2017年の夏に実写映画化が決まり、話題になっている大人気漫画、「銀魂」。売り上げは5000万部を越え、現在週刊少年ジャンプで連載されているマンガの中では3番目に長い連載期間を誇ります。

そんな銀魂ですが、これだけ長く連載されていればそろそろ最終回が来るのではないかと心配になるものです。

私の知り合いの銀魂ファンはクライマックスに向かっている銀魂を読んで発狂していました(笑)。

今回は銀魂の最終回の時期や現在のあらすじ空知英秋の次回作やスピンオフなどの予想をお伝えします。

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

銀魂もいよいよ最終回!

作者が最終章を告知

銀魂は作者の空知英秋が2016年から最終章に突入すると告知しています。毎週チェックされている人はご存知だと思いますが、実際ここ最近の銀魂はかなりシリアス重視の熱い展開が続いています。

懐かしい仲間が復活したり倒れたり、まさかの設定が明かされたりとまさに怒涛の展開。最終回が近づいていることを察知している人も多いでしょう。

昨年最終回を迎えた少年ジャンプの名作「BLEACH」も最終章を告知し、その章の終わりと同時に最終回を迎えました。

多少の引き延ばしは入る可能性はありますが、最終章と謳った以上、この章が終わると共に銀魂も終了するかと思います。

まぁアニメ版の銀魂みたいに最終回詐欺をやらかすのも、銀魂らしくていいと思いますけどね(笑)

現在の銀魂のネタバレ

ちなみに今の銀魂はどの辺りまで進んでいるのでしょうか。

本当は全てのあらすじを載せるべきでしょうが、もうかれこれ1年は最終章が続いでいるので割愛してお伝えします(笑)。

主人公銀時や桂、高杉、坂本の恩師である吉田松陽の肉体を乗っ取った黒幕、虚が春雨を掌握し、地球へ総攻撃を仕掛けようとしています。それに対し、銀時は新八、神楽といったおなじみの万事屋メンバーやかぶき町の仲間達と共に反撃に打って出ます。

ハタ皇子や屁怒呂といった懐かしいキャラクターも再登場し、まさかの活躍を見せる怒涛の展開。

最新話では銀時の宿敵だった高杉も登場し、ますます見放せません。

最終話はいつ?

ところで本題である銀魂の最終話はいつ頃になるでしょうか。

少なくとも現段階で断言できるのは「2017年の夏以降」ということです。

理由は2017年の夏に公開を控えている「実写版銀魂があるからです。

実写版銀魂は現段階で役者陣の気合の入ったなりきりっぷりに称賛の声が上がっており、かなり期待が高まっています。ビックタイトルの実写化というだけあって大ヒットはほぼ確実でしょう。実写版の銀魂がヒットすればそれと連動して原作である銀魂にも注目が集まります。

少年ジャンプ編集部としてもそれまで銀魂は継続させたいでしょうし、現在の連載ペースを踏まえても少なくとも夏まで銀魂は続くかと思います。

最終章に入っている状態で実写映画化を控えている例としては「暗殺教室」が挙げられます。

暗殺教室は2016年の3月に最終話を迎えましたが、ほぼ同時期に実写映画の後編が公開されるタイミングでした。映画が最終話まで映像化するのでそれに合わせて連載を終えたような形ですね。

銀魂の実写版は最終章まで描かれませんが、暗殺教室と同じようなタイミングで最終話を迎える可能性は高いでしょう。

この事を踏まえると、銀魂は早ければ実写映画が公開される2017年7月から公開が続いていると思われる10月頃までに最終話を迎えると予想できます。

ある程度の引き延ばしは入るので時期が遅くなるかもしれませんが、少なくとも新年を迎える前には最終話が連載されると思われます。

 

 

最終回詐欺でなければ、ですが(笑)

 

 

スピンオフや次回作は?

銀魂スピンオフについて

銀魂の実写映画が7月に公開されるため、最終話を迎えたとしたら映画と連動したスピンオフが書かれる可能性は高いでしょう。映画に登場する人物(おそらく万事屋真選組)が中心の短編が連載されると思われます。

実際暗殺教室は最終話を迎えた以降もスピンオフが連載されましたし、過去に実写化された「るろうに剣心」はジャンプSQで復活連載をしています。

ひねくれた空知英秋のことですから一筋縄ではいけないスピンオフが描かれるかと思います。実写映画に出演する小栗旬や菅田将暉といった役者陣が痛烈にいじられるストーリーを個人的には期待したいです(笑)

空知英秋の次回作について

銀魂の作者である空知英秋の次回作はもちろん不明です。

銀魂の最終話以降の構想はあったとしても、空知英秋は自他ともに認める遅筆であるため、2017年中に最終話を迎えたとしても発表は2018年以降になる可能性が高いでしょう。

空知英秋は銀魂以外にも短編を発表していますが、ブラックコメディやや和風のファンタジー要素が入ったコメディが多い印象です。銀魂と似たような世界観のものもあるので、自作も似た系統の漫画を描くかもしれませんね。

個人的にはデビュー作の「だんでらいおん」をやってほしいですね。

かなり前の作品なので続きをやるのは難しいでしょうが…期待したいです(笑)。

まとめ

  • 銀魂は現在最終章真っただ中。
  • これまでのキャラクターが次々と登場し、かなり熱い展開になっている。
  • 最終話は実写映画と合わせて2017年の7月以降に掲載される可能性が高い。
  • スピンオフが実写映画と連動して掲載される可能性が高い。
  • 次回作は未定だが、銀魂と似たテイストの作品になるかも。

銀魂が連載開始されてから10年以上経つのかと思うと驚きですよね。

私が中学生に入ったくらいで銀魂の連載がスタートしたと考えると、感慨深いものがあります。

個人的には時々よりキツい下ネタの回が好きでした。特にバベルの塔の回は自分の中で伝説的です(笑)

最終章突入、実写映画化と最高潮の盛り上がりを見せる銀魂。

2017年は銀魂イヤーといっても過言ではないでしょう。

銀魂の熱い展開を見逃さないようにしましょう!