namisoku.net

★時代の波を先取れ★話題トレンドをいち早くお届け!

【柔道】リオ五輪金メダル結果速報!男子女子の試合成績順位も

      2016/08/12

20160807-00010005-yrioolym-003-4-view

リオ五輪柔道もどんどん盛り上がってきましたよ(*´Д`)✨✨見事にメダルを獲得した選手の皆様、おめでとうございます!!これから試合を控える選手の方々も続いてメダル獲得を目指して頑張ってください!応援しております🎵

こちらではそんな選手の試合結果速報をお届けします!メダル獲得状況試合成績順位をこちらでチェックしていってくださいね(*´▽`*)✨

柔道の試合を生中継で見たい!という貴方・また生中継を見逃したので再放送が見たい!という貴方は、下の記事に詳細を載せておりますので、ご参考にしてくださいね🎵

試合日程・再放送やハイライト情報はこちら(^^♪

【柔道】リオ五輪テレビ生中継時間と試合日程!再放送とハイライトも

スポンサードリンク

リオ五輪『柔道』試合結果

メダル獲得速報

現在のメダル獲得状況をこちらに更新していきます。

8月12日時点更新情報となります

メダル種類個数獲得選手(男子)獲得選手(女子)
金メダル3大野将平(男子73kg) 田知本遥(女子70kg)
ベイカー茉秋(男子90kg) 
銀メダル0  
銅メダル7高藤直寿(男子60kg)近藤亜美(女子48kg)
海老沼匡(男子66kg)松本薫(女子52kg)
永瀬貴規(男子81kg)中村美里(女子57kg)
羽賀龍之介(男子100kg) 
  
合計メダル数10

田代未来選手と梅木真美選手、残念ながらメダル獲得することができませんでした。惜しいところまで行ったのですが、あと一歩及びませんでしたね。

そして現在、合計メダル数は10個、うち金メダル3個・銅メダル7個という成績となっております。やはり銅メダルの選手の方々の顔は曇っておりましたね。それほど金メダルを狙うことができた、金メダルが欲しかったということなのでしょう。。。

まだまだ試合は残されておりますので、これから戦う日本代表へ想いを託していただければ幸いです。次なる金メダル目指して、選手の皆様、頑張ってください(*´▽`*)✨✨

順位成績結果

選手名順位獲得メダル
高藤直寿(男子60kg)3銅メダル
近藤亜美(女子48kg)3銅メダル
海老沼匡(男子66kg)3銅メダル
松本薫(女子52kg)3銅メダル
大野将平(男子73kg)1金メダル
中村美里(女子57kg)3銅メダル
永瀬貴規(男子81kg)3銅メダル
田代未来(女子63kg)5 
ベイカー茉秋(男子90kg)1金メダル
田知本遥(女子70kg)1金メダル
羽賀龍之介(男子100kg)3銅メダル
梅木真美(女子78kg)16 
原沢久喜(男子100超kg)  
山部佳苗(女子78超kg)  

 

リオ五輪柔道 日本代表の結果速報・順位について

こちらでは、各階級ごとに日本代表選手の試合結果・順位について情報を載せていきます。メダル獲得情報についても分かり次第更新してきますね🎵

※結果がわかりましたら、随時更新いたします!

高藤直寿選手 <男子60kg級> 

<2回戦>

   

高藤 直寿  〇

  

反則勝ち 

 

 Y・シッカルディ

 (モナコ)

高藤直寿選手(世界ランク6位)はシッカルディ選手(モナコ、76位)との対戦となる。

試合は、シッカルディ選手が立ち状態で足を取ったため、高藤直寿選手の反則勝ち。

 

<3回戦>

   

高藤 直寿  〇

  

一本

内股

 P・ペトリコフ

 (チェコ)

3回戦、高藤直寿選手はチェコのペトリコフ選手(29位)に内股で一本勝ち。

開始16秒で鮮やかな内股を決めてくれ、速攻で勝負が決しました。見ていて本当に気持ちが良い勝利でしたね(*´▽`*)✨

 

<準々決勝>

   

高藤 直寿   

  

一本

隅返し

〇 A・パピナシビリ

  (ジョージア)

準々決勝、高藤直寿選手は、ジョージアのパピナシビリ選手(12位)に残念ながら敗れました。

高藤直寿選手は相手に隙を突かれ、一本負けに帰してしまいました( ;∀;)ほんの少し油断があったのですかね…そんな些細な油断も命取りになるということを高藤直寿選手本人も学んだ一戦となったのではないでしょうか?

