3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

オリックス・バッファローズは2016年にはシーズン最下位となってしまい、そしてFAで糸井嘉男選手も抜けてしまいました。

そんなオリックス・バッファローズが2017年に向けてしっかりと調整をしてきてくれているのでしょうか。

こちらではそんなオリックス・バッファローズの開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

オリックス・バッファローズ 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代のオリックス・バッファローズにおいて、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ フィガロ 選手
  • 2013年 ⇒ 金子千尋 選手
  • 2014年 ⇒ 金子千尋 選手
  • 2015年 ⇒ ディクソン 選手
  • 2016年 ⇒ 金子千尋 選手

過去の5年間を振り返ってみると、金子千尋選手が5年間の中では3回開幕投手を務めておりますね。

ちなみにこれまでで累計6回も開幕投手を務めているとのことです。

2016年シーズンでは、右肩の故障の影響により、7勝に終わっております。しかし2017年には調整をして完全復活を果たしてくれるはずです。

2017年シーズンでも金子千尋選手の活躍には注目したいですね。

2016年 オリックス・バッファローズ スタメン情報

2016年 オリックス・バッファローズ 開幕戦スタメン

  1. (指)吉田正
  2. (一)小谷野
  3. (右)糸井
  4. (三)モレル
  5. (中)ボグセビック
  6. (遊)中島
  7. (左)T-岡田
  8. (捕)伊藤
  9. (二)西野

2016年の開幕スタメンは上のメンバーに手構成されておりました。

2016年には糸井嘉男選手がいたんですよね。。。ただ、残念ながら糸井嘉男選手はFAでオリックス・バッファローズを離れてしまいました。

2017年にはその穴をどう埋めているのか、注目してみたいですね。

さて、2017年のスタメンオーダーはどのように組んでいるか、下にてスタメンオーダー予想をしてまいりたいと思います。

スポンサードリンク

2017年 オリックス・バッファローズ 開幕スタメン・開幕投手予想

オリックス・バッファローズ 開幕スタメン予想

 

1番 (二)西野真弘選手

2番 (遊)安達了一選手

3番 (左)吉田正尚選手

4番(一)T-岡田選手

5番(右)ステファン・ロメロ選手

6番(D)中島宏之選手

7番(三)モレル選手

8番(補)伊藤光選手

9番(中)峻太

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

 

1番 (二)西野真弘選手

昨シーズンの盗塁数は16個と少し物足りない成績でした。本来なら楽々30盗塁できます。

後は、もう少し打率をあげれば文句なしですね。注文が多くなるのはファンも首脳陣も期待している証拠です。期待してない選手には注文はつけないです。

2番 (遊)安達了一選手

目立たない選手ですがオリックスには欠かせない2番バッターです。犠打の数が多く、チームプレーがしっかり出来る選手です。

右に左に広角に打ち分ける事が出来ます。今年はアベレージも上がりそうです。

3番 (左)吉田正尚選手

今シーズンオリックスの打撃陣で一番飛躍が期待される選手です。とにかくフルスイングが魅力です。

空振りを怖がらないスイングです。存在感があるバッターですが、まだ2年目です。

今年は最低でも20本はホームランを打つと思います。

4番(一)T-岡田選手

チーム1のパワーを誇る、元ホームランキング。今年はまた豪打でホームランキング争いに加わりたいです。

T-岡田選手がホームランキング争いに加われば、チームも上昇ムードになります。

5番(右)ステファン・ロメロ選手

1年目の昨シーズンは思うような活躍が出来ませんでした。

チームは日本野球に順応する可能性が高いと判断して契約を更改しました。

今年結果を残さないと間違いなく解雇なだけにやる気が昨年とは全く違います。

6番(D)中島宏之選手

西武時代の輝きが影を潜めているのは残念です。

しかし、今年はたまりにたまった鬱憤を晴らしてくれそうな気がしてなりません。気合が今までと違います。

本来ならショートで華麗な動きを見たいですが、故障持ちなので仕方がないです。

7番(三)モレル選手

守備はそれなりに上手いです。問題は打撃です。もう少し今年は成績が上がると思います。

2年目の適正が数字にあらわれると思います。ここであらわれないとチームとしても早目に見切りをつけざるをえないです。

8番(補)伊藤光選手

オリックスの扇の要。打撃には目を瞑って、強肩で盗塁阻止と巧みなインサイドワークで投手をリードしていきます。

もう少し打力があれば文句なしなのですが、そんなにうまい具合にいきません。

9番(中)峻太

小柄ながら、超強肩の持ち主。打撃では小細工も出来れば、意外性のある長打力を時折みせます。

足も速く、相手投手からしたら非常に嫌な存在です。塁に出したくないので、制球が甘くなると痛打します。

スポンサードリンク

2017年 オリックス・バッファローズ 開幕投手予想

開幕投手予想:金子千尋投手(内定済

オリックスの投手陣の中で、実績が完全に一枚抜けているのが金子千尋投手。

一時期はスーパーエースと呼ばれたほど、手が付けられない程の制球力に、ストレート変化球の切れを披露。

ここ数年少しおとなしいですが、日本を代表する投手です。調子が良ければWBCにも選出された投手です。

現在は31日の開幕戦に向けて調整を図っているとのことです。

開幕戦で白星を付け、チームに勢いをつけてくれることに期待しましょう!

 

2017年 オリックス・バッファローズ 先発ローテーション予想

金子千尋投手

オリックス投手陣の看板投手。金子千尋の名前だけで臆するバッターもいるほどです。

それだけ、スーパーエース時代の残像が頭から消えないのです。

今年は15勝目指してチームを上位争いに押し上げて欲しいです。

西勇輝投手

昨年、チームで唯一の二桁勝利を挙げましたが、負けが勝ちを上回ってしまいました。

今年は勝ち星先行で金子千尋投手と大きく貯金を作りたいです。

ディクソン投手

毎年、二桁までもう少しです。それでもある程度は計算が立つ為、ローテーションの一角を担っています。

なかなか難しいところもありますが、オリックスとしては必要な戦力です。

松葉貴大投手

先発投手陣の中で貴重な左腕。今年は自身初の二桁勝利を挙げたいところです。

球速はそれほど速くはありませんがまとまった投手です。変化球に切れもあり安定した投球が続けば間違いなく二桁勝てます。

山岡泰輔投手

ドラフト1の右腕。172センチと背は高くないが切れのあるボールを投げ込む。

オープン戦の結果次第で先発ローテーションに名を連ねる可能性は十分あります。

 

まとめ

オリックス・バッファローズのスタメン予想、先発ローテーション予想をしてまいりましたが、やはりまだ選手層が薄いかな…というのが個人的な見解です。

今年の新外国人選手がいかに日本に順応し、活躍してくれるかがオリックス・バッファローズの勝利のカギとなることでしょう。

そこに投手陣が頑張りを魅せてくれればチームとしてうまく機能していくことでしょう。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。