ハロウィンが近づいてくると、わくわくする方も多いのではないでしょうか?大人から子供まで楽しみにしている人も多く、

今年はどういう仮装をしようか、と迷うところです。

最近ではディズニーランドでも定番の人気イベントになっていますし、身近なところでは英語教室でも毎年仮装して集まる教室もあるようですし、表参道では恒例の歩く団体もいます。

100円ショップから、ドンキホーテ、東急ハンズやロフト~まで、コスプレの衣装も早い時期から売り出されています。

ハロウィーンは本当に日本人にとって身近なイベントとなりました。

今年はコスプレだけではなく、是非メイクを楽しんでみませんか?簡単な片栗粉などの食材だけを使った血糊の作り方や、洗濯の方法をお伝えします。

スポンサーリンク

血糊の心配事

口に含んでしまっても安全?

手作りで血糊を作る一般的な作り方の場合、材料は「水」 「片栗粉」 「食紅と緑の食紅」 を使うので、口に含んでも大丈夫です。他にも、食材で作る血糊の作り方で、「チョコレート」と「食紅」を使う、という方法もあるので、後でご紹介します。

ただし、ネットで色々な血糊の作り方を紹介していますが、ファンデーションやボンドを使う方法では危険なので、口に含まないようにして下さい。

また、ボンドで作る傷メイクなどもネットなどで紹介されていますが、肌によっては荒れたりトラブルを起こすこともありますので、まず始めに安全な血糊からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

服に付いてしまっても落ちる?

せっかく血糊を用意しても、洋服に付いてしまったら、洗濯で落ちるのかどうか不安ですよね。

でも洋服についた場合は、材料が食材であるため、たいていは洗濯落ちます。

衣類用の石鹸でこすり、洗濯機にかけるといいでしょう。

心配でしたら、その洋服にもともと糊付けをしておくというのも手ですね。

洗濯すると、洋服にもともと糊付けしておいた糊ごと落ちますので、それも一つの方法です。

買ったらいくらくらいする?

血糊を購入する場合は、今はネットやドンキホーテなどで数百円から1500円程度で買うことができます。

Amazonでも1000円程度で購入できますので、複数人で一つ購入するというのも一つの手ですね。

自分で作ったら安全そうだけど、大変そう

確かに、市販のものを買うと手っ取り早いですね。

でも、口に含んでしまっても大丈夫か、肌の弱い女性や子供の場合は、家にある材料で簡単に作れますし、安全なので是非試して下さい。

ただし、食紅だけは家にない場合がありますが、ネットや身近なところで手に入ると思います。

血糊の簡単作り方

片栗粉での作り方

材料:片栗粉、食紅(赤と緑、緑の代わりに黒でもOK)、水

  • 鍋にお湯を沸かします。量は血糊で使う目安の量です。
  • お湯に食紅の赤を入れ、その後に緑を少しずつ混ぜ、リアルな血の色に近づけていきます。
  • 水で溶いた片栗粉(麻婆豆腐で、最後にドロドロにする時の要領で)を加えて、かき混ぜます。

もし、口の周りに血糊を付けたい場合は、この中に蜂蜜を少量混ぜると甘くなります。量が多いとベタベタしますので少量にしましょう。

絵具からの作り方

血糊を作る時に、食紅が用意できなかった場合は、絵具で代わりに作ることも出来ます。

食紅は高くはありませんが、すぐ手元に用意できない場合もありますので、身近な絵具を使ってみましょう。

色は赤と緑、黒はお好みで混ぜると良いでしょう。舐めないように注意して下さい。

ケチャップからの作り方

ケチャップは匂いが気になる方もいるかもしれませんが、もともとドロドロしているので簡単に作れます。

材料は下のものがあれば作れます。

  • ケチャップ
  • 赤の食紅
  • インスタントコーヒー

ケチャップ、食紅、インスタントコーヒーの順番に入れて混ぜていきます。

洗濯で落ちる工夫 

片栗粉を使った血糊の場合でも、そのまま洗濯機という訳にはいきませんので、代洗いをします。

直接石鹸でこすり洗い流しておきます。石鹸は洗濯用石鹸がおすすめです。

洗い流した後に洗濯機にかけるといいでしょう。

心配でしたら、その洋服にもともと糊付けをしておき、洗濯すると洋服にもともと糊付けしておいた糊ごと落ちますので、それも一つの方法です。

その他、ケチャップで作った場合や油性のものを含む場合は、洗濯では落ちにくいので注意して下さい。

自分だけではなく、近くにいる人に近寄ってしまった為に、知らずに付けてしまった、ということもあり得ますので、くれぐれもご注意下さい。

まとめ

ハロウィーンのための、血糊の作り方いかがでしたでしょうか?

お子様も楽しめる為に、口に含んでも大丈夫、という「安全な血糊の作り方」をご紹介しました。

そして、その後に待っているのは「洗濯」です。

出来れば洗濯機で落ちる方法で作っておくことが大事かもしれません。

どうぞ、ハロウィーンをご家族や恋人たちとお楽しみ下さい。