満開の桜の下でお花見、といえば日本ならではの楽しみのひとつですね。

家族や仲間と美味しいお団子やお弁当を食べながら、ときにはお酒を飲みながらわいわいするのも、カップルでしっとりお花見デートも◎

また、歴史あるお城と桜の風景は日本の風情あふれる独特なものです。

今回はそんな大阪城付近の桜の情報をアップしていきます。

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

【大阪城公園】開花予想や満開見頃

例年の開花状況

だいたい一週間の前後はありますが、ここ数年では、3月中旬から下旬にかけてつぼみがほころび始め、3月下旬から5~8分咲きになり、4月上旬に8分咲き~満開を迎えることが多くなっています。

大阪では関東や東京より少し遅い開花になり、開花から5日くらいで見ごろの満開を迎えます。

2017年の開花は3月30日でした。

2018­年の:開花予想や満開見頃

日本気象協会サイトtenki,jpによると、2018年の大阪城付近の桜の開花は、平年並みの3月27日ごろ、満開は4月5日ごろと予想されています。

ちなみに満開と呼ばれるのは、8分咲きの状態のことなんですね。

日本気象協会では開花・満開予想が2月7日、21日、3月に入るとほぼ毎週水曜14時ごろに発表されています。

桜の開花は、暖かい日が続いたり雨が降ったりすると時期が早まったりと変動があるので、こまめに天気予報などで開花予想などチェックするのがよさそうです。

また大阪城公園内にはさまざまな種類の桜が植わっており、遅咲きのヤエザクラが時期をずらして満開になるので、ソメイヨシノの見頃を逃してしまってもお花見を楽しむことができます。

【大阪城公園】おすすめスポット

【西の丸庭園】ライトアップが綺麗

重要文化財に囲まれた美しい庭園で、大阪城天守閣をバックにした桜が眺められる絶景のビュースポットです。

桜の開花時期には、大阪城公園内で唯一ライトアップされた夜桜が鑑賞できる、人気お花見スポットでもあります。

暗闇に浮かび上がるライトアップされた大阪城と桜の、幻想的なコラボレーションは必見の価値ありです。

庭園内には約300本のソメイヨシノが植えられており約6.5haの敷地の半分は芝生になっていて、桜開花時期には屋台も出て、お祭り気分で楽しめそうです。

【南外堀】お花見するならココ!

城南駐車場前の外堀には、桜の木が左右に並んでいて桜のトンネルのようになります。

外堀中央付近まで来ると、芝生にシートを敷いてお花見ができるようになっていて、にぎやかに大人数でのお花見宴会に人気のスポットです。

学校や会社の仲間とのお花見宴会を予定しているなら、例年人も多く混みあいますので、早めに出かけ場所取りが必要です。

【音楽堂西側】穴場スポットはココ!

JR・大阪市営地下鉄の森ノ宮駅を降りて、大阪城音楽堂の方へ歩き長い階段を上る途中右に入ると桜並木道が続き、歩きながら桜を観ることができます。

森ノ宮駅から来ないと気付かないため、意外と穴場かもしれません

それほど人が多くないのでカップルでゆっくり桜を見ながら歩くのにぴったりです。

また、大阪城公園内には約2000本の桜の木があるので、敷物を持ってあなたのオリジナル穴場スポットを探してみるのもいいですね。

【森ノ宮駅周辺】子供が遊べる大型遊具“子供天守閣”

森ノ宮駅からすぐのところに子供が遊べる“子供天守閣”と呼ばれる大型遊具広場があります。

桜を見るだけでなく遊具で思いっきり遊べたら、元気なお子さんも満足するのではないでしょうか。

休日や午後は比較的人が多くなるので、平日の午前中など行って遊具で遊べれば子供も飽きることなくおでかけができるのでおすすめです。

たっぷり遊んでお腹が空いたら、音楽堂の方への階段をあがったところの桜並木付近で、桜を観ながらお弁当を食べることができます。

【東外堀東側】バーベキューができるのはココ!

