ついに2017年のプロ野球ドラフト会議が始まりつつあります。

各球団もしたたかに活躍必至の逸材を狙っていることでしょう。

2017年は清宮幸太郎を初め、将来のスター選手と呼ばれそうな逸材が続々と上がっています。

不調だった巨人を初め、連続優勝を果たした広島、安定した強さのソフトバンクなど、多くのチームが腹の探り合いをしていると思われます。

そこで今回はドラフト1位や各球団の獲得候補を予想してみると共に、注目選手や歴代のドラフト1位についても予想してみます。

スポンサーリンク

2017年ドラフト1位指名・各球団獲得候補予想!

2017年ドラフト1位指名予想。

2017年のドラフトではどのような選手が1位に指名されるのでしょうか。

様々な候補が挙がっている中で1位指名される有力選手は以下の通りです。

選手名

所属

清宮幸太郎

早稲田実業高校

安田尚憲

履正社高校

中村奨成

広陵高校

田嶋大樹

JR東日本

東克樹

立命館大学

村上宗隆

九州学院高校

鈴木博志

ヤマハ

清水達也

花咲徳栄高校

西村天裕

NTT東日本

 

やっぱり名前が挙がっているのは記者会見でプロ入り志望を表明した清宮幸太郎

各球団が1位指名にするのではないかと言われています。

高校野球ファンの人には他には履正社高校の中村奨成、花咲徳栄高校の清水達也などに注目しているでしょう。

一方実業団野球出身の選手も目立ちます。田嶋大樹や鈴木博志などにも要注目です。

大学から指名されている東克樹にも期待です。

各球団獲得候補予想

各球団の獲得候補の予想も挙がっています。

ここでは最新版の予想をお伝えします。

セ・リーグ

球団

獲得候補

巨人

清宮幸太郎、中村奨成、田嶋大樹、東克樹

阪神

清宮幸太郎

ヤクルト

清宮幸太郎、安田尚憲、田嶋大樹

広島

清宮幸太郎、中村奨成、鈴木博志

中日

清宮幸太、東克樹、田嶋大樹、中村奨成、

DeNA

清宮幸太郎、田嶋大樹

パ・リーグ

球団

獲得候補

ソフトバンク

清宮幸太郎、安田尚憲

日本ハム

清宮幸太郎、中村奨成

楽天

清宮幸太郎、安田尚憲、中村奨成、東克樹

西武

清宮幸太郎、安田尚憲、清水達也

田嶋大樹、村上宗隆

オリックス

田嶋大樹、東克樹

ロッテ

清宮幸太郎、田嶋大樹、西村天裕

やはり圧倒的人気を誇るのは清宮幸太郎。全12球団中11球団の獲得候補に挙がっています。

まさに引く手数多ですね。

他には田嶋大樹、安田尚憲、中村奨成、東克樹といった面々が挙がっています。

いかにどの球団が清宮幸太郎を手に入れるか…になりそうですね(笑)。

2017年ドラフト注目選手と歴代ドラフト1位

2017年ドラフト注目選手

ここでは2017年のドラフト1位候補の注目選手をご紹介します。

清宮幸太郎

2017年のドラフト会議の台風の目というべき注目選手です。

ポジションは一塁手。

2017年の全国高校野球では惜しく甲子園出場を逃しましたが、2017 WBSC U-18ワールドカップの日本代表選手として活躍しました。

高校通算本塁打111本の史上最多記録保持者であり、今後も活躍が期待されています。

田嶋大樹

清宮幸太郎に負けない注目選手といえば田嶋大樹。

ポジションは投手。

JR東日本野球部のエースであり、チームの日本選手権進出に貢献しました。

球速は最速152km、驚異的なキレのスライダーを投げます。

社会人野球の中で最も注目されている選手と言っても過言ではないでしょう。

安田尚憲

清宮幸太郎と並んで高い評価を受けているスラッガーが安田尚憲。

ポジションは三塁手です。

非常に高い打率を誇り、安定した成果を出すまさに職人というべき選手でしょう。

大阪の強豪「履正社高校」でも重要な戦力の1人として活躍しました。

阪神ファンだと言われていますが、どこの球団に属するのか楽しみですね。

中村奨成