 

<敗者復活戦>

   

高藤 直寿  〇

  

優勢

 

  金 源鎮

   (韓国)

敗者復活戦、高藤直寿選手は世界ランク1位の金源鎮選手を相手に優勢勝ち。

 

<3位決定戦>

   

高藤 直寿  〇

  

優勢

 

  O・サファロフ

 (アゼルバイジャン)

3位決定戦、高藤直寿選手は世界ランク2位のサファロフ選手を相手に優勢勝ち。3位となり銅メダルを獲得!!

最後の3位決定戦は高藤直寿選手の持ち味を生かすことができた一戦であったのではないでしょうか(*´ω`*)素早い動きで果敢に攻め、自分自身のリズムを作り出して相手に攻めさせなかった点は、高藤直寿選手本来の姿だったかな?と感じました!

銅メダル獲得おめでとうございます!悔しい思いもあるかと思いますが、今回の敗戦をバネにして次こそは金メダル獲得をしてください!!

 

近藤亜美選手 <女子48kg級> 

<2回戦>

   

近藤 亜美  〇

 

一本 

(棄権)

  E・カルリージョ

  (メキシコ)

近藤亜美選手(世界ランク2位)は、カルリージョ選手(メキシコ、23位)との対戦。

試合は、近藤亜美選手が横四方固めで有効ののち、棄権による一本勝ちとなりました。

 

<準々決勝>

   

近藤 亜美 〇 

 

一本

横四方固め

 O・ガルバドラフ

  (カザフスタン)

準々決勝、近藤亜美選手は世界ランク4位のガルバドラフ選手に一本勝ち。

技ありを取られていたなか、最後の最後で見事に逆転での一本勝ちとなりました!

 

<準決勝>

   

近藤 亜美   

 

優勢

 

〇 パウラ・パレト

   (アルゼンチン)

準決勝、近藤亜美選手は世界ランク3位のパウラ・パレト選手から技ありを取られ優勢負けとなりました。

 

<3位決定戦>

   

近藤 亜美  〇 

 

優勢

 

 U・ムンフバット

   (モンゴル)

3位決定戦、近藤亜美選手は世界ランク1位のムンフバット選手から有効を奪い優勢勝ち。日本勢メダル第1号となる銅メダル獲得を果たしました。

見事に銅メダルを獲得し、日本中は歓喜に満ちております!!ただ一方、近藤亜美選手自身は全く納得していないようでした。近藤亜美選手へのインタビューの中にも、「柔道は金メダル必須なのに情けないです…」という悔しい思いを語っておりました。

近藤亜美選手は今回五輪初出場となります。今後は、この悔しさをバネに、ますます実力を伸ばしていくことでしょう。次の東京五輪ではぜひとも金メダルを持ち帰ってきてほしいですね( ;∀;)

海老沼匡選手 <男子66kg級> 

<2回戦>

   

海老沼 匡 〇

  

一本

横四方固め

チャールズ・チバナ

 (ブラジル)

海老沼匡選手の初戦は、ブラジルのチバナ選手(35位)との対戦。

海老沼匡選手は大外刈りからの横四方固めで一本勝ちを決め、3回戦進出となりました。

 

<3回戦>

   

海老沼 匡  〇

  

一本

背負い投げ

  馬 端斌

   (中国)

3回戦は、中国の馬 端斌選手(25位)との対戦。

海老沼匡選手は背負い投げで一本勝ちを決め、準々決勝進出となりました。

海老沼匡選手は積極的な攻めの姿勢が出ており、相手にはほとんど攻めさせませんでしたね。そして最後には見事に背負い投げ1本をとり勝利いたしました!

