namisoku.net

★時代の波を先取れ★話題トレンドをいち早くお届け!

萩野公介のリオ五輪競泳ハイライトと決勝再放送!金藤理絵や坂井も

   

c9d24bd4

萩野公介選手、男子400mメドレーでの金メダル、そして男子200m個人メドレー銀メダルおめでとうございます( *´艸`)✨✨どちらも見事な泳ぎを見せてくれましたね!そして男子800mリレーでも第一泳者として日本代表チームをリードし、見事に銅メダルを獲得しております!

そんな素晴らしい萩野公介選手の活躍を見逃してしまった( ;∀;)という方も、もしかするとちらほらとみえるのでは(;´・ω・)?というわけでこちらでは、萩野公介選手のリオ五輪競泳ハイライトと決勝戦再放送をご紹介いたします!

また、女子200m平泳ぎにて金メダルを獲得してくださいました金藤理絵選手と、男子200mバタフライ銀メダルを獲得してくださいました坂井聖人選手の決勝戦再放送もお届けいたします(*´ω`*)✨✨

スポンサードリンク

萩野公介選手

男子400m個人メドレー

『予選』再放送/ハイライト

萩野公介選手:予選 再放送はこちら

萩野公介選手が出場する男子400m個人メドレーは開始から32分までとなっております。

男子400m個人メドレーの予選が終了した際、萩野公介選手はインタビューにて、「余力を持って、決勝につながる良い泳ぎができた。決勝では最高のパフォーマンスを発揮し、すべての日本人に勇気を与えられる泳ぎがしたい」と語っておられましたね(*´ω`*)✨

萩野公介選手はこの男子400m個人メドレー予選にて、最初のバタフライにて先頭に立ち、最後まで大きくリードをして3組目1位、全体3位につけて決勝戦に挑みましたね。この泳ぎを見ていても分かりますが、背泳ぎからは伸び伸びとした泳ぎをしているような印象を受けましたね🎵理想的な形で決勝へと駒を進めた予選だったのではないでしょうか?

 

『決勝戦』再放送/ハイライト

萩野公介選手:決勝戦 ハイライトはこちら

決勝戦では、予選全体2位の瀬戸大也選手予選全体1位のチェイス・カリシュ選手(アメリカ代表)とのトップ争いでハラハラドキドキさせてくれました!最初のバタフライでは瀬戸大也選手が先頭に立つものの、次の背泳ぎで萩野公介選手が追い抜き、トップに躍り出ます。平泳ぎではチェイス・カリシュ選手の猛追がすさまじく、じりじりと追い上げてきます。しかし萩野公介選手は、最後の自由形でもリードを守り切り、見事に金メダルを獲得してくださいました!

この決勝戦での記録は日本記録を1秒56も上回る4分6秒05という素晴らしい記録でしたね!そしてリオ五輪初となる金メダルで世間が大いに沸きました( *´艸`)🎶

萩野公介選手は会見にて、「最後の最後まで瀬戸大也選手に引っ張り上げてもらった。予選から良い泳ぎをしており、『一緒に頑張ろうぜ!』といってもらっているような気がした。この金メダルは自分一人で手に入れたものではない」とコメントをされております。ともに支えあい、競い合ったライバルがいたからこそここまで成長することができ、そして最後には金メダルにまでたどり着いたのですね( ;∀;)素晴らしいライバル同士ですね!

瀬戸大也選手は銅メダルを獲得するも、やはり悔しい気持ちの方が勝っている様子でしたね( ;∀;)「オリンピックの借りはオリンピックでしか返せない。4年間トレーニングを積んで、東京オリンピックでは世界新記録、金メダルを取りたい」と意気込みを語っておりました。

これからも萩野公介選手、瀬戸大也選手は高めあうライバル同士となり、ますますの成長をしてくれることでしょう!4年後の東京五輪では男子400m個人メドレーにて萩野公介選手・瀬戸大也選手のワンツーフィニッシュで金メダル・銀メダルを独占してくれることを期待しております!

 

男子200m自由形

『決勝戦』再放送/ハイライト

萩野公介選手:決勝戦 ハイライトはこちら

男子200m自由形で萩野公介選手は7位という結果に終わってしまいました。

萩野公介選手は準決勝にて、全体2位のタイムで決勝戦進出を果たしております。決勝戦では、最初の50メートルで4位につくものの、そこからずるずると順位を下げてしまい、逆転することができずに7位という結果となってしまいました( ;∀;)

決勝戦前にコーチと相談し、キックの打ち方を変えるという微調整をするなどして入念なチェックを行っての決勝戦でしたが、残念ながら思ったほどタイムが伸びなかったようですね。

ただ、ここでうまくいかなかった点を洗い直し、男子800mリレーまでに調整を図るという良い機会を得ていたようですね。

スポンサードリンク

男子800mリレー

『予選』再放送/ハイライト

予選 再放送はこちら ※男子800mリレーは1時間20分50秒~

予選 ハイライトはこちら

男子800mリレーでは、萩野公介選手・江原騎士選手・小堀勇気選手・松田丈志選手の4名で出場されております。そして結果は7分7秒68と、全体5位のタイムで決勝戦に進出しております!

『決勝戦』再放送/ハイライト

決勝戦 ハイライトはこちら

男子日本チームは見事に銅メダルを獲得してくださいました!そして男子800mリレーにて、1964年東京五輪以来のメダル獲得という歴史的快挙を成し遂げております!!何と半世紀ぶりのメダル獲得となり、世間が大いに沸きましたね((= ̄□ ̄=;))!!

第一泳者の萩野公介選手は序盤で飛ばし、見事に2位で江原騎士選手にバトンを繋いでおります。その後3番手に落ちるも、続く小堀勇気選手が順位を2番に上げ、最後の松田丈志選手につなぎました。最後はイギリスに抜かれてしまうも、3位を死守し、見事に銅メダル獲得となりました!

最終泳者の松田丈志選手とオーストラリアとのデッドヒートには手に汗握りましたね。日本代表チームの懸命な泳ぎに思わず「ガンバレ!」と声を出してしまうほど私は夢中になってしまいました(;'∀')

4人全員が力を合わせ、全員が100%の力を出し切ったからこそ勝ち得たメダルだと思います。素晴らしい戦い、そしてメダルをありがとうございました!!

 

男子200m個人メドレー

『予選』再放送/ハイライト

予選 再放送はこちら ※男子800mリレーは1時間11分30秒~

 

『決勝戦』再放送/ハイライト

決勝戦 ハイライトはこちら

 

金藤理絵選手

女子200m平泳ぎ

『予選』再放送/ハイライト

萩野公介選手:予選 再放送はこちら

 

『決勝』再放送/ハイライト

金藤理絵選手:決勝戦 ハイライトはこちら

 

坂井聖人選手

男子200m平泳ぎ

『予選』再放送/ハイライト

坂井聖人選手:予選 再放送はこちら

『決勝』再放送/ハイライト

坂井聖人選手:決勝戦 ハイライトはこちら

 

 



シェアしていただけると助かります。

 - リオ五輪 ,