4月10日に驚きのニュースが飛び込んできました。なんと浅田真央選手がとうとう現役引退を表明してしまったそうです。

これまで数々の大会、五輪出場を果たし、素晴らしい成績を修めてきました浅田真央さんでしたので、本当にさみしいですね。

日本の顔としてフィギュアスケーターの先頭を走っていた浅田真央選手、いったい現役引退の理由は何なのでしょうね。

そこでこちらでは、浅田真央選手の現役引退の理由や真相、そして記者会見日程について調査してまいりました。また今後の活動についてもまとめております。

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

浅田真央がフィギュアスケートを引退

浅田真央の引退の理由と真相

浅田真央の引退表明文

浅田真央選手の突然の現役引退表明に世間は驚きを見せておりますね。

今回、なぜ浅田真央選手は引退を表明したのでしょう。まずは浅田真央選手が現役引退を表明したブログからご覧ください。

 突然ですが、私、浅田真央は、フィギュアスケート選手として終える決断を致しました。

 今まで、長くスケートが出来たのも、たくさんの事を乗り越えてこれたのも、多くの方からの支えや応援があったからだと思います。

 ソチオリンピックシーズンの世界選手権は最高の演技と結果で終える事ができました。その時に選手生活を終えていたら、今も選手として復帰することを望んでいたかもしれません。実際に選手としてやってみなければ分からない事もたくさんありました。

 復帰してからは、自分が望む演技や結果を出す事が出来ず、悩む事が多くなりました。

 そして、去年の全日本選手権を終えた後、それまでの自分を支えてきた目標が消え、選手として続ける自分の気力もなくなりました。

 このような決断になりましたが、私のフィギュアスケート人生に悔いはありません。

 これは、自分にとって大きな決断でしたが、人生の中の1つの通過点だと思っています。この先も新たな夢や目標を見つけて、笑顔を忘れずに、前進していきたいと思っています。

 皆様、今までたくさんの応援、本当にありがとうございました。

 

浅田真央のこれまでの活躍

2006年にはNHK杯で歴代最高得点を叩き出す活躍での優勝を果たし、そして2007年世界選手権でも歴代最高得点で銀メダルを獲得をしております。

そして2008年四大陸選手権優勝。2008年世界選手権優勝をするなど、数々の素晴らしい成績を残してきました。

しかし2014年のソチオリンピックでは最終順位6位入賞という結果に終わってしまいました。それから翌年以降1年間の休養に入ったものの、2015年5月18日に再びフィギュアスケートの舞台に復帰という流れを踏んでおりましたね。

2015年シーズンでは全日本選手権・GPNHK杯にて3位の成績を修め、GP中国杯では1位の成績を修めております。しかし2016年シーズンではあまり活躍することができず、最後の全日本選手権でも12位の結果に終わり、世界選手権代表を逃してしまっております。

そうした経緯から、もう浅田真央選手は選手としての活動をするのはこれが限界か…と感じたのでしょうね。

誠に残念ですが、去年の芳しくない成績を見るとやはり引退を決意するのには十分だったのでしょう。

浅田真央の引退の真相は膝の怪我か

実は2016年には浅田真央選手は左ひざに怪我を負っておりました。そうした状況下で2016年は演技を続けていたそうです。

そうした理由もあり、2016年はしっかりとした成績を残すことができていなかったようですね。

さらに浅田真央選手が出場した最後の大会である日本選手権では、2016年度の今季初となるトリプルアクセルにも挑戦しております。しかしそれも失敗に終わっているんですね。

  • 左ひざの怪我により十分な成績を残すことができなかった
  • 自身の最大の武器であるトリプルアクセルが出来なくなった

という点が浅田真央選手の引退決意をした真相ではないでしょうか。

 

浅田真央の今後の記者会見日程

記者会見日程:4月12日

浅田真央選手の引退表明を受け、12日に都内で記者会見を開くことになっております。

引退表明をして2日後というとても早い日程となっておりますね。浅田真央選手からはいったいどのような言葉が出てくるのか、そして今後の活動についても語ってくれるかもしれません。

12日の浅田真央選手の記者会見は是非ともチェックしておきたいですね。

 

浅田真央の今後の活動

プロフィギュアスケーターとして転向

さて、フィギュアスケーターを引退した後、浅田真央選手は今後どのような活動をしていくのでしょうか。

実は浅田真央選手は今後、プロのフィギュアスケーターとして転向し、活動をしていく方針を固めているようです。

「プロフィギュアスケーターとは??」と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、なんとなく荒川静香さんのような立ち位置となり、テレビ出演も今後していくようになっていく、と想像すると分かりやすいかもしれません。

スポーツキャスターとしての活動も

ちなみに関係者からの情報によりますと、浅田真央選手の引退後、キャスターとして転向することもあり得るとのことでした。

特にテレビ朝日の『報道ステーション』にて、松岡修造と浅田真央のペアで解説者として采配をすることを想定しているようです。

もしかするとフィギュアスケートの大会以外でも、他のジャンルでも浅田真央選手が解説者として、そして選手たちへの激励をするというシーンも見られるようになるかもしれませんね。

プロフィギュアスケーターとは

プロとアマの違い

さて、今回浅田真央選手はプロフィギュアスケータ―として転向するということなのですが、いったいプロとアマの違いとは何なのでしょうかね。

そこでこちらでは、プロとアマのフィギュアスケータ―の違いについて調査をしてまいりました。

フィギュアスケートの場合、選手登録をしている人」がアマと言われるようです。

正式にはアマチュアという言い方を使わず、エリジブル=有資格者と言う言い方をするそうですね。各国の連盟に登録していて、国際スケート連盟の支配下にあり、五輪や世界選手権などの試合に出られる人のことです。

そして選手を引退すると連盟に引退届を出して、選手登録を解除します。

そうなることで「プロフィギュアスケーター」という立ち位置に置かれます。ちなみにプロフィギュアスケーターというのには、資格は特にないようですね。

 

プロフィギュアスケーターは五輪出場できない

プロフィギュアスケーターとなるには、連盟に引退届を出して、選手登録を解除する必要があります。

そして数々の大会及び、五輪出場をするには連盟に選手登録をしておく必要があります。その登録が解除されてしまうために、プロフィギュアスケーターは大会出場をするということができなくなる、というのが仕組みのようですね。

 

アマのフィギュアスケーターの活動制限

アマのフィギュアスケーターは数々の大会、そして五輪出場をする権利を得ております(実力がないといけないですが…)。

ただ、連盟に所属しているために国内外のショー出演やテレビ、CMの仕事などに制限がかかってしまいます。もし連盟の許可する活動を超えた仕事をすれば連盟から登録解除されるなんていうこともあるようですね。

浅田真央選手は今回、連盟から選手登録を解除し、プロのフィギュアスケーターとして活動をしていきます。

もし浅田真央選手がやりたい!といえばテレビ出演も自身の裁量で決定していくことが可能となります。是非とも浅田真央選手には、今後もプロフィギュアスケーターとしてテレビ出演もしていただき、沢山の選手の応援をしていっていただければと思います。

またショー出演で伸び伸びとした美しい滑りを魅せ、私たちを魅了していっていただければと思います。

 

まとめ

  • 浅田真央選手がフィギュアスケーターを現役引退
  • 今後はプロフィギュアスケーターとして活動か
  • 記者会見日程は4月12日を予定

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。