10月も折り返しに入り、急激に寒くなってきましたね。

寒くなってくると、冬の予定を立て始める人もいると思います。

クリスマスや初詣などが挙げられますね。

テレビ番組も特に正月は特番が多く放送されますが、その中でも箱根駅伝が注目されています。

今や正月の風物詩といわれる箱根駅伝ですが、実際現地に行って観戦したことはありますか。

テレビ中継で見ても熱気が伝わりますが、現地で直接観戦することで、選手たちやその選手たちを応援している観戦客の伝わる熱気はテレビ観戦とはまた違うものを堪能できます。

今年は現地に行って実際に選手が走っているところを見てみませんか?

箱根駅伝の予選会が終了し、箱根駅伝出場チームが決定しました。

箱根駅伝の出場チームと、おすすめの観戦ルートを紹介致します。

スポンサーリンク

箱根駅伝とは

第94回箱根駅伝の詳細

開催日

往路:平成30年1月2日(火曜日)8時スタート

復路:平成30年1月3日(水曜日)8時スタート

 

距離

往路:107.5km(5区間)

復路:109.6km(5区間)

⇒ 合計217.1km

 

各区間の距離と中継所

往路

  • 第1区:大手町読売新聞東京本社前~鶴見(21.3km)
  • 第2区:鶴見~戸塚(23.1km)
  • 第3区:戸塚~平塚(21.4km)
  • 第4区:平塚~小田原(20.9km)
  • 第5区:小田原~箱根町芦ノ湖駐車場入口(20.8km)

復路

  • 第6区:箱根町芦ノ湖駐車場入口~小田原(20.8km)
  • 第7区:小田原~平塚(21.3km)
  • 第8区:平塚~戸塚(21.4km)
  • 第9区:戸塚~鶴見(23.1km)
  • 第10区:鶴見~日本橋~大手町読売新聞東京本社前(23.0km)

 

テレビ放送予定

地上波放送:日本テレビ系列

放送日(往路):1月2日(火曜日) 7:00~

放送日(復路):1月3日(水曜日) 7:00~

お正月恒例行事となり、家族で観戦される方が多いかと思います。

お正月はゆっくりしてしまう方も多いですが、朝早くから開始しますので、ちゃんとご自身の大学を応援したい!という方は早起きしてくださいね。

ネット中継予定

日テレオンデマンド(日本テレビ)

日テレオンデマンド」ではネットライブ中継はしていないものの、過去の駅伝の内容をダイジェストで視聴することができます。

去年の207年93回箱根駅伝のダイジェストや今年度2018年の箱根駅伝予選会も見られますため、ご興味あればチェックされてみてはいかがでしょうか。

文化放送

文化放送」ではラジオでの独占実況生中継をしてくださっております。

熱のこもった中継に聞く人の心を惹きつけるということで人気があるようですね。

こちらはサイトからアクセスしてインターネット中継から聞くか、「radiko.jp」を利用するかのどちらかで聞くことができます。

「radiko.jp」はスマホアプリもありますので、アプリダウンロードしてスマホから実況中継を聞くというのも手ですね。

箱根駅伝出場チーム

箱根駅伝シード権獲得チーム

まずは去年の箱根駅伝に出場し、10以内に入りシード権を獲得したチームです。

このチームは箱根駅伝予選会には出場しませんでした。

  • 青山学院大学
  • 東洋大学
  • 早稲田大学
  • 順天堂大学
  • 神奈川大学
  • 中央学院大学
  • 日本体育大学
  • 法政大学
  • 駒澤大学
  • 東海大学

の10チームです。

箱根駅伝予選会通過チーム

箱根駅伝の予選会において10位以内に入り、箱根駅伝の出場を決めたチームです。

  • 帝京大学
  • 大東文化大学
  • 中央大学
  • 山梨学院大学
  • 拓殖大学
  • 國學院大學
  • 国士舘大学
  • 城西大学
  • 上武大学
  • 東京国際大学

以上20チームが箱根駅伝の出場チームとなります。

箱根駅伝2018出場校一覧や優勝候補大学/注目選手」をチェックしておきたい!という方はこちらもチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