最近は全国各地でバーベキューできる場所が少なくなってきているようです。

こちら大阪城公園内の東外堀東側にある記念樹の森などでは、あらかじめ予約をすると有料ですが、バーベキューしながらお花見をすることができます。

お花見の時期からゴールデンウィークまでの期間限定です。

こちらも平日の昼間は学生、夕方からは会社員のグループでかなりにぎわいます。

完全予約制なので、場所取りの心配はいらないですが、早い時期から予約締切が予想されるので、予定される方は早めの予約をおすすめします。

また駐車場はすぐにいっぱいになってしますため、アクセス良好な公共機関の利用がおすすめです。

  • 2018年3月24日(土)~5月6日(日) 期間限定お花見バーベキュー可

※機材の持ち込み禁止。食材の持ち込み可。50名以下なら1か月前から、50名以上は2か月前から予約ができます。

スポンサーリンク

ライトアップ場所や時間

ライトアップされた夜桜鑑賞

大阪城天守閣の西側に位置する西の丸庭園では、大阪城公園内で唯一ライトアップされた桜が見ることができます。

  • 観桜ナイター実施期間:2018年3月24日(土)~4月15日(日)
  • 場所 西の丸庭園 ※森ノ宮駅方面からは玉造口から入り天守閣の西側まで歩きます。谷町四丁目駅からは大手門から入り多聞櫓を右折しすぐ。
  • 開園時間 9:00~21:00/最終入場は20:30(ライトアップは18:00~)※期間中無休
  • 入場料 大人350円※中学生以下無料

お花見おすすめスポット

お花見スポットは南外堀

桜の下でシートを敷きお花見するのにおすすめです。

屋台情報

大阪城公園内の各所で屋台が出ますが、比較的集中しているのはこちらです。

  • 西の丸庭園 肉巻きおにぎりやからあげ、飲み物に加え、タイ料理やインドネシア料理やピザなどの屋台のほか、時間によって猿回しなどの大道芸も楽しめます。2017年出店期間 3/31(土)~4/9(日) 

その他数は多くないけれど屋台が出ると予想されるのはこちら

  • 森ノ宮駅付近 お花見の時期に開かれる植木市の屋台に混ざって飲食店の屋台も少し出ることも
  • 南外堀の東側 ベンチが空いていれば座って南外堀越しに桜を見られます
  • 南外堀(バス駐車場付近) どら焼き、たこ焼き、フルーツ屋台など
  • 南外堀(中央) たこ焼き、串焼きなどのおつまみ系のほかビールなども
  • 大阪城桜門前(宮本茶屋) 屋台ではなく売店ですが、やきそばやたこ焼き、ラーメン、ソフトクリームなどの定番屋台があります。
  • 大阪城本丸広場
  • 青屋門付近
  • 記念樹の森北側
  • 大阪城公園駅~大阪城ホール

※西の丸庭園や桜門前の売店以外はだいたい17時ごろ閉店のようです。

アクセス方法

駐車場情報(普通車)

  • 大阪城公園駅前 171台 8:00~22:00 1時間350円
  • 森ノ宮 98台 8:00~22:00 1時間350円

※以下周辺の駐車場

  • OMMビル駐車場 282台
  • タイムズOMMビル第2 81台
  • 大阪市谷町駐車場 211台
  • タイムズ大阪府庁大手前第二 46台
  • 大阪歴史博物館・NHK地下駐車場 120台
  • 法円坂第2ブロック駐車場 235台
  • GSパーク谷町4丁目 40台
  • タイムズ大阪城公園南 70台
  • TWIN21パーキング 100台
  • 松下IMPビルパーキング 60台
  • もりのみやキューズモールBASE駐車場 400台

電車でのアクセス

最寄り駅はいくつかありますが、駅によっては歩かなければならない駅もあるので注意が必要です。

  • 地下鉄谷町線「谷町四丁目駅」1-B出口、「天満橋駅」3番出口
  • 中央線「谷町4丁目駅」9番出口、「森ノ宮駅」1番出口、3-B番出口
  • 長堀鶴見緑地線「森ノ宮駅」3-B出口、「大阪ビジネスパーク駅」1番出口
  • JR大阪環状線「森ノ宮駅」、「大阪城公園駅」
  • 東西線「大阪城北詰駅」
  • 京阪電車「天満橋駅」
  • ライトアップされた大阪城と桜のコラボレーションが観られるのは、西の丸庭園
  • シートを敷いてわいわいお花見するなら南外堀がオススメ
  • ゆっくりお花見デートを満喫したいカップルにおすすめなのは音楽堂西側
  • 子供と行くならぜひ森ノ宮駅周辺にある大型遊具“子供天守閣”へ
  • バーベキューお花見を楽しみたいなら東外堀東側(記念樹の森辺り)

いかがでしたか?

今回は、“日本さくら名所100選”にも選ばれている、大阪城公園の桜について調べてみました。

今年は早めに予定を立てて、日本に昔からある風習、お花見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

長文お付き合いいただき、誠にありがとうございました。