3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

千葉ロッテマリーンズは2016年にAクラス入りを果たしまし、2017年も期待が高まるかと思います。

しかし、残念ながら2016年に活躍を見せたデスパイネ選手はソフトバンクへと移ってしまいました。主砲がいなくなった穴をどう埋めてくれるかが、2017年の千葉ロッテマリーンズ注目の一つと言えるでしょう。

こちらではそんな千葉ロッテマリーンズの開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

千葉ロッテマリーンズ 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の千葉ロッテマリーンズにおいて、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 成瀬善久 選手
  • 2013年 ⇒ 成瀬善久 選手
  • 2014年 ⇒ 成瀬善久 選手
  • 2015年 ⇒ 涌井秀章 選手
  • 2016年 ⇒ 涌井秀章 選手

2014年までは成瀬善久選手が開幕投手を務めておりましたが、2015年からヤクルトスワローズへと行ってしまいました。

その後は涌井秀章選手が開幕投手として2年連続で登板しております。安定感抜群の投球に監督からも信頼を置かれているということなのでしょうね。

さて、2017年の千葉ロッテマリーンズの開幕投手は誰になったのか、要注目ですね。

2016年 千葉ロッテマリーンズ スタメン情報

2016年 千葉ロッテマリーンズ 開幕戦スタメン

  1. (中)岡田
  2. (三)高濱
  3. (右)清田
  4. (指)デスパイネ
  5. (左)角中
  6. (一)井上
  7. (遊)鈴木
  8. (捕)吉田
  9. (二)中村

2016年の開幕スタメンは上のメンバーにて構成されておりました。

やはり4番のデスパイネ選手の活躍が素晴らしかったな…としみじみ感じますね。

2017年にはこの穴をいかに埋めているのかが勝負の明暗を分けるといっても過言ではありません。

それでは、2017年打撃陣をチェックしていきましょう。

スポンサードリンク

2017年 千葉ロッテマリーンズ 開幕スタメン・開幕投手予想

千葉ロッテマリーンズ 開幕スタメン予想

1番(中)岡田幸文選手

2番(右)荻野貴司選手

3番(左)角中勝也選手

4番(D)ジミー・パラデス選手

5番(三)マット・ダフィー選手

6番(游)鈴木大地選手

7番(一)細谷圭選手

8番(補)田村龍弘選手

9番(二)平沢大河選手

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

 

1番(中)岡田幸文選手

岡田選手と言えばセンターでの広大な守備範囲

流石にこれは抜けたか?と言った打球を平然とキャッチします。非常に積極的な守備です。

バッターとしては、大きなのは期待できませんが軽くレフト前に流すバッティングで率を残します。

2番(右)荻野貴司選手

荻野選手も守備範囲は広いです。岡田幸文選手の守備範囲があまり、も広大の為目立ちませんが、かなり守備力は高いです。

足に爆弾を抱えているので本来なら年間50盗塁は出来る足を持っていますが、盗塁はむりしてはしないです。

3番(左)角中勝也選手

昨年、自身2度目の首位打者を獲得しました。完全なアベレージヒッターです。

走力もあり昨年は12盗塁を記録しています。チャンスに非常に強いです。今年は自身3度目の首位打者を目指します。

4番(D)ジミー・パラデス選手

デスパイネ選手がソフトバンクに移籍した為、補強した新外国人選手です。

長打力が一番の魅力ですが、粗さがあります。

ホームラン加三振かレベルではないですが、日本野球に馴染めるかが最大の課題と言えます。

5番(三)マット・ダフィー選手

先ず、守備が非常に雑です。捕球能力も送球能力も問題があります。

打撃は未知数とこれで打たなかったら何のための新外国人選手なのか?となってしまいます。

守備は特殊で鍛えるしかありません。本人のやる気次第です。

6番(游)鈴木大地選手

昨シーズンは全試合出場し、ショートでベストナインを獲得しました。

もう少し走れると思うので、積極的に盗塁すれば文句なしですね。守備力にも定評があります。

7番(一)細谷圭選手

昨シーズン頭角をあらわした選手です。今年はいよいよレギュラーへの地盤を固める年です。

アベレージヒッターなので、強引に長打を狙わない事です。センター返しを心がけていれば自然と結果はついてきます。l

8番(補)田村龍弘選手

ロッテ不動の扇の要にまで成長しました。昨シーズンはベストナインも獲得しました。

今年は更にワンランク上を目指します。打撃も年々上昇しており、もう一皮剥けるともう少しスケールの大きな選手になります。

9番(二)平沢大河選手

まだ2年目ですがキャンプでは存在感を示しています。十分1軍レベルの選手です。

守備も柔らかいハンドリングでそつなくこなし、打撃ではシャープな打撃の中に大きなのも期待ができます。

数年後間違いなくロッテの看板選手になっている選手です。

スポンサードリンク

2017年 千葉ロッテマリーンズ 開幕投手予想

開幕投手予想:涌井秀章投手(2月7日内定

石川歩選手がWBCに召集されていますから、ほぼ間違いなく開幕投手は涌井秀章投手であろうと予想がされてきました。

そして実際、涌井秀章投手が開幕投手の内定を獲得されましたね。

やはり実績は抜群ですし、文句を言う人はいないと思います。

2017年 千葉ロッテマリーンズ 先発ローテーション予想

涌井秀章投手

オフに結婚をして、今年は奥さんの為にも活躍をしなければいけません。

パリーグ屈指の好投手なだけに、15勝前後してくれるとチームとしても躍進できます。

石川歩投手と右のダブルエースです。

石川歩投手

WBCでも活躍している石川歩投手。昨シーズンは最優秀防御率にも輝きました。

得意のシンカーは右バッターにも左バッターも非常に打ちにくい投手です。

佐々木千隼投手

ドラフトで5球団が競合の末、抽選で交渉権を引き当てました。潜在能力は非常に高いです。

1年目からローテーションの中心でチームを躍進に導く存在。新人王有力候補

唐川侑己投手

昨年は6勝と、本来の働きが出来ませんでした。成績にバラツキがあるのが少し気になります。

ストレートがそれ程速くないので、コントロールを間違えると痛打されます。ボールの出し入れで勝負する投手です。

二木康太投手

7勝を昨シーズン挙げましたが防御率が5点台。流石に合格点とは言えませんね。今季は昨年の借りを返す年です。

故障することなく1年間ローテーションを守って欲しいです。

 

まとめ

 

2016年はAクラス入りを果たした千葉ロッテマリーンズですが、2017年に向けて調整をしてきました。

新外国人選手のポテンシャルはまだ未知数であり、またドラフト1位で入団した佐々木千隼選手がいかにこの2017年に輝いてくれるのか…

まだまだ未知数な部分が多いですが、見事にはまれば2017年もAクラス入りを果たすことになるでしょう。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。