清水富美加さんの芸能界引退騒動に世間が驚きの渦に巻き込まれております。。。2月12日時点では既に清水富美加さんは幸福の科学での出家をし、法名「千眼美子」を与えられたとの情報もあります。

2月12日の幸福の科学からの会見では、「予定されていた映画等の仕事については、全うできない。体調回復後は、宗教家としての活動に移ることになる。」というコメントがありました。一応芸能界引退という形ではなく一時休止し、その後は幸福の科学の宗教的な映画等に出演するようです。

そうはいっても…ほとんど引退のようなもののような気がしますが(;´・ω・)

今後は事務所との契約は解除し、幸福の科学側の事務所に所属して今後は活動をしていくことになるそうです。そうなると、現在撮影済、公開をただ待つばかりの作品たちはいったいどうなってしまうのか…

個人的には気になっていた『東京喰種 トーキョーグール』実写化映画がちゃんと公開されるのか気になるんですが…ここのところはどうなのでしょう。

そこでこちらでは、『東京喰種 トーキョーグール』の映画公開中止、お蔵入りの可能性や、清水富美加さんの代役を立てての再撮影となるのか、その辺を考察してまいります。

それでは最後までご覧ください。

スポンサードリンク

『東京喰種 トーキョーグール』映画公開中止?

清水富美加の引退の原因が『東京喰種 トーキョーグール』か

『東京喰種 トーキョーグール』という作品で一番のポイントとなるのが「喰種=人を食べる種族」です。この作品は、主人公の金木研は、元人間からある出来事をきっかけに「喰種」になってしまいます。そんな元人間が、人間を食べるという葛藤も見どころの一つです。

ただ、清水富美加さんとしては、その設定が余計にきつかったようですね。

実際、幸福の科学からの会見からも下のようなコメントがありました。

しかし、最近は、人肉を食べる人種の役柄など、良心や思想信条にかなわない仕事が増え、断ると所属事務所から干されてしまう恐怖心との葛藤のなかに置かれていました。

仕事を選択する自由も無い、一種の”苦役”(憲法で禁じられています)ともいえる就労環境のなかで、ついには心身の不調をきたすまでになりました。

この2月には、医師による診断の結果、休養が必要となり、現在は芸能活動を中断しています。

清水富美加さんにとってこの『東京喰種 トーキョーグール』という作品の出演をすること自体、嫌々出演していたようにこのコメントからは見て取れます。

このコメントを真に受けると、「事務所がムリヤリ仕事を振ってきた。断ることができなかった。」というように受け取れますね(;´・ω・)実際はどうなのか分かりませんが。。。

どちらにしても、清水富美加さんにとってこの仕事自体、一種の苦行であったことは間違いなさそうですね。

『東京喰種 トーキョーグール』関係者は調整中

清水富美加さんの引退による影響、映画を公開するかなどの調整事を現在、関係者側で確認中のようですね。

次々と清水富美加さんの引退による影響がニュースで飛び出しており、まだ収拾がつかない状態のようです。『東京喰種 トーキョーグール』関係者もそれは例外ではなく、現在どのような対処を取るか検討をしているとのことです。

いったいどのような結末を迎えてしまうのか…私としては是非とも『東京喰種 トーキョーグール』の公開にまではこぎつけてほしい(;´・ω・)

関係者の皆様、上手く折り合いをつけて映画公開に結び付けてくれることを期待しております。

ちなみに『東京喰種 トーキョーグール』実写化映画の公式サイトでは、随時今回の騒動に伴う状況報告をしてくれるようです。

是非とも随時こちらの公式サイトはチェックしておきましょうね。

『東京喰種 トーキョーグール』実写化映画公式サイトはこちら

 

スポンサードリンク

『東京喰種 トーキョーグール』映画公開中止・延期の可能性

私としては『東京喰種 トーキョーグール』映画公開してほしいところですが、現在の状況からしてどのような結果になってしまってもおかしくないのかな?というのが個人的な見解です。

どのような結末になる可能性があるのか…そして『東京喰種 トーキョーグール』が中止お蔵入りとなってしまわないか…新しい情報があるまでは何とも言えないですが、ここで私の考察をまとめてみたいと思います。

まず、結末として可能性としては下のパターンがあり得そうですね。

  • 映画公開中止
  • キャストを変更・再撮影しなおして映画公開(公開日は延期?)
  • 現在の作品をそのまま映画公開

それぞれの場合、どのような状況になるのかいったん整理をしてみたいと思います。

 

映画公開中止・お蔵入りの場合

清水富美加への損害賠償請求

  • 映画が公開できなかったことへの機会損失
  • これまでの広告費の請求

映画公開中止・お蔵入りになった場合は上の2つのような損失・損害賠償請求があるのではないかな?と思います。

これだけでも数億行きそうでとっても怖い…ただ、清水富美加さんとしては「嫌々仕事をさせられていたため、こっちに非はない!」という主張をするはずです。そうして意見の対立、裁判となっていくのでしょうね。

 

代役を立てることが難しい?