 

<準々決勝>

   

海老沼 匡  〇

  

一本

背負い投げ

  W・マテオ

 (ドミニカ共和国)

準々決勝は、ドミニカ共和国のマテオ選手(61位)との対戦。

海老沼匡選手は背負い投げで一本勝ちを決め、見事準決勝進出となりました。

3回線と同じく、海老沼匡選手は攻撃の手を緩めることなく、果敢に攻めておりました!見事な背負い投げでの勝利を手にし、本当に勢いに乗っているオーラを感じさせましたね(`・ω・´)✨

 

<準決勝>

   

海老沼 匡  

  

優勢

 

〇  アン・バウル

   (韓国)

海老沼匡選手の準決勝、韓国のアン・バウル選手(1位)との対戦となりましたが、延長の末、相手に有効を取られ優勢負けとなりました。

準決勝では、これまでの3戦とは打って変わって、海老沼匡選手の攻撃的な姿勢があまり見られませんでしたね(;´・ω・)相手に指導が渡るまでは良かったのですが、それ以降は海老沼匡選手の動きにもキレが鈍り、そして海老沼匡選手にも指導が渡ります。

そのままずるずるといき、延長戦の末に敗退するという苦い敗北となってしまいました。。。

 

<3位決定戦>

   

海老沼 匡  〇

  

一本

背負い投げ

   A・ブシャール

   (カナダ)

3位決定戦は、カナダのブシャール選手(22位)との対戦。

海老沼選手は背負い投げで一本勝ち。見事2大会連続銅メダル獲得を果たしました。 

3位決定戦では、準決勝での消極的な姿勢の面影を一切見せない積極的な姿勢で相手より優位に立っておりましたね!そして今大会3度目となる背負い投げ1本と清々しい勝利を収めました!

ロンドン五輪でも銅メダルを獲得しており、今回こそは金メダルに期待がかかっておりましたが、残念ながら手が届きませんでした。インタビューでもやはり表情が晴れませんでしたね(´・ω・`)

今回五輪参加が3度目となり、現在若手が徐々に力をつけてきております。そんな中、東京五輪を視野に入れて今後活動していくのでしょうか?個人的にはぜひとも東京五輪目指して改めて一からスタートしてほしいですね。

中村美里選手 <女子52kg級> 

<2回戦>

   

中村 美里 〇

  

一本

横四方固め

T・アディヤサンブー

  (モンゴル)

中村美里選手の初戦は、モンゴルのアディヤサンブー選手(19位)との対戦。

中村美里選手は横四方固めで一本勝ちを決め、準々決勝進出となりました。

 

<準々決勝>

   

中村 美里  〇

  

一本

袈裟固め

  N・クジュティナ

  (ロシア)

準々決勝、ロシアのクジュティナ選手(7位)との対戦。

中村美里選手は延長の末、袈裟固めで一本勝ちを決め、準決勝進出となりました。

 

<準決勝>

   

中村 美里   

  

優勢

 

〇  M・ケルメンディ

  (コソボ)

コソボの世界ランク1位ケルメンディ選手との対戦。 

中村美里選手の準決勝、残念ながら1つの指導の差で優勢負けとなりました。

開始早々の組み手争いで「極端な防御姿勢」と判定され、指導1を渡されてしまいます。しかし中村美里選手は終始、積極的に攻めており、ケルメンディは防戦一方の展開となっておりました。それでもポイント奪取することができず、準決勝敗退という結果となってしまいました。

これは見ている側も本当に悔しい想いをしました。ただ、防御という面で相手の方が一歩上手であったということなのでしょう( ;∀;)

<3位決定戦>

   

中村 美里  〇

  

優勢

 

   エリカ・ミランダ

  (ブラジル)

