現在はWBC 2017で盛り上がっているところですが、日本プロ野球界も徐々に熱を帯び始めております。

3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

東京ヤクルトスワローズは2015年に見事なセリーグ優勝を果たしました。しかしなんと2016年には5位という残念な結果となり、ヤクルトファンは信じられない現実であったことでしょう。

その原因となったのがチーム防御率ワースト14.73という数字をマークしてしまったことです。

そんな2016年を払拭すべく、東京ヤクルトスワローズは2017年にしっかりと投手陣を中心に調整をしてきているはずです。

是非とも2015年の時の勢いを取り戻し、セリーグ優勝を果たしてほしいですね。

こちらではそんな東京ヤクルトスワローズの開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサードリンク

東京ヤクルトスワローズ 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の東京ヤクルトスワローズにおいて、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 石川雅規 選手
  • 2013年 ⇒ 館山昌平 選手
  • 2014年 ⇒ 小川泰弘 選手
  • 2015年 ⇒ 小川泰弘 選手
  • 2016年 ⇒ 小川泰弘 選手

ヤクルトスワローズはは歴代3年連続で小川泰弘投手が開幕投手を務めておりますね。

 ルーキーイヤーの2013年には16勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得した事もあり、ヤクルトスワローズとしては信頼のおける選手へとどんどん成長をしているということなのでしょう。

ただ、2016年シーズンは負けが先行してしまいました。

2年ぶりのリーグ優勝を決めるため、小川泰弘投手が復活を遂げて帰ってくるのか。

そして4度目の開幕投手となるのか、要注目したいですね。

2016年 東京ヤクルトスワローズ スタメン情報

2016年 東京ヤクルトスワローズ 開幕戦スタメン

  1. (中)上田剛史
  2. (三)川端慎吾
  3. (二)山田哲人
  4. (一)畠山和洋
  5. (右)雄平
  6. (左)坂口智隆
  7. (補)中村悠平
  8. (遊)大引啓次
  9. (投)小川

2016年の開幕スタメンは上のメンバーにて構成されておりました。

ちなみに打撃陣については2015年からそこまでオーダーが変わっておらず、チームとしての打撃成績も2015年と2016年を比べると差はあまりないんですよね。

そしてやはり問題となるのは、チーム防御率なんですよね。投手陣がどう強化されているかが2017年のヤクルトスワローズの勝利の分かれ目と言えます。

しかし、もちろん打撃陣もある程度の戦力強化はされているはずです。そんな2017年打撃陣もしっかりチェックしておきたいですね。

スポンサードリンク

2017年 東京ヤクルトスワローズ 開幕スタメン・開幕投手予想

東京ヤクルトスワローズ 開幕スタメン予想

1番 (中)坂口智隆選手

2番 (三)川端慎吾選手

3番(二)山田哲人選手

4番(左)バレンティン選手

5番(一) ディーン・グリーン選手

6番 (右) 雄平選手

7番(游)大引啓次選手

8番(補)中村悠平選手

9番(投) ピッチャー

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

 

1番 (中)坂口智隆選手

昨シーズンからヤクルトに加入シャープな打撃と気迫あふれるランニングが魅力の選手です。

内野安打も多い選手です。そして走力があり盗塁を仕掛けられます。

外野の守備範囲も広いので、安心してみていられる選手です。

 

2番 (三)川端慎吾選手

2015年の首位打者。昨年は怪我があり不本意なシーズンに終わりました。

典型的なクラッチヒッターです。右に左に打ち分けます。ツボにはまれば一発もあります。

サードの守備も非常に堅実です。また俊足の為、積極的に盗塁を狙います。

 

3番(二)山田哲人選手

2年連続トリプルスリーを達成しました。今まで誰も成し遂げていない金字塔です。今年は3年連続を目指します。長打力があり、ミート力も高く、俊足です。山田哲人選手レベルの選手は20年に1度の逸材です。

 

4番(左)バレンティン選手

1年間で60本を放った、典型的なホームランバッターです。

また規定打席に到達していないのにホームランキングにも輝いています。あらゆる面で規格外のバッターです。

速球にも強く、上手くインコースを使わないと抑えるのが難しいバッターです。

 

5番(一) ディーン・グリーン選手

新外国人選手として2017年から登場します。

ヤクルトの場合はある程度多めに新外国人選手を見るので、多少エンジンのかかりが遅くてもそれ程気にしなくても良いです。

しかし、余りにもチャンスで凡退するとファンは失望します。

 

6番 (右) 雄平選手

投手として入団し最速は150キロ以上出していた将来が期待された左腕も結果が出ず打者変更しました。これが大成功です。

昨年は少し不本意な結果に終わっています。もともと投手だったので肩が非常に強いです。

 

7番(游)大引啓次選手

抜群の安定感を持つ守備力は魅力です。バッターとしては小細工が非常に上手く、相手バッテリーをかく乱します。

かく乱されると普通の精神状態ではいられなくなります。相手投手がイライラして投げた失投を見逃しません。

 

8番(補)中村悠平選手

強肩が売りのキャッチャー。打撃はいぶし銀。ツーストライクに追い込まれてから粘りに粘る時もあります。

非常にしぶとい選手です。打順が投手の前なので簡単には凡退してくれません。

 

9番(投) ピッチャー

 

スポンサードリンク

2017年 東京ヤクルトスワローズ 開幕投手予想

開幕投手予想:石川雅規投手(内定済

開幕投手は石川雅規投手かライアンこと小川泰弘投手のどちらかになるという予想が多かったですね。

経験値では断然石川雅規投手です。ただ、これからのヤクルトを背負って行くという観点から見れば、小川泰弘投手です。

個人的には今後のことも考え、小川泰弘選手にしてほしかったですが…現在は石川雅規選手に内定されております。

石川雅規選手、是非とも開幕戦で見事な投球を見せ、素晴らしいスタートを切ってくれることを期待しております。

 

2017年 東京ヤクルトスワローズ 先発ローテーション予想

石川雅規投手

小さなエースが今年も躍動します。ストレートは速くありませんが、変化球の切れが良く、相手打線を手玉に取ります。

そして130キロそこそこのストレートを速く見せ、空振りを取る事が出来ます。ヤクルトのエースの座はまだ渡せません。

 

小川泰弘投手

既に最多勝のタイトルを獲得しているヤクルトの右のエース。

150キロ近いストレートと、切れ味鋭いスピリットにスライダー。そして緩急をつけるカーブを投げ相手打線をほんろうします。

 

原樹理投手

ルーキーイヤーの昨年は、プロの洗礼を浴び2勝8敗とほろ苦いプロ1年目を過ごしました。

今年は勝ち星が逆転するような活躍を期待です。原樹理投手が、ローテーションで回ればかなり楽になります。

 

デービット・ブキャナン投手

オープン戦の調子を見極めて、先発で使えるか最終決断をする事になると思いますが、現状では先発候補です。

権幕を張っているのか掴みどころのない投手です。

 

山中浩史投手

サブマリン投手です。1軍に出てきた頃は白星が先行しましたが、昨年は6勝12敗と大きく負け越してしまいました。

昨年は投手陣が崩壊したヤクルト投手陣を象徴する投手です。

 

寺島成輝投手

ドラフト1位の左腕。故障が間に合えば開幕ローテーションに加わる事ができます。

能力は1年目から1軍の舞台で活躍できる能力は十分兼ね備えています。

 

まとめ

東京ヤクルトスワローズは2016年に投手陣に課題がありました。その部分をいかに修正しているかが注目すべき点となることでしょう。

見事に投手陣、野手陣がマッチし、勝利を重ねていってくれることを期待いたしましょう。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。