暑い夏がやってきましたが、皆様夏休みはどのようなご予定でしょうか。

きっと避暑地に行ったりお盆をゆっくりしたりなど、いろいろとご予定があるかと思います。

ただ、やはり夏といえばお祭りではないでしょうか。

そこでこちらでは、夏祭りの有名どころであり、「日本三大阿波踊り」として有名な「徳島阿波踊り」2017年情報をお届けいたします。

屋台情報もご紹介しますため、ぜひお祭りを楽しく満喫していただければ幸いです。

それでは最後までご覧ください。

スポンサードリンク

徳島阿波踊りとは?

毎年8月12日~15日に開催される徳島阿波踊り。

「踊る阿呆に見る阿呆。同じ阿呆なら踊らなにゃそんそん。」この独特なフレーズとともに男踊りはダイナミックでありながら少しひょうきんに、女踊りは優雅に踊ります。

その熱気は言わずもがな。毎年日本各地から大勢の観光客が訪れる四国の夏のビッグイベントです。

2017年の開催日程はいつ?

<2017年 開催日程>

8月12日(土)~15日(火)

<開催時間>

18:00~22:30。

また前夜祭として特別ステージが8月11日あわぎんホール(徳島県郷土文化会館)にて開催されます。

有名連が繰り広げる照明音響などにこだわりショーアップされた舞台は、お祭りの雰囲気とはまた違って人気のイベントです。

チケット購入方法について

各演舞場での座席や前夜祭での座席を押さえておきたいなら、「阿波踊りチケットセンター」という公式サイトを通して購入することができます。公式サイトを立ち上げるところからも阿波踊りが大人気であると伝わってきますね!

またそのほか、「チケットぴあ」「ローソンチケット」「イープラス」でもチケット購入可能です。

全てチケット売り出しは7月1日10時から全国一斉販売となっています。

当日券としては末席のC席のみが販売されます。実際会場に訪れてみて「もっとしっかり観たかった~!」なんてことにならないよう、事前にしっかりチケット購入しておくことを検討してみてはいかがでしょうか。

なおチケットは3歳以上が有料です。(3歳未満ひざ上での観覧のみ無料)

阿波踊りチケットセンター

https://awaodori-kaikan.tstar.jp/

芸能人も徳島阿波踊りに登場!

徳島阿波踊りでは、毎年芸能人の出演もされる「選抜阿波踊り大会」というものがあります。

徳島阿波踊りに行く際はぜひとも芸能人に会っておきたいですね。

ちなみにチケットは有料ですので、上のチケットセンターのリンクからチケット購入しておきましょう。

それでは下に、芸能人の出演する阿波踊りステージについてご紹介していきます。

選抜阿波踊り大会の日程

8月11日 前夜祭(アスティとくしま)

第一部11:00 第二部15:00 第三部19:00

8月12~15日(徳島市立文化センター)

第一部13:30分 第二部16:00

2017年 参加予定の芸能人は誰?

徳島阿波踊り2017年の参加予定芸能人はまだ確定しておりません。

また分かり次第情報更新してまいりますため、もう少々お待ちください。

下は2016年の参加された芸能人の方々となります。

全日芸能人が入れ替わりで参加されるというのは嬉しいですね。

8月12日

  • 森脇健児(サンスター連)
  • サントリー・サンバーズ(サントリー・ザ・プレミアム連)
  • 林家三平(サントリー・ザ・プレミアム連)
  • 岩本勉(日本ハム連)
  • 三遊亭若圓歌(ジブラルタ生命保険連)
  • KONISHIKI(大鵬薬品チオビタ連)
  • 白石みき(日立化成ポリマー連)
  • ひかる一平、真島茂樹、マッハ文珠、そらなさゆり(平成連)
  • 島崎和歌子(四銀連)

8月13日

  • 東野祐美(アサヒビール連)
  • スギちゃん(キョーエイ連)

8月14日

  • 雛形あきこ(日清どん兵衛連)
  • 小島よしお(日清どん兵衛連)
  • オール阪神・巨人(日本フルハップ連)
  • 女と男(日本フルハップ連)

8月15日

  • 野々村真(日立連)
  • 武田修宏(富士通連)
  • 笛木優子(富士通システムズ・ウエスト連)
  • タージン(森永カルダスチビッコ連)

結構有名な人も出演しておりますね。

芸能人出演の詳細情報は「徳島阿波踊り」公式サイトからチェックすると早く情報入手できます。

適宜ご覧になっていただければ幸いです。

スポンサードリンク

徳島阿波踊りを楽しもう!