3位決定戦はブラジルのエリカ・ミランダ選手(4位)との対戦。 

中村選手は延長の末、 有効を取り見事銅メダルを獲得しました。北京五輪の銅メダルに続く2つ目の銅メダル獲得となっています。

準決勝での悔しい思いがあり、気持ちの切り替えが大変であったことでしょう。しかしそんな雰囲気を感じさせない勝ちの姿勢を魅せてくれた試合だったかと思います!延長戦での大内刈りの有効は鳥肌立ちましたね🎵

ロンドン五輪では初戦敗退してしまい、その後は左膝前十字靭帯の手術を受け、長期リハビリ生活に入っておりました。リハビリ期間は本当につらい日々であったことでしょう。そしてそれ以上に充実した日々を送っていたのではないでしょうか?リハビリ仲間と支えあいながら2年間十分に治療を行い、残り2年間でリオ五輪に向けて調整してきました。そんな辛く、それでいて努力し続けてきた時間があったからこそ、最後の最後で3位決定戦を制することができたのではないですかね?

改めて中村美里選手、8年越しのメダル獲得おめでとうございます!!

大野将平選手 <男子73kg級> 

<2回戦>

   

大野 将平 〇 

  

一本

横四方固め

ミゲル・ムリジョ

 (コスタリカ)

大野将平選手(世界ランク4位)の初戦は、ミゲル・ムリジョ選手との対戦。

大野将平選手は横四方固めで一本勝ち。3回戦進出を決めました。

大野将平選手の果敢な攻めに、相手選手は指導を3つ渡され、終始防戦一方でした。そして最後は四方固めで危なげなく1本勝ちを手にしておりますね。見ていてとっても安心する試合でした!

<3回戦>

   

大野 将平 〇

  

一本

内股

  V・スクボルトフ

  (UAE) 

3回戦は、 ビクトル・スクボルトフ選手(25位)との対戦。

大野将平選手は内股で一本勝ち。準々決勝進出を決めました。

3回戦でも相手選手に点数を与えることなく、見事に内股で一本勝ちを手にしております。

<準々決勝>

   

大野 将平 〇

  

優勢

 

 シャフダトゥアシビリ

  (ジョージア) 

大野将平選手の準々決勝は、シャフダトゥアシビリ選手(8位)との対戦。

大野将平選手は序盤に技ありをとり、そのまま優勢勝ち。準決勝進出を決めました。 

 

<準決勝>

   

大野 将平 〇

  

一本

巴投げ

  ファンティヘルト

  (ベルギー) 

大野将平選手の準決勝は、ディルク・ファンティヘルト選手(18位)との対戦。

大野将平選手の見事な巴投げが決まり一本勝ち。決勝進出を決めました。

準決勝でも終始攻め続け、「技あり」「有効」のポイントを奪ったのちに巴投げ1本で勝利しております。相手選手はほぼ何もさせてもらえなかった、何もできなかったという印象をとても受けましたね。それほど大野将平選手が圧倒していたということなのでしょうね(*´▽`*)✨

<決勝>

   

大野 将平  〇

  

一本

小内刈り

   R・オルジョフ

 (アゼルバイジャン) 

大野将平選手の決勝は、ルスタム・オルジョフ選手(2位)との対戦。

大野将平選手が小内刈りで一本勝ち。見事金メダルを獲得しました。今大会柔道での金メダル第1号となりました。 

序盤から積極的な姿勢で攻めており、見事に相手を圧倒した勝利となりましたね!「金メダルを取って当たり前」という声の重圧も大きかったかと思いますが、そんな重圧も跳ね返し、大野将平選手も十分なパフォーマンスを発揮できたのではないでしょうか(*´▽`*)

ちなみに73kg級は2000年シドニー五輪から始まった体重別で、今回日本は初めて73kg級で金メダル獲得となりました!そういう意味でも、今回の金メダル獲得は歴史的にも大きな意味を持つのではないでしょうか?