清原和博が打ち立てた一大会における最多本塁打記録を5本から6本に塗り替えた中村奨成。

ポジションは捕手です。

全国高校野球ではチームを準優勝に導く活躍をしました。

広島のスカウト総括部長からは「三塁手になったら日本一の選手になれる。左にも右にも打てる」と評されており、プロになればその実力で席巻することは間違いないでしょう。

東克樹

大学野球で最強ともいえる存在感を放っているのが東克樹。

ポジションは投手です。

最速152kmの球速に加え、ツーシーム、スライダー、チェンジアップといった多彩な変化球を持ち、高い制球力も有しています。

3年生の頃にはMVPを獲得しており、完投勝利も達成したことがあります。

歴代ドラフト1位

ここではここ5年の歴代ドラフト1位の選手をチームごとに見てみましょう。

巨人

選手名

2016

吉川尚輝

2015

桜井俊貴

2014

岡本和真

2013

菅野智之

2012

松本竜也

 

阪神

選手名

2016

大山悠輔

2015

松本竜也

2014

横山雄哉

2013

岩貞祐太

2012

岩貞祐太

 

ヤクルト

選手名

2016

福谷浩司

2015

原樹理

2014

竹下真吾

2013

杉浦稔大

2012

石山泰稚

 

広島

選手名

2016

加藤拓也

2015

岡田明丈

2014

野間峻祥

2013

大瀬良大地

2012

高橋大樹

 

中日

選手名

2016

柳裕也

2015

小笠原慎之介

2014

野村亮介

2013

鈴木翔太

2012

福谷浩司

 

DeNA

選手名

2016

濱口遥大

2015

今永昇太

2014

山崎康晃

2013

柿田裕太

2012

白崎浩之

 

ソフトバンク

選手名

2016

田中正義

2015

高橋純平

2014

松本裕樹

2013

加治屋蓮

2012

東浜巨

 

日本ハム

選手名

2016

堀瑞輝

2015

上原健太

2014

有原航平

2013

渡辺諒

2012

大谷翔平

 

楽天

選手名

2016

藤平尚真

2015

オコエ瑠偉

2014

安楽智大

2013

松井裕樹

2012

森雄大

 

西武

選手名

2016

今井達也

2015

多和田真三郎

2014

高橋光成

2013

森友哉

2012

増田達至

 

オリックス

選手名

2016

山岡泰輔

2015

吉田正尚

2014

山崎福也

2013

吉田一将

2012

松葉貴大

 

ロッテ

選手名

2016

佐々木千隼

2015

平沢大河

2014

中村奨吾

2013

石川歩

2012

松永昂大

 

大谷翔平や菅野智之といった今でも活躍する選手もいれば、最近は名前を聴かない…なんて選手もいますね。

ドラフト1位は名誉ですが、必ずしもその後のプレーを保障するものではありません。

ですが、2017年のドラフト1位の選手は今後も活躍してほしいものですね。

まとめ

  • 2017年ドラフト1位候補は清宮幸太郎や田嶋大樹など、注目選手が勢ぞろい。
  • 12球団中11球団が清宮幸太郎を指名すると予想されている。
  • 注目選手は清宮幸太郎以外にも田嶋大樹、安田尚憲、中村奨成、東克樹。
  • ドラフト1位選手でも活躍する人とそうでない人もいる。

2017年のドラフト会議は清宮幸太郎一色のような一面がありますが、注目選手はまだまだいます。

むしろ清宮幸太郎ばかりが注目されることに対して静かな闘志を燃やしている選手もいるかもしれませんね。

ドラフト会議本番は2017年10月26日です。

この日までにまたドラフト候補のメンツが変わるかもしれません。

野球ファンは今後も注目していきましょう!