母の日、今年ももうすぐですね。

皆さんは毎年、大好きなお母さんや奥様へ感謝の気持ち、伝えていますか?

そろそろどんなプレゼントを用意しようかななんて考え始めている時期ではないでしょうか?

そこでこちらでは、2017年の母の日プレゼントの傾向についてまとめてみました。また義母や妻へのおすすめプレゼントもご紹介いたしますため、是非ご参考にしていただければ幸いです。

それでは最後までご覧ください。

スポンサードリンク

母の日について

母の日の由来

イギリスでは母の日は17世紀に始まったとされています。アメリカでは1870年、南北戦争直後、夫や子供を戦場に送るのを拒否しようとした女性参政権運動家によって「母の日宣言」がされた事に始まります。

さて、日本ですが、約100年以上前、1913年に青山学院で母の日礼拝が行われた事によって母の日が定着していきました。

このように各国で母の日があり、お祝いする時期もお祝いの仕方も違うようですが、お母さんに感謝をする日というのは各国共通のようですね。

2017年母の日はいつ?

かなり定着している感もありますが、母の日は毎年5月の第2日曜です。

ですので、今年は「5月14日(日)」です。

母の日:過去の傾向

母の日にはどんな事をするの?

さて、母の日はお母さんに感謝の気持ちを伝える日。ではどんな風にするのでしょうか?

一般的にはカーネーションを贈るのが知られています。

日本で約100年以上も前に始まった母の日、今もカーネーションを贈ってお祝いしているのでしょうか?

カーネーションから胡蝶蘭へ

カーネーションを贈るのは今でも人気です。

自分のお小遣いの中から1本買う子供達もいれば、フローリストで花束だけでなくアレンジメントされた薔薇や胡蝶蘭を買う人もいるようです。

お花は生花だけではない

薔薇、紫陽花から胡蝶蘭まで、今ではカーネーションにこだわらず色々な種類のお花が贈られます。

さらに、育てる楽しさから花鉢や、長持ちするプリザーブドフラワーを贈る人も増えています。

母の日:最新の傾向

お花だけ?色々なプレゼント

どんどん変わってきている母の日のプレゼント、お花に限りません。

洋服、食品、キッチン用品、食事券、健康関連のものなど。

プレゼントする気持ちはやはり、お母さんが嬉しい気持ちになってその笑顔を見る事という事が前提ですね。

では、今年はどんなプレゼントにしましょうか?!

母の日:2017年の傾向

 今年の傾向は洋服やスカーフなどお母さんが身につけるファッションものよりも、心や体の健康を考えてのものになっているようです。

例えば、エステ体験券やマッサージ券、旅行券も人気です。

家族の事を考えて自分の事をいつも後回しにしているお母さん。このようなものをプレゼントされたらすごく嬉しい母の日になること間違い無しですね。

スポンサードリンク

母の日:義母へのおススメプレゼント

義母へのプレゼントを選ぶ時に気をつけたい事

さて、結婚している方には義母さんへのプレゼントを用意しようと考えている方も多いかもしれませんね。

ただし、好みが今ひとつ分からない、旦那さんに聞いても答えが返ってこない、または間違った情報かもしれず、と、何を選んで良いか迷う方もいらっしゃるでしょう。

好みが入るものはよっぽど義母さんの趣味を知っていない限り、やめておいたほうが無難でしょう。

例えば、アクセサリー、洋服、スカーフ、など。

では、何を贈ったら喜んでもらえるでしょう?

義母へのおすすめオシャレプレゼント

義母さんにとってあなたの旦那さんは一生可愛い存在です。

ですので、一緒に楽しめる何かをプレゼントされたらかなりの確率で喜んでもらえるでしょう。そこに孫が一緒であればなおさらです。

例えば、旅行券や食事券です。 

わいわい、賑やかに家族で集まってお祝いして、義母さんとコミュニケーションとりましょう。

宿泊なら肩たたきなどをしてあげてスキンシップもぜひどうぞ!

また、ちょっとおしゃれしてお芝居や歌舞伎、コンサートを一緒に観にいくのも素敵ですね。

スポンサードリンク

母の日:妻へのおススメプレゼント

妻へのプレゼントを選ぶ時に気をつけたい事

旦那さん、というか男性は奥さんがどんなものが好きなのか普段からあまり見ていないような感がありです。

趣味と違うプレゼントをもらったという話しもたくさん聞きます。

そのため気をつけたいこととしては義母さんへのプレゼントと同じく好みが入るものには注意が必要と言えますね。よっぽど妻の趣味を知っていない限りは避けた方がよいですね。

また、義母さんと妻へ同じプレゼントは絶対に避けましょう。

3-6妻へ何を贈りましょう

母の日に子供からお花やカードをもらうとお母さんはとても嬉しいですね。

お花はやっぱりもらうと嬉しいですしね!

そこにプラスで旦那さんからちょっとしたプレゼントがあったら、妻としても大事にされていると感じる方もいるのではないでしょうか。

ここでポイントですが、妻は非日常を求めています。毎日毎日、平日も休日も育児や家事に追われているので、たまには家事から解放されたいと願っています。

<予算がたくさんある場合>

旅行券が人気です。

家族で1泊でも2泊でも、一切の家事から離れてゆったりできる旅行は母の日大成功になること間違い無しです。

<それほど予算が無い場合>

食事券、エステ券、ネイル券、またはちょっとしたお小遣いで妻が自分の好きなものに使えるのもいいですね。

ご飯を作らないで良いとか、母でもたまには女性らしいことをしたいという気持ちに応える良いプレゼントになると思います。

<全然予算が無い場合>

それでは子供と一緒に妻の家事を代わってやりましょう。

  • ご飯を作る、後片付けをする
  • 掃除機をかける
  • 洗濯物をする、たたむ
  • お風呂やトイレ掃除をする

なんでもいいですから、奥様を家事から解放してあげてください。

その間に、お友達とカフェに行っておしゃべりする時間まで作ってあげたら完璧では無いでしょうか。

まとめ

  • 今年の母の日は5月14日
  • 母の日にはカーネーションやお花を贈る事が多い
  • お花以外のプレゼントはリラックスできるものがおススメ
  • 義母へのプレゼントは旦那や孫と楽しめるプレゼントがおススメ
  • 妻へのプレゼントには非日常を楽しめるプレゼントがおススメ

母の日に限らず、お母さんを大事に想うのは大切ですが、この日はその気持ちを表現する日です。

毎年イベントにかける費用が高くなってきている傾向がありますが、お金をかけなくても家事に追われているお母さんに一息ついてもらおう、それにはどんな事ができるか、そんな風に考えると素敵ではないのでしょうか。

母の日は年に一度、普段言えない有難うというチャンスです。照れないで言うのもお忘れなく!

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。