大野将平選手、金メダル獲得本当におめでとうございます!!

松本薫選手  <女子57kg級> 

<2回戦>

   

松本 薫  〇

  

一本

横四方固め

  ダボーネ

(コートジボワール)

松本薫選手(6位)の初戦は、ダボーネ選手(60位)との対戦。

松本薫選手は横四方固めで一本勝ち。準々決勝進出を決めました。

相手選手に果敢に攻めていき、1分19秒で一本勝ちをしております!まずまずの滑り出しですね🎵このままの勢いを保ったまま攻めの姿勢でメダル獲得まで駆け上ってほしいところです!

<準々決勝>

   

松本 薫 〇

  

技あり

袖釣込腰

 オトンヌ・パビア

  (フランス) 

松本薫選手の準々決勝は、オトンヌ・パビア選手(7位)との対戦となりましたが、延長のすえ、袖釣込腰で技ありを取り準決勝進出を決めました。

最後の最後で何とかポイントを奪い、見事に勝利をもぎ取りました!開始から延長戦まで、あの猛獣のような視線を相手に向け続け、虎視眈々と相手のスキをうかがう姿勢が見られましたね。最後の最後で相手のスキを突いた松本薫選手はやはり凄いな…という印象を受けました((= ̄□ ̄=;))!

<準決勝>

   

松本 薫  

  

一本

 

〇 ドルジスレン

  (モンゴル) 

松本薫選手の準決勝は、スミヤ・ドルジスレン選手(1位)との対戦となりましたが、開始24秒ドルジスレン選手に一本を取られ残念ながら敗れました。松本薫選手は3位決定戦へ進むことになります。

なんともあっけない幕切れでしょう…どこかで相手を甘く見ていたのではないか?という所感もちらほらとみえますね(;´・ω・)ほんの一瞬の油断が勝敗を決してしまうということを目の当たりにした一戦でしたね。次の3位決定戦では油断なく、見事に勝利してほしいところ!

<3位決定戦>

   

松本 薫  〇

  

優勢

 

    連 珍羚

  (台湾) 

松本薫選手の3位決定戦は、台湾の連珍羚選手(13位)との対戦。

松本薫選手は有効を取り、優勢勝ち。見事銅メダルを獲得しました。 

お互いにポイント奪取できぬまま、残り31秒のところで見事に有効のポイントを奪い、勝利をもぎ取ってくれました!松本薫選手の今回の試合は、全体的に粘りの戦いが多かったですね。見ているこっちもひやひやしておりましたよ(;´・ω・)やはり、松本薫選手のあの眼光を向けられると相手選手も委縮してしまうのでしょうか?

それでも松本薫選手はスタミナがある選手です!長期決戦・延長戦にもつれ込ませ、相手選手が弱ったところで見事にポイントを奪う試合運びをされておりました。しかし準決勝では相手に速攻で一本取られてしまい、松本薫選手の持ち味が活かせない結果となってしまいましたね。この敗北を次に生かし、東京五輪では見事に金メダルを獲得してくれることを期待しております!

改めて松本薫選手、銅メダル獲得おめでとうございます!

スポンサードリンク

永瀬貴規選手 <男子81kg級> 

<2回戦>

   

永瀬 貴規 〇

  

優勢

 

 L・チョクニャイ

  (ハンガリー)

永瀬貴規選手(2位)の2回戦は、ラスロ・チョクニャイ選手(20位)との対戦。

永瀬貴規選手は袖釣込腰で有効を取り、そのまま優勢勝ち!3回戦進出を決めます。

 

<3回戦>

   

永瀬 貴規 〇

  

一本

 

 ポール・キビカイ

 (ガボン共和国)

永瀬貴規選手の3回戦、ポール・キビカイ選手(89位)との対戦。

永瀬貴規選手は内股で技ありからの縦四方固めで合わせ技一本!準々決勝進出を決めます。

1分47秒での1本勝ちとなりましたね🎵試合を見ていて安定感がすごいな!というのが印象的ですね。見ているこちらも安心して試合を見ていられる試合運びでした(*´ω`*)

