近年知名度・人気共に上昇中の飲む日焼け止めサプリです。

皮膚科や医療機関でも良く使用されているサプリメントなのですが、実際のところ日焼け止めの効果はあるのでしょうか。

これからの季節、日焼け対策はかなり重要となってきます。

しかし、副作用安全性についても知らないと、安心して使用できませんよね。

今回は飲む日焼け止めについて詳しく紹介したいと思います。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めの効果とは?

これまで日焼け止めと言えば、肌に直接塗るタイプの日焼け止めがメジャーでしたよね。

しかし、飲むタイプの日焼け止めの場合、体の中から紫外線対策を行いことができるのです。

ちなみに塗るタイプの日焼け止めは、紫外線吸収剤というものが含まれている場合が多く、肌に直接紫外線が当たらないように、直前で吸収することで、日焼け止めの役割を果たしいていました。

【海外製】ヘリオケアの場合

どういった仕組みで日焼け対策が行われるのかというと、まず体が紫外線に浴びると体内ではフリーラジカルというものが発生してしまいます。

そのフリーラジカルというものが体の中の細胞を傷つける原因となってしまうのです。

また、フリーラジカルが体内で大量に発生してしまうと、肌のバリア機能を低下させてしまうため、肌にシワやシミ、肌荒れが発生してしまうのです。

しかし飲む日焼け止めの代表的な海外製のヘリオケアというものには、フェーンブロックという成分が主成分となっているため、このフェーンブロックが体内のフリーラジカルを破壊して、細胞の破壊やシワ・シミを防いでくれます。

このフェーンブロックは特許成分となっています。

【国内製】ニュートロックスサンの場合

国内製の飲む日焼け止めの数々には、ニュートロックスサンという成分が含まれています。

フェーンブロックは特許成分なのでしようすることができないのですね。

この成分は、活性化酸素をコントロールし、肌本来の力を引き出すことで、紫外線による肌の炎症を抑えてくれます。

また、紫外線により体内で作られるビタミンDの生成を抑制しません

塗る日焼け止めの場合は、ビタミンDの生成が阻害されてしまいます。

以上、海外製の飲む日焼け止めも国内製の飲む日焼け止めも、紫外線を浴びることによって、発生するものを取り除いたり、炎症鎮めたり、従来の塗る日焼け止めとは全く異なる効果によって、肌を守ってくれるのですね。

塗るより飲んだほうが効果的?

塗る日焼け止めのデメリット

効果的に、どちらも日焼け止めの役割を果たすことは確かです。

しかし、塗るタイプの場合は紫外線吸収剤がムラなく全体に塗れていないと、塗り残してしまった部分が日焼けしてしまいます。

また、汗や水で落ちてしまうと、日焼け止めの意味が無くなってしまいます。

塗り忘れたまま外出してしまった日には絶望的ですね。

塗るタイプの日焼け止めの持続効果というものも、商品ごとにあり、塗リ直ししなければいけません。

忙しい方にとっても面倒に感じてしまいますよね。

飲む日焼け止めのメリット

飲むタイプの場合、汗や水を気にせず紫外線対策することができますし、塗り残してしまって日焼けしてしまうという事もありません。全体的にしっかりと日焼けを防ぐことができます。

塗り忘れてしまった場合もサッと外出先で飲めば、問題ありません。

忙しい人も手軽に紫外線対策ができますね。

更に、肌が敏感な方や肌荒れを起こしやすい方の場合、肌へ直接日焼け止めを塗ると、肌荒れの原因となってしまう場合もありますよね。

飲むタイプのものであれば、肌に負担がかかりません。

肌に良い成分も含まれているサプリメントで、肌荒れ対策にもなります。

スポンサードリンク

飲む日焼け止めの副作用や安全性

国内製の飲む日焼け止めはなんとなく安心して飲めるという方も多いのではないでしょうか。

一方、海外製のヘリオケアには不安を感じませんか?

副作用などはあるのでしょうか。

ヘリオケアの主成分

ヘリオケアは見た目の色合いが良いとは言い難く、体に悪そうな感じもします。

しかし、ヘリオケアは先ほども紹介したように、主成分はフェーンブロックというものです。

このフェーンブロックというものはシダ植物の一種から中執した成分であるため、植物由来で安全安心の成分なのです。

また、他に含まれている成分もビタミンなので、一般的に野菜や果物に含まれている成分と同じものです。

ですのでとてもシンプルで安心ということが言えます。

またビタミンCにより、シワやシミを防ぐばかりではなく、美肌・美白効果も期待できる嬉しい特典つきです!

その為、ヘリオケアは「薬」ではなく「サプリメント」として販売されているのですね。

ヘリオケアの副作用について

海外では子供の日焼け止めも深刻化しているため、子供も飲むタイプの日焼け止めを使用しています。

しかし、今のところ服用して事で副作用が引き起こったという報告はありません

ただし、注意しなければいけないのが妊娠中の方と授乳中の方です。

使用が推奨されていないので避けたほうが良いでしょう。

飲むときのポイント

海外製飲む日焼け止めサプリメント、ヘンリケアの飲み方としては、効果が30分後から発揮されます。

そのため、外出する30分前に服用すると良いです。

ちなみに服用する際は1カプセルでOKです。

また、効果継続時間は、4時間~5時間程度となります。

そのため、朝から晩まで外出するという場合は、1カプセル常備しておき、途中で服用すると良いですね。

より高い効果を得るために

飲む日焼け止めだけではなく、塗るタイプの日焼け止めと併用して使うことで、よりしっかりと紫外線対策ができます。

肌が敏感で塗れないなどといった場合には、無理に塗る必要はありませんが、両方使うとより良いのですね。

飲む日焼け止めを使用していれば、塗るタイプの日焼け止めは肌に優しく成分の弱いものを選ぶことができるので、あまり肌にストレスもかからないでしょう。

まとめ

  • 飲む日焼け止めは体の中から日焼け止めの効果を発揮する。
  • 海外製の場合はフリーラジカル、国内製の場合はフェーンブロックというものが飲む日焼け止めの主成分
  • 主成分は植物由来の成分であるため体に優しい
  • その他成分はビタミンであり、体に害は一切なく安心して服用できる。
  • 外出30分前に服用すると効果あり。1粒で4時間から5時間効果が持続する。
  • 塗るタイプと飲むタイプを併用することで、よりしっかりと日焼け対策ができる。