3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

埼玉西武ライオンズは2016年、リーグ4位の結果に終わっております。その原因としては失点リーグ4位という成績から分かる通り、守りにあります。

そんな守りをつかさどる投手陣をどれだけ強化できたかが2017年埼玉西武ライオンズの勝敗のカギを握ることでしょう。

こちらではそんな埼玉西武ライオンズの開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

埼玉西武ライオンズ 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の埼玉西武ライオンズにおいて、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 涌井秀章 選手
  • 2013年 ⇒ 岸孝之 選手
  • 2014年 ⇒ 岸孝之 選手
  • 2015年 ⇒ 牧田和久 選手
  • 2016年 ⇒ 菊池雄星 選手

2013年、2014年は岸孝之選手が開幕投手だったのですね。今年の2017年にはFA移籍されてしまったため、ちょっと寂しい気持ちが蘇ります。。。

しかし2016年には若き左のエースである菊池雄星選手が抜擢されました。その力のある投球には監督も信頼をしていることでしょう。

さて、2017年シーズンでも菊池雄星選手が開幕投手を務め、埼玉西武ライオンズを勢い付けていくのか気になりますね。

2016年 埼玉西武ライオンズ スタメン情報

2016年 埼玉西武ライオンズ 開幕戦スタメン

  1. (中)秋山
  2. (左)栗山
  3. (指)メヒア
  4. (三)中村
  5. (二)浅村
  6. (右)坂田
  7. (一)山川
  8. (捕)炭谷
  9. (遊)外崎

2016年の開幕スタメンは上のメンバーにて構成されておりました。

さて、2017年のスタメンオーダーはどのように組んでいるか、下にてスタメンオーダー予想をしてまいりたいと思います。

スポンサードリンク

2017年 埼玉西武ライオンズ 開幕スタメン・開幕投手予想

埼玉西武ライオンズ 開幕スタメン予想

1番(遊)金子侑司選手

2番(中)秋山翔吾選手

3番(二)浅村栄斗選手

4番(D)メヒア選手

5番(三)中村剛也選手

6番(右)森友哉選手

7番(左)栗山巧選手

8番(補)炭谷銀仁朗選手

9番(一)山川穂高選手

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

 

1番(遊)金子侑司選手

昨シーズン53個の盗塁で盗塁王に輝きました。

昨シーズンは9番を打つ事が多かったですが、今季は1番打者として、切り込み隊長の役割を担います。

今年は打席数が昨年よりかなり増えるので盗塁数も60以上期待できます。

2番(中)秋山翔吾選手

究極のクラッチヒッターです。足も速く、長打も打て、小細工も出来きます。

相手投手は簡単に打ち取れるバッターではありません。守備範囲も広いです。

上手く噛み合えばトリプルスリーも狙えると思います。1番なら狙えますが、2番だと難しくなります。

3番(二)浅村栄斗選手

昨年は309・24本・82打点と好結果を残しました。長打力があるのは大きな魅力です。

それにアベレージもついてきたので、今年は更なる高みを目指します。

4番(D)メヒア選手

ホームラン35本・103打点は立派な数字ですが、打率は252と奮いませんでしたそれでも103打点と打点は稼いでいますから、チームに貢献はしています。

今年はもう少し打率をあげたいところ。280くらいあると良いです。

5番(三)中村剛也選手

本来なら西武不動の4番打者。豪快なアーチを放ってきました。昨シーズンは不振に陥り、2軍落ちも経験。

何とか21本のホームランは放ちましたが、打率は238と奮いませんでした。今季は打棒爆発に期待です。

6番(右)森友哉選手

オープン戦での怪我がどれだけ長引くかが気になります。

怪我さえなければ、文句なく6番でホームランを今年は量産をしてくれるはずです。

今シーズンは飛躍の年になりそうですが、如何せん怪我の回復具合が気になります。

7番(左)栗山巧選手

昨シーズンは思った様な打率を残せませんでした。栗山選手の打撃が出来れば、楽々3割に乗ります。

クラッチヒッターです。右に左に打ち分けるのが本来のスタイルです。今年は昨シーズンの悔しさを晴らすと思います。

8番(補)炭谷銀仁朗選手

リード面では西武捕手陣の中ではずば抜けた能力を持っています。その分打撃はイマイチです。

打撃も以前はもう少し良かったのですが、近年は奮いません。しかし、チーム1の強肩は誰にも負けてはいません。

9番(一)山川穂高選手

昨シーズンは49試合の出場で14本塁打。パンチ力があるところを存分に見せつけました。3試合に1本ペースです。

259と打率が少し物足りないですが、急造野手としては十分合格点です。今季はもっと良い打撃が期待されます。

 

スポンサードリンク

2017年 埼玉西武ライオンズ 開幕投手予想

開幕投手予想:菊池雄星投手(内定済

岸投手がFAで楽天に移籍した事によって、昨シーズン12勝を挙げた菊池雄星投手が開幕投手の大役を務める事になりました。

年々成績が上がってきており、不安な面は特にありません。今年は首脳陣の大きな期待に応えそうです。

 

2017年 埼玉西武ライオンズ 先発ローテーション予想

菊池雄星投手

左腕で最速150キロ以上が常時でますから、相手打者からしたらかなり打ちにくい投手です。

左打者は更に打ちにくいです。インコースに1球投げられたら腰が引けて外のスライダーにバットは空を切ります。

多和田真三郎選手

昨シーズンはルーキーイヤーで7勝。負けが5敗ですから勝ち星を先行させた点は評価できます。

しかし防護率が、4.38は不満の残る数字です。ここは改善して欲しいです。

ブライアン・ウルフ投手

シーズン途中から西武の一員に。4連勝としっかり結果を残しました。

元ソフトバンクに在籍していたので、適応力が高かったのもありますが、今シーズンに大きな期待がかかる活躍でした。

今季は開幕から飛ばします。

十亀剣投手

昨シーズンはまともな投球が殆ど出来ず、4勝6敗。防御率も6.31と全く良いところがありませんでした。

今シーズンは巻き返しの年です。ここからしっかりと結果を残したいです。

高橋光成投手

昨シーズンは不本意の一言に尽きます。4勝11敗は納得出来ません。

今シーズンは勝ち星が逆転するような活躍が期待されます。本人も巻き返しに燃えています。

 

まとめ

埼玉西武ライオンズのスタメン予想、先発ローテーション予想をしてまいりましたが、やはり岸孝之選手というエースの存在をなくしたことが大きな痛手となってしまったかと思います。

しかし、菊池雄星選手やブライアン・ウルフ選手など、先発として十分な実力を備えた選手がいることも事実です。

ここに新外国人選手がうまくかみ合い、失点を減らすことができれば2017年の飛躍も期待できることでしょう。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。