<準々決勝>

   

永瀬 貴規  

  

優勢

 

〇 セルジュ・トマ

  (UAE)

永瀬貴規選手の準々決勝は、セルジュ・トマ選手(9位)との対戦。

永瀬貴規選手は相手に有効を取られ僅かの差で優勢負け。残念ながら準々決勝敗退となりました。永瀬貴規選手は敗者復活戦へ臨むことになります。

中盤で相手選手から有効のポイントを奪われ、その後は永瀬貴規選手はうまくいなされてしまい、最後まで攻め切ることができませんでした(;´・ω・)うまくかわされてしまった永瀬貴規選手は、本当に悔しそうな表情を浮かべておりました。

<敗者復活戦>

   

永瀬 貴規 〇

  

一本

大外刈り

バロワフォレスチエ

    (カナダ)

永瀬貴規選手の敗者復活戦は、アントワヌ・バロワフォレスチエ選手(4位)との対戦。

永瀬貴規選手は大外刈りで一本勝ち。3位決定戦進出を決めました。

相手選手はロンドン大会で銅メダルを獲得している強者でした。にもかかわらず、相手に主導権を握らせることなく、最後は大外刈りの一本勝ちという清々しい勝ちを演じてくれました(*´Д`)✨✨このままの勢いでメダル獲得なるか!?

<3位決定戦>

   

永瀬 貴規 〇

  

優勢

 

  チリキシビリ

  (ジョージア)

永瀬貴規選手の3位決定戦は、アフタンディリ・チリキシビリ選手(1位)との対戦。

永瀬貴規選手は有効を取りそのまま優勢勝ち。見事銅メダル獲得となりました。

昨年は世界選手権を制していた永瀬貴規選手であっただけに、金メダルの期待がとても大きかったですね。それ故、銅メダルという結果には日本応援側も残念な気持ちではないでしょうか(´・ω・`)

ですが悲観することばかりではありません。3位決定戦では世界ランキング1位の選手から勝利をもぎ取るという素晴らしい結果となり、また81kg級は2000年シドニー五輪以来の4大会振りのメダル獲得となっております!日本にとって「鬼門」と呼ばれる81kg級でメダル獲得できた永瀬貴規選手は、十分な活躍をしてくれたといえるのではないでしょうか(*´ω`*)✨

今回は銅メダルということで永瀬貴規選手の目指す金メダルには一歩届きませんでした。しかし、2020年東京五輪では最も輝くメダル「金メダル」を獲得することを宣言してくれました!これから4年間の間にますます成長していき、必ずや東京五輪で金メダルを獲得してくれることでしょう!永瀬貴規選手の成長を期待しております!

 

田代未来選手 <女子63kg級> 

<2回戦>

   

田代 未来 〇

  

一本

小外刈り

 カタリナ・ヘッカー

 (オーストラリア)

田代未来選手(3位)の2回戦、カタリナ・ヘッカー選手(14位)との対戦。

田代未来選手は小外刈りで一本勝ちを収め、準々決勝進出を決めました。 

 

<準々決勝>

   

田代 未来 〇

  

優勢

 

ウンターワーザシャー

 (オーストリア)

田代未来選手の準々決勝は、ウンターワーザシャー選手(6位)との対戦。 

田代未来選手は有効を取り優勢勝ち。準決勝進出を決めました。

 

<準決勝>

   

田代 未来   

  

優勢

 

〇  アグベニュヌ

   (フランス)

田代未来選手の準決勝は、クラリス・アグベニュヌ選手(2位)との対戦。 

田代未来選手は僅か指導一つの差で優勢負け。3位決定戦へ進むことになりました。

 

<3位決定戦>

   

田代 未来   

  

優勢

 

〇 ヤーデン・ゲルビ

   (イスラエル)

