新年最初のお楽しみと言えば箱根駅伝!

ついに箱根駅伝2018の出場校が決定しました。

自分の出身大学はどうなのか…期待している選手がいる大学なのか…と気にしている人もいるでしょう。

ちなみに私の出身大学は見事に落選…非常に残念です(笑)。

今回は箱根駅伝2018の出場校をおさらいするとともに、優勝候補大学や注目選手、順位予想をお伝えします。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

箱根駅伝2018出場校一覧

箱根駅伝2018出場校一覧

まずは箱根駅伝2018出場校一覧をチェックしてみましょう。

  1. 青山学院大学
  2. 東洋大学
  3. 早稲田大学
  4. 順天堂大学
  5. 神奈川大学
  6. 中央学院大学
  7. 日本体育大学
  8. 法政大学
  9. 駒沢大学
  10. 東海大学
  11. 帝京大学
  12. 大東文化大学
  13. 中央大学
  14. 山梨学院大学
  15. 拓殖大学
  16. 国学院大学
  17. 国士舘大学
  18. 城西大学
  19. 上武大学
  20. 東京国際大学

シード校となった青山学院大学、東洋大学などは安定の強さですが、予選通過した大学がどこまで食らいつけるかが注目ですね。予算通過した10校を含めた合計20校が箱根駅伝2018の出場校です。

ここ最近は青山学院大学が飛びぬけて目立っていますが、そろそろその牙城を崩したい大学も多いハズ。

箱根駅伝2018は新年早々すさまじい戦いを見せてくれそうです。

箱根駅伝2018優勝候補大学や注目選手、順位予想

箱根駅伝2018優勝候補大学

箱根駅伝2018で一番気になるのはやはり優勝する大学ですよね。

ここでは優勝候補に挙げられている大学をピックアップしてご紹介します。

東海大学

出雲駅伝で青山学院大学の3連覇を防いだ東海大学は要注目です。

2年生を中心とした若い選手が強く、人材の豊富さは青山学院大学に匹敵します。

箱根駅伝2017は経験の差で及ばなかったですが、経験を積み、実際に青山学院大学を3連覇を防いだことは伊達ではありません。

ハーフタイムなどの記録は青山学院大学と並んでおり、往路なら優勝も狙えるレベルです。

番狂わせを起こす台風の目になる可能性が高いでしょう。

青山学院大学

箱根駅伝3連覇を成し遂げた言わずと知れた強豪。

箱根駅伝で優勝経験がある選手が6人もおり、メンタル面でのアドバンテージはすさまじいです。

原監督のメソッドも着実に浸透しており、経験・実績においても群を抜いているでしょう。

一方で有力選手の卒業で1区、2区、5区が弱くなったという声も。

とりわけ2区に関しては3年連続担当した有力選手の一色恭志が抜けているのは手痛い所です。

実際出雲駅伝で東海大学に出し抜かれてしまったので、どのように戦力補強を行うかがミソといえるでしょう。

東洋大学

箱根駅伝2017で2位になった東洋大学も優勝争いに食い込む可能性はあります。

9回連続でベスト3に食い込んだ安定感は流石の一言です。

選手層も厚く、コンディションによっては青山学院大学、東海大学に肩を並べるでしょう。

4年生も含め、ベストメンバーで出場してほしいですね。

神奈川大学

鈴木健吾という有力選手を有している神奈川大学は箱根駅伝2018のダークホースといえるでしょう。

鈴木健吾以外の選手の成長ぶりも目覚ましく、タイムが伸びれば往路優勝くらいは狙えるでしょう。

レース序盤でアドバンテージを得られる可能性は高いでしょうから、それをどう生かすかがカギと言えます。

もしかしたら青山学院大学、東海大学といった面々を出し抜くかも…しれません。

箱根駅伝2018注目選手

箱根駅伝2018に出場する選手の中にはすでに様々なテレビ番組やニュースで注目されている選手もいます。

箱根駅伝に出場した選手の中にはオリンピックで活躍するまでに成長する選手もいたりするもの。

ここでは箱根駅伝2018の注目選手をご紹介します。

田村和希(青山学院大学)

言わずと知れた青山学院大学のエース、田村和希。

1年生の頃から箱根駅伝に参加し、連続で区間賞を受賞しています。

不調を見せることもありますが、青山学院大学の絶対的なエースとして一色恭志を引き継ぐ走りを見せてくれることでしょう。

下田裕太(青山学院大学)

アニオタでムードメーカーと言われる青山学院大学のもう一人のエース、下田裕太も注目選手の1人です。

原監督に「選手として理想の集合体」と言わしめた実力は本物。

2016年東京マラソンでは10代の中では歴代最速のタイムでゴールした経験があり、その実力は折り紙付き。

田村和希との二枚看板で青山学院大学の覇権を支えているといっても過言ではありません。

鬼塚翔太(東海大学)

東海大学でその名を轟かせているのが鬼塚翔太。

ハーフマラソンで東海大学記録を塗り替え、U-20世界選手権にも出場した鳴り物入りのエースです。

全国都道府県対抗駅伝大会では最優秀選手に輝き、唐津10マイルロードレース大会では並みいるプロを抑えて優勝までしています。

東海大学の勢いを支える選手といっても過言ではないでしょう。

鈴木健吾(神奈川大学)

神奈川大学の切り札というべき鈴木健吾も要注目選手の一人です。

箱根駅伝2017では劣勢の中トップ選手を一気に抜き去って区間賞に輝きました。

その時の記録は歴代8位に並ぶほど。

歴代記録に名を遺す成果も出している鈴木健吾なら箱根駅伝2018でも更なる記録を打ち立てるかもしれません。

箱根駅伝2018順位予想

来たるべき箱根駅伝2018、結果はどうなるのでしょうか。

ここでは個人的な作ってみた順位予想をご紹介します。

シード権を取れる上位10校で予想してみました。

順位

大学

1

東海大学

2

青山学院大学

3

東洋大学

4

神奈川大学

5

順天堂大学

6

早稲田大学

7

中央学院大学

8

帝京大学

9

駒澤大学

10

中央大学

ちょっと夢を入れてみました(笑)。

やはり東海大学が青山学院大学の3連覇を阻止する場面を見てみたい(笑)。

ベスト3は例年と変わらないでしょうが、神奈川大学がどこまで絡んでくるかが見ものです。

それを踏まえると、ベスト4が動くかもしれませんね。

まとめ

  • 箱根駅伝2018の出場校20校は決定済み
  • 優勝候補大学は東海大学、青山学院大学、東洋大学、神奈川大学。
  • 注目選手は青山学院大学の田村と下田、東海大学の鬼塚、神奈川大学の鈴木。
  • 順位予想では優勝は東海大学

箱根駅伝は近年優勝校である青山学院大学が目立っていました。

しかし箱根駅伝2018はそう簡単にはいかないでしょう。

出雲駅伝での青山学院大学の敗北がどう影響するかが注目です。

箱根駅伝2018まであと3ヶ月弱。

もちろん本番までに選手の状態が変わることもありますから、当日はどうなるかわかりません。

本番を楽しみにしましょう!