春がやってきました!暖かくなるといろいろな計画を立てたくなりますね。

でもさすがに海水浴まではまだまだ。夏まで待てない!海に行きたい!という方におすすめなのが「潮干狩り」です。

この季節ならではの「潮干狩り」。探して見つかった時の嬉しさはなんともいえないものです。ぜひトライしてみてください!

というわけで今回は神奈川県で潮干狩りができる有料&無料スポットを紹介したいと思います。

それでは最後までご覧ください。

スポンサードリンク

神奈川県の潮干狩り時期カレンダー

潮干狩りができる時期

まずは各場所の潮干狩りができる時期を見てみましょう。

  • 海の公園(横浜):2017年3月中旬~6月
  • 走水公園(横須賀):2017年4月13日(木)~7月25日(火)
  • 東扇島東公園:通年
  • 野島公園:2017年3月~6月

無料のところが多く、通年採れると言われたりもしますが、神奈川県内での潮干狩り時期は3月末~6月が一般的でしょう。それ以降になると気温もグッと上がりアサリの状態があまりよくないようです。

そしてやはり、GWは特に潮干狩りのベストシーズン!混雑は避けられないかと思います。

混雑することも考えるとお早めの計画をおすすめします!

そして混雑時期・時間をずらしたい方は、早めの行動や日をずらすなど調整できそうなら検討してみるのもいいかと思います。

また潮干狩りに適した日については下の潮見表カレンダーに記載があります。潮干狩りの日程を決める際の参考にしてくださいね。

ちなみに潮見表によりますと、GW期間の中で潮干狩りに最適とされている日が下の日程となっております。

  • 4月29日(土)
  • 4月30日(日)
  • 5月1日(月)
  • 5月2日(火)

たくさんアサリをゲットしたい!!という方は是非ともこの日程を狙ってみてください。ただ、やはり混雑時期は避けたいという方はこの4日間は避けることをおススメ致します。

神奈川県の潮見表カレンダーはこちらから

 

神奈川県の潮干狩りおすすめスポット3選

走水海岸

 

住所:神奈川県横須賀市走水1

三浦半島にある湧き水が名水として有名な潮干狩りスポット。なんだか採れるアサリもおいしそう!

ここでは自然繁殖の貝が採れますが、シーズンも中頃になりアサリが少なってきたら補充してくれているとのこと。しかも撒かれるのは国産のアサリだそうです。確実に収穫したい人におすすめです。

こちらは大潮の日などから営業日が完全に決まっているので、ご確認のうえ計画を立ててくださいね。営業時間も干潮時刻の2時間前からと決まっています。でも混雑する駐車のことを考えるともう少し早め到着を目指しましょう。

  • 料金: 大人(中学生以上)1200円(2kg)、子ども600円(1kg)
  • 時期:4月13日(木)~7月25日(火)
  • 駐車場: 150台

海の公園

住所:神奈川県横浜市金沢区海の公園10

神奈川県内で潮干狩りをお伝えするなら外せない場所。知名度人気度ともにナンバー1といえるスポットをご紹介します。

ここでは無料で、自然繁殖している貝を自由に採ることができます。

ただしそれだけに大混雑の恐れは十分にあるといえるでしょう。

それでもここは電車で行きやすい場所です。車で行くとしても、最寄り駅チカの駐車場に停めて数区間だけ電車に乗るなどの対策も混雑を避けるには有効ですね。

穴場でたくさんの収穫を狙う!というよりは、みんなでワイワイ季節のイベントを楽しむ感覚で行く場所かもしれません。

  • 料金:無料、天然につき期間なし(3~6月中旬がおすすめ)
  • 駐車場:1688台

野島公園

住所:神奈川県横浜市金沢区野島町24

ここは周りが次々と埋め立てになっていく中で残った、この辺りでは数少ない自然干潟。「東京湾で唯一自然と触れ合える島」と言われている場所です。

それだけに整備されているというよりは砂浜そのままの姿の中で自然遊びを楽しむといったところですね。

それでも水道やトイレなど必要なものは完備されているので安心です。

こちらも無料になりますが、おとなりの「海の公園」ほどの知名度はないため、神奈川県内では穴場とまでは言えなくてもまだ混雑しにくいうちでしょう。

それでもGWなどの時期は早め出発や電車で行くなどの対策は必要です。

  • 料金:無料、天然につき期間なし
  • 駐車場:第一第二合わせて156台

まとめ

  • 無料ではないけれど・・・名水として有名な場所で確実に採れるスポット
  • 整備されて無料で行きやすい立地・・・混雑必至!?でも初心者にも行きやすいスポット
  • 数少ない自然干潟であそぶ穴場!?まだ知名度としては低めのスポット

いかがでしたか?以上3つのスポットを今回は紹介しました。

どの場所もGWと大潮が重なった日などは混雑する傾向にあるようです。

ただ他にもカニを探したり、バーベキューができたり遊ぶには困らないところばかり。

季節のいいこの時期、家族やお友達との思い出作りにぴったりの潮干狩りを楽しんでみませんか?

そして行ってみよう!となったなら、また来年やその先もみんなで潮干狩りが楽しめるように、「小さなアサリは持ち帰らない」「一人でたくさん持ち帰らない」などのご協力をお願いしています。

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。