでもユーザーの顔を認識、という信じられないような技術です。

この機能は、端末のフロントカメラがユーザーの顔を確認し、持ち主の顔だと判別した場合に「ロックを解除」。

一定期間、操作が行われない場合や、カメラがユーザーを認識できない場合は端末がロックされます。

ロック解除に際しては、暗証番号やタッチIDによる認識が不要になる、ということです。

顔認証の技術が今年のiPhone8に搭載されるかどうかはまだ不明ですが、その可能性はかなり高いのです。

2017年に入ってAppleはこの領域への投資を活発にしていて、新たな特許もその姿勢を裏付けています。

この噂は当たっているかもしれませんね。

スポンサードリンク

その他の目玉機能

タップ起動

iPhone8から搭載されると考えられるタップ起動。

文字通りスクリーンをタップするだけでiPhoneが起動できたり、通知内容をプレビューできる機能です。

起動はもちろんのこと、ロックや消音、ボリュームやシェイクなどがタップ操作だけでできる画期的な機能です。

今までは一度ホームボタンに戻ってから操作しないといけなかった機能についても、スクリーンを触るだけでできるもので、iPhone8の目玉機能の1つになると予想されています。

急速充電に対応

充電が必要な時に、短時間で可能となればとても便利ですね。

色々な噂が錯綜しているiPhone8ですが、Lightning端子が搭載されると言われています。

Lightning端子は急速充電、高速充電が可能になる端子ですし、これが採用されれば急速充電の噂は確かなものかもしれません。

まとめ

  • iPhone8の噂①イヤホンジャックが復活?
  • iPhone8の噂②ワイヤレス充電に対応?
  • iPhone8の噂③顔認証が始まる?
  • 目玉機能にはタップ起動や急速充電も

iPhone8機能のいろいろな噂が憶測されていてすごい状況になってます。

それだけ、多くのiPhoneファンの期待が高いということですね!

ジョブスが復帰後、一番初めのミーティングで幹部に対し、

「Appleのどこが悪いか教えてくれないか?」と聞いたそうです。

誰も返答しないでいると、ジョブスが大声で怒鳴り始めました。

「プロダクトだ!プロダクトが最悪じゃないか!セクシーさがどこにもない!」

そしてAppleの目標は金儲けではなく、偉大な製品を作ることだと宣言したそうです。

さて、iPhone8、どんな製品になるのか目が離せませんね!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。