田代未来選手の3位決定戦は、ヤーデン・ゲルビ選手(5位)との対戦。

ゲルビ選手に有効と技ありを取られてしまい、田代選手は優勢負けとなりました。残念ながらメダル獲得はなりませんでした

開始34秒で相手選手に腰車で有効、そして56秒に大内返しで技ありを奪われてしまいました。その後果敢に攻め続けましたが、相手選手の防御を崩すまで至らず、くしくも敗北してしまいました( ;∀;)

世界選手権では2年連続銅メダルの成績を修めている田代未来選手、そしてこのリオ五輪で初の五輪出場を果たすことができました!しかし準決勝では世界ランキング2位で格上のアグベニュ選手でした。お互いにポイント奪取できないまでも、田代未来選手は果敢に攻めておりました。そして惜しいところまで行ったのですが、わずか指導1つの差で敗北してしまいましたね。

このリオ五輪での敗北は、きっと田代未来選手にとって糧となる経験が数多くあったことでしょう。次なる東京五輪では見事にメダルを持ち帰ってきてくれることを期待しましょう!!

 

ベイカー茉秋選手<男子90kg級> 

<2回戦>

   

ベイカー茉秋 〇

  

一本

背負い落し

 M・オデンタル

   (ドイツ)

ベイカー茉秋選手(1位)の2回戦は、マルク・オデンタル選手(26位)との対戦。  

ベイカー茉秋選手は内股からの背負い落しで一本勝ち。3回戦進出を決めました。 

 

<3回戦>

   

ベイカー茉秋  〇

  

一本

 

     A・クコリ

   (セルビア)

ベイカー茉秋選手の3回戦は、 アレクサンダル・クコリ選手(14位)との対戦。  

ベイカー茉秋選手は小外刈りで技ありをとりそのまま抑え込み。合わせ技一本で準々決勝進出を決めました。 

 

 

<準々決勝>

   

ベイカー茉秋 〇

  

一本

 

   イディール

   (フランス)

ベイカー茉秋選手の準々決勝は、アレクサンドル・イディール選手(9位)との対戦。 

ベイカー茉秋選手は小外刈りで技ありを取りそのまま横四方固め。合わせ技一本で準決勝進出を決めました。 

 

<準決勝>

   

ベイカー茉秋  〇

  

一本

袈裟固め

   テイ・クンショウ

   (中国)

ベイカー茉秋選手の準決勝は、テイ・クンショウ選手(25位)との対戦。

ベイカー茉秋選手は袈裟固めで一本勝ち。決勝進出を決めました。 

 

<決勝>

   

ベイカー茉秋  〇

  

優勢

 

   リパルテリアニ

   (ジョージア)

ベイカー茉秋選手の決勝は、ジョージアのリパルテリアニ選手(5位)との対戦。 

ベイカー茉秋選手は有効を取りそのまま優勢勝ち。見事金メダルを獲得しました!男子90キロ級で日本初金メダルとなりました。

ベイカー茉秋選手は初戦の2回戦から準決勝まで、すべて1本勝ちをして決勝戦に挑みました。そして決勝戦では、去年の世界選手権銅メダリストであるリパルテリアニ選手との戦いとなります。ベイカー茉秋選手はそんな強豪相手でもひるむことなく果敢に攻め立て、見事に勝利を果たしました!!

ベイカー茉秋選手は会見にて「2日前に金メダルを獲得した大野将平選手から「普通の国際大会と思って戦った方がいい」というアドバイスをもらい、その後の戦いでは特別な感情を持たず、1戦1戦集中して戦った」とコメントされております。なんていう強靭な精神力をお持ちなのでしょうΣ(・□・;)そんなアドバイスもらってもふつうそんな簡単に割り切れるものではないでしょうに!ですが、そんなことを平気でやってしまう精神力が金メダル獲得に必須なのかもしれませんね。

改めてベイカー茉秋選手、金メダル獲得おめでとうございます!

