お盆玉(おぼんだま)ってご存知ですか?

初めて耳にする人も多いのではないですか?

実はお盆玉の元になった習慣、江戸時代にはあったと言われています。

しかし、一般的になったのはつい最近のことですね。

夏の新習慣として、ここ数年話題になっています。

「お年玉」と似た響きの「お盆玉」、

正しく「お年玉の夏バージョン」なのです。

お盆玉は誰があげて誰が貰うのか、いつから始まって、発祥地域はどこなのか等ご紹介していきましょう。

スポンサードリンク

お盆玉豆知識

お盆玉とは何?

 お盆玉とは、年始にあげるお年玉と同様、子どもにあげるお小遣いのことです。

お盆の時期に帰省する孫や子どもに祖父母や両親、親戚があげるのです。

普段、なかなか会えない孫・子ども達がお盆玉を貰って喜ぶ顔を見ると嬉しくなるおじいちゃん、おばあちゃんはたくさんいらっしゃるのでしょう。

お盆玉はいつからできたの?

 お盆玉という名称で呼ばれるようになったのは2010年からです。

山梨県に本社のあるマルアイという会社があります。

マルアイは紙製品や包装用品の製造販売をする会社ですが、この会社が「お盆玉」という造語を作りました。

この「お盆玉」「おぼんだま」共、商標登録もされています。

お盆玉が有名になった理由

 2010年にマルアイがお盆玉という造語が作り、商標登録しました。

そして夏の風物詩をデザインしたポチ袋を販売しました。

その後、2014年7月14日から全国の郵便局で「お盆玉袋」が販売されたことで、一躍有名になりました。

お盆玉の発祥地域はどこ?由来は?

お盆玉はどこが発祥の地域?

お盆玉はどこが発祥の地域なのでしょうか?

2010年から呼ばれだした「お盆玉」、実はもっと昔からこの習慣がありました。

実は江戸時代に遡るのです。

東北地方・山形県の一部の地域で、奉公人に衣服や下駄などを「お盆小遣い」として渡す習慣があったのです。

お盆玉の由来は?

そしてお盆玉の由来ですが、この「お盆小遣い」の習慣が昭和初期、子どもにお小遣いをあげる習慣と変化し、お盆玉の原型となりました。

山形県立博物館の資料によると、「山形県大江町の年中行事」という刊行物の中に”昭和初期頃にお盆小遣いがあった”と記されているんです。

この新習慣「お盆だま」、実は賛否両論あるようです。

スポンサードリンク

お盆玉は迷惑?

お盆玉はあげるべき?

ここ数年で定着化しつつあるお盆玉。

お盆とは全国的には8月15日、その前後1週間くらいに子どもや孫が帰省します。

その期間にあげるお小遣いがお盆玉。

義務ではないものの、用意せず帰省して良いものか、ちょっと悩みますね。

お盆というと親戚が集まりますので、自分の子どもがお盆玉を頂いたらこちらからあげないわけにはいきません。

自分や夫の親戚のことは分かっていると思いますので、もし貰う可能性があるならポチ袋は用意しておくのが賢いかと思います。

そうは言っても、この新しい習慣「お盆玉」は迷惑と考えている人が多いようです。

お盆玉は迷惑な話?

室町時代から由来が始まり、昭和30年代後半の高度経済成長期あたりから今の形が形成されたお年玉。

お年玉と比べると_お盆玉はまったく新しい習慣です。

この新習慣を迷惑と考える人が多いようです。

下記がその理由と言われています。

・あげる立場の祖父母が年金暮らしで大変なところ、さらに負担がかかる

・独身や子どもがいない夫婦がお年玉をあげ、さらにお盆玉となると負担が大きい

・企業の市場戦略に乗せられたくない、余計な習慣

 

これらはあげる方のことですが、もらう方も迷惑と考えている場合があるようです。

・子どもに安易にお小遣いをあげる機会を増やすのは金銭感覚を育てる意味で良いものでない

親戚と言えども金銭感覚は違いますし、貰った貰わないで小さなイザコザになるのも避けたいので悩みはつきず迷惑な話しと考える人が多いのも納得ですね。

まとめ

  • お盆玉はお年玉の夏バージョン
  • お盆に帰省する孫や子どもにあげるお小遣い、2010年から始まった
  • お盆玉は江戸時代、山形県でお盆小遣いが原型
  • お盆玉新習慣を迷惑だと思う人も多い

お盆玉でなくても、夏に田舎に買えるとおじいちゃん、おばあちゃんからお小遣いを貰った人は多いですよね。

お盆玉という名称こそ定着しつつありますが、久しぶりに会う孫や子どもに少しお小遣いをあげたいというおじいちゃんやおばあちゃんの気持ちは昔からあります。

もちろん、もらう子ども達は楽しみですね。

入れる金額も相場みたいなものはあってもやはり気持ちが大切ですから、あまりプレッシャーのない額で、また普段から話しやすい親戚であれば事前にお盆玉について話しをするのも良いかもしれません。

お盆で一番大切なのは家族が集まって賑やかに楽しく時間を過ごすことです。

今年も良い思い出になる夏となりますように。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。