東京の三大祭りといえば神田祭、山王祭、深川祭ですが浅草で行われる三社祭りも有名です。

想像以上の人込みも含めて小粋で趣のある江戸っ子たちの「東京のおまつり」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回は三社祭の日程交通規制屋台お神輿参加の情報などについてまとめてみました。

それでは最後までご覧ください。

スポンサードリンク

 

 浅草神社の三社祭り

三社祭り2017年日程

  • 2017年5月18日(木)19:00本社神輿御神霊入れの儀斎行
  • 2017年5月19日(金)13:00名物大行列執行
  • 2017年5月20日(土)10:00例大祭式典斎行
  • 2017年5月21日(日)6:00本社神輿氏子出し

三社祭において一番のメインは最終日6:00から行われる本社神輿氏子出しです。

市の宮殿から出てくる瞬間は一般の人では見られないようですが、7:30頃から神輿が境内から出てきます。そのため境内から出てくるところを見たい!という方は早朝に並んでおくことをおススメ致します。

浅草神社の三社祭り見どころ

ずばり三社祭りの見どころはというと、やはり最終日の本社神輿の御渡ということになるでしょう。

浅草神社が管理する神輿の一之宮、二之宮、三之宮が各町を順に練り歩くというもので、この迫力は一見の価値ありです!

そしてこの日のお昼前から各町会の神輿が一堂に集まりそれは華やかな光景が見られますよ。屋台も多くお祭り気分を満喫できるでしょう。

ちなみに6:00から行われる神輿を本社から出す部分は一般の人は見ることができませんのでご注意を。

三社祭りの最寄り駅

さてこの浅草三社祭りとはいったいどこで行われているのでしょう。

浅草といえば浅草寺と思う方もおられるかと思いますが行われるのは「浅草神社」です。

昔にさかのぼると同一の施設だったこともあるようですが、神仏分離が行われ今は別の管理となっているのでご注意を。

その浅草神社ですが、最寄り駅は下の駅となります。

  • 東京メトロ銀座線―浅草駅徒歩7分
  • 都営浅草線―浅草駅徒歩7分
  • 東武線―浅草駅徒歩7分
  • つくばエクスプレス―浅草駅徒歩10分

スポンサードリンク

 

交通規制情報

この数日は主要な道路は交通規制が入ります。

2017年5月21日(日)

  • 9:30~19:00雷門通り、並木通り
  • 11:00~19:00馬車通り、二天門前通り

そのほか神輿の経路上が一部車線規制などの交通規制の対象になっています。

さらに浅草神社には駐車場がありません。この浅草三社祭りのための臨時駐車場などもありません。

周辺にコインパーキングはいくつかありますが、こちらも争奪戦なのは確実。どうしても車で向かう場合は同じ路線の別の駅などに駐車してパークライドする方法をおすすめします。

この数日の浅草近辺はいつも以上の人になることは間違いありません!

車で現地へ向かうのはほぼ不可能と割り切ってください。最寄り駅も近いですしなるべくなら電車で向かいましょう。

せっかく浅草にたどりつけたとしても駐車場に停めるのが大変で見逃した!なんてことのないように計画を立ててください。

三社祭りの屋台 

もともと観光客が多いこの辺りは日頃から仲見世通りなど活気あるお店がたくさんあります。そのうえこのお祭りの時期に並ぶ屋台の数!これだけでもお祭りの雰囲気は堪能できるかもしれませんね。

屋台がたくさん並んでいるのは浅草寺の本堂周辺や浅草寺西側の西参道商店街などです。

店によってさまざまですが神輿が終わったあとも20:00頃まで開けている屋台も多いようです。夜の方が少しはゆっくり屋台を楽しめるかもしれませんね。

ただし2016年から浅草寺でのアルコール販売が禁止になったのでお酒はありません。でもこのお祭りの雰囲気はお酒がなくても十分楽しめますよね。

スポンサードリンク

三社祭りの神輿参加方法

一般的にはおみこしを担ぐのはその町内に住んでいる人に限られることが多いようですが、一般の人もお祭りの醍醐味を堪能してもらいたいと担ぎ手を募集することもあります。

当日参加は基本的に難しいです。もし興味がある方は必ず事前に押さえておきましょう。

その場合担ぎっぱなしということではなく、申し込んだ人たちとその場で交代しながらということになります。おみこしを担いだことがないという人や、お祭りをもっと肌で感じたいという人はぜひ一度申し込んでみてはいかがですか?

下に三社祭りにて神輿を担ぐ団体を一か所紹介しておきます。ご興味があればぜひどうぞ!

東京池袋「龍彩睦会」はこちらから

 

まとめ

  • 三社祭りは5月18日(木)~5月21日(日)
  • 最も盛り上がる見どころは5月21日の「本社神輿の御渡」
  • 5月21日に交通規制がされるため注意が必要
  • 神輿参加をしたい方は、地元の同好会にアポを取ってみよう

今回は5月の風物詩、浅草の三社祭について調べてみました。

人の賑わいや活気や力強さや温かさ。さまざまなものを堪能できるお祭りです。ぜひ一度足を運んでみませんか?

もし行ってみよう!となったなら、足元は歩きやすい靴で。荷物は小さく身軽な服装で向かってください。そして人込みを含めてその喧噪を満喫してきてくださいね。

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。