ずばり阿波踊りの見方は!?

阿波踊りを見る方法はいくつかあります。

それぞれ全然違う楽しみ方です。お好みのものを事前に考えておくと計画を立てやすいですね。

演舞場にて鑑賞

阿波踊りは市内6か所に設けられた演舞場で見ることが出来ます。

有料演舞場の桟敷席に座って観覧すると、お祭りの熱気を感じながらもゆったりと観覧することが出来ますよ。

演舞場それぞれで、プログラムによって決められた有名連がパフォーマンスします。

みごたえ十分な踊りを間近で見ることが出来ます。

おどり広場にて鑑賞

公園内のステージに連が次々とやってきて踊りを披露。

同じ目線のすぐそこで繰り広げられるパフォーマンスに圧倒されること間違いなしです。

おどりロードにて鑑賞

踊り子たちが突然即興で輪を作り踊り始める・・・。

いかに阿波踊りが地元の人に根付いているのかがよくわかります。

ここでは観客が飛び入り参加できるかも。

両国橋南詰めおどりロードが有名です。

阿波踊りは誰でも踊れる!?

華やかで熱気溢れる踊りを見るだけでも十分に楽しいのですが・・・見ていたらなんだか踊りたくなる・・・。

なんてことになったときに「にわか連」という参加方法で踊りに加わることができるのです!

期間中すべての日程で指定時間に指定場所へ行くだけで無料で参加できちゃう気軽さも嬉しいですね。

会期中一日2回、アスティおどり広場にてこちらも無料で阿波踊りのレッスンが受けられるのでぜひ少し練習してから参加してみてください!

  • 1回目レッスン時間:11:00~
  • 2回目レッスン時間:14:00~

しかもにわか連用の法被のレンタルもあります。

恰好で一気にテンションって上がるもの。

もし興味あるならお早めに。法被の枚数だけ限りがあります。

<集合場所>

  • 徳島市役所市民広場
  • 元町おどり広場

<集合時間>

  • 18:30
  • 20:30

<法被貸し出し場所>

  • 徳島市役所市民広場
  • 阿波踊り総合案内所
  • 元町阿波おどり広場

スポンサードリンク

交通規制が入るのはどの区域?駐車場はある?

期間中18:00~23:00の時間帯は交通規制がかかります。

交通規制の地域内に県営や市営の駐車場がいくつかありますが、入庫すると出庫が23:00まで出来なくなる駐車場もあるのでご注意ください。

市営駐車場のほかには徳島県庁駐車場(県外ナンバーのみ)、市立小学校の運動場なども利用できます。

また交通規制がかかる近くの駐車場ではなく、一回り離れた市営の駐車場に停めてシャトルバスで現地入りするという方法もおすすめです。

下に交通規制情報をご紹介しますため、ご参考にしてください。

近隣のオススメホテル宿泊でもっと楽しもう!!

おもいきってホテル宿泊するメリットってたくさん!

阿波踊りは22:30まで続くので、そのまま宿泊するのもおすすめです。

興奮冷めやらぬ疲れをぶら下げて帰るより、思い切って1泊。徳島旅行を満喫してから帰路に就くとよりいっそう阿波踊りを堪能した気分になるのではないでしょうか。

徳島駅周辺で開催される阿波踊り。泊まるところは数多くありますよ。

おすすめホテル宿泊3選

まとめ

  • 徳島阿波踊り2017年の開催日程は8月12日(土)~15日(火)
  • チケット購入で事前に座席を押さえておくとより阿波踊りを身近に楽しむことができる!
  • 阿波踊りは「演舞場」「おどり広場」「おどりロード」で観覧。事前にチケットが必要なのは有料演舞場。
  • ホテル宿泊もおすすめ!会場は駅チカなのでホテルはたくさん!

についてまとめました。

いかがでしたか?

たくさんの人の熱気が溢れ、楽し気に踊る様子に心湧きたつ阿波踊り。

見ているときっと踊りたくなる・・・。そんな気持ちになってきますよ。

一度は本場徳島で阿波踊りを見てみませんか?そして思い切って踊ってみませんか?