おすすめの観戦ルート

箱根駅伝は2日間あり、1日で100km以上の距離を5時間近く走ることになります。

どの時間に、どこで観戦するかを明確に決めていないと、観戦して楽しむことは難しいです。

中継所ごとの通過するおよその時間帯

往路

  • 第1区:大手町読売新聞東京本社前スタート(8:00)
  • 第2区:鶴見中継所(9:01)頃
  • 第3区:戸塚中継所(10:04)頃
  • 第4区:平塚中継所(11:06)頃
  • 第5区:小田原中継所(12:01)頃
  • 第5区:芦ノ湖ゴール(13:11)頃

復路

  • 第6区:芦ノ湖スタート(8:00)
  • 第7区:小田原中継所(8:57)頃
  • 第8区:平塚中継所(10:01)頃
  • 第9区:戸塚中継所(11:05)頃
  • 第10区:鶴見中継所(12:09)頃
  • 第10区:大手町読売新聞東京本社前ゴール(13:13)頃

初心者にもオススメな観戦スポット

箱根駅伝の観戦は、場所によっては人が多すぎて良く見えない場合や、逆に人が少ない場所へ行っても、一瞬しか選手の見えない場合があるので、観戦スポットはしっかり決める必要があります。

ここでは現地で見るのが初心者の人でも十分に楽しむことのできる観戦スポットを紹介します。

平塚中継所(第4区、第8区)

駅伝の見どころといえばやはりタスキリレーですね。

選手間で行われるタスキの受け渡しはスタートやゴールにも匹敵する熱気がある瞬間です。

しかし中継所地点はどこも応援や取材の人たちでいっぱいです。

そこでおすすめなのが平塚中継所です。

それは

  • 交通の便が良くない
  • 周りに観光スポットが少ない

という2つの理由があるため、他の中継所よりも人が少ないためです。

タスキリレーを間近で見るのならばこのスポットがおすすめです。

京浜急行線・花月園駅前周辺(第2区、第10区)

鶴見中継所は交通の便もよく、観戦している人が多く、混雑することが予想されます。

しかし鶴見駅の隣にある駅の花月園駅は、周辺では最も観戦している人の少ないスポットで、穴場として人気があります。

各駅停車しか止まることのない駅に加え、花月園駅周辺にはコースとなる国道15号線の他にはこれといった観光スポットもなく、混雑蜷田増されることなく観戦することができます。

混雑を避けつつ観戦したい人におすすめの観戦スポットです。

芦ノ湖 (第5区、第6区)

箱根駅伝の見どころについて、タスキリレーを挙げましたが、やはりスタートとゴールも比較できないほどの熱気のある瞬間なので、見たいですよね?

スタートは熱気が高まりますがスタートが終わってしまうとその熱気はすぐに冷めてしまいます。

スタートとゴールはどちらかというとゴールを観ることをおすすめします。

2日間あるのでゴールは2か所で見ることができます。

復路のゴールである読売新聞東京本社前はあまり広い場所ではないので、混雑するのでしっかり見れない可能性が高いです。

広くて、交通の便が厳しいため大手町ゴールよりは人が少ないと思われる、往路のゴールである芦ノ湖がおすすめのスポットです。

芦ノ湖には箱根駅伝ミュージアムがあるので、観戦後にはここに訪れるのもおすすめです。

箱根駅伝観戦の注意

箱根駅伝は冬の真っただ中で行われるものなので、防寒対策はしっかりするようにしましょう。

観戦する場合には、数十分は外にいることになるので、トイレもしっかり済ませておきましょう。

そしてもう1つ大事なことは観戦マナーについてです。

近年では選手に身を乗り出して触れようとしたり、選手たちに対して罵声を浴びせる人がいるというマナーの悪い人がいるそうです。

防寒対策をして、観戦のマナーを守り、自身でも見ることができて良かったと思えるような観戦をしましょう。

まとめ

  • 2018年(第94回)箱根駅伝日程は1月2日、3日(共に8:00~レーススタート)
  • 日本テレビにてテレビ生中継
  • ラジオ視聴するなら文化放送からインターネット中継か、radiko.jpの利用で視聴可能

箱根駅伝の概要とおすすめの観戦スポットについて紹介させていただきましたが、参考になりましたか?

箱根駅伝を今までテレビでしか見た事の無い人も、今年から現地で見てみてはいかがでしょうか。

選手や応援する人の熱意には現地でしか感じられないものもありますよ。

この記事を読んだことで、箱根駅伝へ興味を持っていただければ幸いです。

長文お付き合いいただきありがとうございました。