『東京喰種 トーキョーグール』のトーカ役は、原作者である石井スイさん自らオファーを掛けたくらいお気に入りの役者であったようです。

そのため今回清水富美加さん以外で代役を立てるとなると、石井スイさんの気持ち的にもどんよりしてしまうかもしれません。

また、「清水富美加さんの代役」=マイナスイメージついて回る可能性が少なからずあります。そして原作を忠実に再現できなければなお一層バッシングの嵐に見舞われてしまう代役という立ち位置…そんな役を進んでやりたい!という方は出てこないのかな?と勝手に想像しております。

あまり売れていない俳優さんなら、逆に名前を売り込むチャンスなのかもしれませんけどね🎵

 

再撮影するにもキャストが集まらない

再撮影するとなった場合、下にいるキャスト陣を再び集め、再撮影する必要があります。そのキャスト陣も豪華なんですよね。。。

  • 窪田正孝さん(金木研)
  • 蒼井優さん(神代利世)
  • 鈴木伸之さん(亜門鋼太朗)
  • 大泉洋さん(真戸呉緒)

このような豪華なキャスト陣の日程調整をし、再撮影するだけの体力が残っているのか…金銭的にもキャストのモチベーション的にも厳しいところがありそうです(;´・ω・)

 

代役を立てて再撮影・映画公開延期

清水富美加への損害賠償請求

  • これまでの広告費の損害賠償請求
  • 再撮影するにあたってかかる追加費用

代役を立てた場合も清水富美加さんへは損害賠償請求が降ってくることでしょう。。。

この場合も裁判へと進んでいくのでしょうね。

 

再撮影の日程調整で映画公開延期は避けられない

再撮影する場合、下のような流れとなるかと思います。

  • 代役となるキャストの選定
  • 他キャスト陣の日程調整
  • 映画の再撮影
  • 映画編集 & 宣伝・広告

最初の2つが時間がかかるのは避けられないでしょうね。また映画公開日は2017年7月となります。既に2月も半ばとなりますので、もう5カ月もないことになります。

そうなると、映画公開予定日は軽く超えてしまうことでしょうね。それでも、しっかりとした作品を作り上げてくださるのならば私は延期しても構いません(`・ω・´)✨

いくら延期しても良いので、製作陣・そして原作者の納得のいく作品になるまで再撮影を頑張ってくれればこのパターンもありなのではないでしょうか。

 

現在の作品をそのまま使用し、映画公開

「清水富美加」という名前はそのまま使う?

まず問題となるのは、「清水富美加」という名前を使用するのか、それとも法名「千眼美子」の名前を使うのか…

個人的にはどっちでもよい問題ですが、ちょっとした話題にはなるかもしれませんね。

 

試写会・舞台挨拶はヒロイン不参加となる

舞台挨拶を大々的に行おうにも、ヒロインであるトーカ役が不参加となれば毎回「清水富美加」影響がついて回ってしまうことになります。なんとなく微妙な空気となることは避けられないでしょうね(;´・ω・)

それに清水富美加さんに対する負の印象がそのまま『東京喰種 トーキョーグール』という作品の評価にまでつながりそうな気がします。せっかく素晴らしい作品に仕上げたとしても、一種の風評被害のようなもので『東京喰種 トーキョーグール』を見に来る人が減る・また低評価が下されてしまう危険もありそうですね。

 

筆者の考察

再撮影の可能性は低い

以上のことから考えると、まず「再撮影をして映画公開日を延長する」ということはなさそうですね。

なぜなら、あの豪華キャストを再び集めなければならないということです。もし一人でも「俺・私は参加しない」と一言いえば、キャストが集まらない状況下に陥ってしまいます。また全員が前向きだったとしても、皆さんのスケジュールは多忙を極めております。そんな方々のスケジュール調整は容易ではないでしょう。

また映画公開日延長・そしてキャストを再び呼び寄せるためのお金もどこから工面するのか、そして採算がとれるのかもはなはだ疑問です(;´・ω・)

そのため「再撮影をして映画公開日を延長する」パターンはないですねきっと。

映画公開中止/公開のいずれかではないか

映画公開を中止・お蔵入りにする」とした場合、清水富美加さんとの賠償金問題の発生が出てきます…

一方、「現状のまま映画公開を執り行う」とした場合、清水富美加さんが嫌々出演している映画を公開することへの世間からの白い目、そして「幸福の科学」から「本人の精神的苦痛を助長するようなことはするな」というような訴求がある可能性もあります…

個人的には映画公開してほしいところですが、こうして並べてみると「映画公開を中止・お蔵入りにする」方が波風が立たない最良の選択なのかなとも見えてきますね(;´・ω・)

ただ、やっぱり映画公開してほしい!!!

その辺は『東京喰種 トーキョーグール』関係者の力にかかっているかと思います。うまく調整を図り、映画公開へとこぎつけてくれることを期待しております(`・ω・´)✨

 

まとめ

  • 清水富美加の引退原因は『東京喰種 トーキョーグールの撮影か
  • トーカ役の代役を立てた再撮影は難しいのではないか
  • 映画公開をする場合も清水富美加・幸福の科学との交渉は避けられないか

清水富美加さんが大ブレイクしたことにより、まさかこんな弊害が生まれてしまったとは…誰も予想がつきませんでしたよね。

いったいどのような結末を迎えてしまうのか…こちらでも最新情報は随時更新するようにしますため、適宜チェックしに来てくだされば幸いです。

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。