 

田知本遥選手<女子70kg級> 

<1回戦>

   

田知本 遥  〇

  

一本

 

    周  超

   (中国)

田知本遥選手(14位)の1回戦は、中国の周超選手(23位)との対戦。  

田知本遥選手は、小外刈りで技ありをとりそのまま抑え込んで合わせ技一本。2回戦進出を決めました。

 

<2回戦>

   

田知本 遥   〇

  

優勢

 

  キム・ポリング

   (オランダ)

田知本遥選手の2回戦、世界ランク1位のキム・ポリング選手を相手に延長の末優勢勝ち。準々決勝進出を決めました。

 

<準々決勝>

   

田知本 遥   〇

  

優勢

 

   ズパンチッチ

   (カナダ)

田知本遥選手の準々決勝は、ケリタ・ズパンチッチ選手(16位)との対戦。 

二試合連続で延長戦となりましたが、田知本遥選手は大外刈りで技ありを取り優勢勝ち。準決勝進出を決めました。

 

<準決勝>

   

田知本 遥 〇

  

優勢

 

   バルガスコッホ

   (ドイツ)

田知本遥選手の準決勝は、バルガスコッホ選手(4位)との対戦。

田知本遥選手は技ありを取りそのまま優勢勝ち。決勝進出を決めました。

 

<決勝>

   

田知本 遥  〇

  

一本

横四方固め

    アルビアル

   (コロンビア)

田知本遥選手の決勝は、コロンビアのジュリ・アルビアル選手(2位)との対戦。 

有効を取って倒してからの横四方固めで一本勝ち。見事金メダルを獲得しました!今大会女子初の金メダルとなりました。

 

梅木真美選手<女子78kg級> 

<2回戦>

   

梅木 真美  

  

優勢

 

 〇 アビゲル・ヨー

   (ハンガリー)

梅木真美選手(9位)の初戦、アビゲル・ヨー選手(10位)との対戦となりました。

相手に有効を取られそのまま優勢負け。残念ながら2回戦敗退となりました。

 

 

羽賀龍之介選手<男子100kg級> 

<2回戦>

   

羽賀龍之介  〇

  

一本

内股

  ボロダフコ

   (ラトビア)

羽賀龍之介選手(16位)の2回戦は、 エフゲニス・ボロダフコ選手(37位)との対戦。  

羽賀龍之介選手は得意の内股で一本勝ち。3回戦進出を決めました。 

 

<3回戦>

   

羽賀龍之介  〇

  

優勢

 

   ブザカリニ

   (ブラジル)

羽賀龍之介選手の3回戦、 ラファエル・ブザカリニ選手(20位)との対戦。  

相手に指導1がつき、そのまま羽賀龍之介選手の優勢勝ち。準々決勝進出を決めました。

 

<準々決勝>

   

羽賀龍之介   

  

優勢

 

〇 クルパーレク

   (チェコ)

羽賀龍之介選手の準々決勝、 ルカシュ・クルパーレク選手(4位)との対戦となりました。

僅か指導1の差で残念ながら優勢負けとなりました。羽賀龍之介選手は敗者復活戦へ進出することになります。

 

<敗者復活戦>

   

羽賀龍之介  〇

  

優勢

 

  グビニアシビリ

   (ジョージア)

羽賀龍之介選手の敗者復活戦、 ベカ・グビニアシビリ 選手(13位)との対戦。  

相手に指導1がつき羽賀龍之介選手の優勢勝ち。3位決定戦進出を決めました。

 

<3位決定戦>

   

羽賀龍之介  〇

  

一本

 

   ブロシェンコ

   (ウクライナ)

羽賀龍之介選手の3位決定戦、 アルチョム・ブロシェンコ選手(22位)との対戦。

羽賀龍之介選手が抑え込みで一本勝ち。見事銅メダルを獲得しました!

 

 

男子100kg超級と女子78kg超級の試合につきましても、日本代表選手の試合結果をわかり次第こちらで掲載させて頂く予定です。

 

 

 



シェアしていただけると助かります。

 - リオ五輪