今年も、入園、入学の季節がやってきました。お子様の成長は、ご家族の喜びであるとともに、一大イベントですね。

入園、入学にあたって、ご親戚やお知り合いの方から入学/入園のお祝いをいただくこともあると思います。

お祝いをくださった方へのお返しにあたる「内祝い」。温かくお子さまを見守ってくださるその気持ちに、感謝の意を尽くしたいですね。

そこでこちらでは、入園入学の内祝いについてや、お返し時期についてご紹介いたします。また金額相場や人気ランキングも調査してまいりましたため、どうぞご参考にしてください。

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

内祝いのマナー

お返しは必要?

入学/入園のお返し(内祝い)は、地域によって慣習が異なります

入学祝いは、お子さまが勉学に励めるようにという意味が込められていることから、「お返し(内祝い)は要らないとして、お礼状やあいさつで済ませる地域もあるようです。逆に、祝ってくださった方へ「お返しを兼ねて内祝いをする」地域もありますので、お住まいの地域で、親戚やお友達等に尋ねてみてください。

 

内祝いを贈る時期

いずれにしましても、お祝いいただいた際には、なるべく早く直接、お子さまから感謝の気持ちを伝えさせることが一番です。訪問ができない場合は、字が書けるお子さまでしたら、お子さま直筆のお礼状や入学式(入園式)の写真をお送りしましょう。内祝いを贈る場合は、「3週間~入学式後1カ月以内に」贈るようにしましょう。

 

1-2お返しの金額の相場

内祝いの金額の相場は、どのくらいなのでしょうか。

一般的には、親戚や知人には「3分の1~半返し」程度と言われています。お祖父さま・お祖母さまには、「お子さまの晴れ姿」をお見せするのがなによりとの声もお聞きします。

では、内祝いの熨斗(のし)は、どのように書けばよいでしょうか。表書きは「入学内祝(入園内祝)」または「内祝」、若しくは「御礼」と書き、下側は「お子さまの名前」となります。

包装紙の内側に「内のし」をかけるのが内祝いの定番です。

スポンサードリンク

内祝いランキング

ランキング紹介 ベスト5

まずは内祝いに贈る品のランキングを5位から順にご紹介いたします。

  1. 商品券
  2. カタログギフト
  3. スイーツ
  4. 入浴剤などの消耗品
  5. タオル

【1位】 商品券 

贈る側の好みが、必ずしも、受け取る方と合うとは限りません。自分が好きなものを買うことができるため、幅広い年代の方に人気となっています。

 

【2位】 カタログギフト 

最近では、さまざまなジャンルや金額のカタログギフトがあり、贈る側もプレゼントを贈る気持ちになれますし、贈られた方に「選ぶ楽しみ」をプレゼントできるので、人気となっています。

 

【3位】 スイーツ

スイーツやお菓子は、老若男女どなたにも好まれる、一押しアイテムです。有名店のお菓子や、贈られる方が知らなそうなお店のお菓子、また季節のお菓子をセレクトして、プレゼントされてみてはいかがでしょうか?

特に私のおススメはガトーフェスタハラダのガトーラスクですね。

群馬県の洋菓子メーカーガトーフェスタハラダは、創業110年の実績を誇る老舗メーカーです。 60年以上に渡るパン作りの経験を生かして焼き上げられるフランスパンを用いたガトーラスク「グーテ・デ・ロワ(王様のおやつ)」。は、高品質のバターによる芳醇な香りと、グラニュー糖のほんのりとした甘さに満たされた逸品です。

卵を使用していませんので、卵アレルギーが心配な方も安心してお召し上がり頂けます。

一つ食べても、すぐまた一つと、ついつい手が伸びて、あっという間になくなってしまう美味しさです。

ガトーラスクをホワイトチョコレートでコーティングした「ホワイトチョコレート」とのセットもありますので、感謝の気持ちを込めて贈られてはいかがでしょうか。 

スポンサードリンク

【4位】入浴剤などの消耗品

内祝いの中でも根強い人気があるのが、入浴剤の詰め合わせセット。 

おすすめは、バスクリンの日本の名湯セットです。おうちにいながら日本の名湯を味わっていただけるこのセット、ご年配の方には特に喜んでいただけること間違いなしです。

 

【5位】 タオル

意外に感じられるかもしれませんが、タオルはもらって嬉しいアイテムの一つです。

おすすめは、優れた吸水性、ふんわりやさしい心地よさを持つ今治産のタオルです。百十余年の歴史と伝統が生んだ今治タオル。伝統技術と最新技術から生み出される使い心地を重視したタオルをはじめ、たくさんのアイテムがあります。

中でも、厳選されたオーガニックコットン100%を使用した柔らかくボリューム感たっぷりのタオルは、肌が敏感な方にも安心して使えるので、どなた様にもぴったりです。

 

3まとめ

期待と不安を胸に、新しい世界へ踏み出すお子さまに向けていただいた、親戚やお知り合いからの温かいお気持ちは、本当に嬉しいものです。

お祝いをくださった方の好みもイメージしながら、ぜひ心を込めたお返しをお贈りください。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。