気温が下がってきて冷え性には辛い季節になりました。

寝る時も足が冷たくてなかなか眠れない、着込んでも全然暖かくならない、トイレが近くて困る、などなど毎日の生活に支障がでる場合もありますね。

そんな冷え性でお困りの人、漢方薬を考えてみたことはありますか?

今回は冷え性対策の市販の漢方薬にはどんなものがあるのか、その効果について、また冷え性対策に良い食べもの・飲み物について紹介していきます。

スポンサーリンク

冷え症対策に市販の漢方薬は効く?

東洋医学上、冷え症4つのタイプとは?

東洋医学では「気・血・水」のバランスが崩れることによって、冷えなど様々な症状が引き起こされると考えられています。

このバランスの違いによって、冷え性と言っても合う漢方が変わってきます。

まず、冷え性の4つのタイプを見ていきます。

気虚タイプ

東洋医学では_エネルギーを「気」といい、「気」が不足すると内臓がうまく機能しなくなるため冷えの症状が出ます。

血虚タイプ

全身を流れる血液の不足から冷えの症状がでるのがこのタイプです。

血液が不足すると、細胞や臓器は酸欠、栄養失調状態になってしまいます。

瘀血タイプ

血液がドロドロして滞っていることから冷えの症状がでるのがこのタイプ。

瘀血は万病の元と言われていると重い病気を引き起こすきっかけになることもあります。

寒湿タイプ

体内の水の巡りが悪いことから冷えの症状がでます。

水の巡りが悪いと、生理機能が正常に働きにくくなります。

このタイプによって漢方薬の選び方が違ってくるのです。

冷え症対策用の漢方薬いろいろ

漢方薬を選ぶ際は下記が参考になります。

  • 体質タイプー気虚・血虚・瘀血・_寒湿
  • 症状ー冷え性と言っても体全体なのか手足の末端なのか
  • 種類ー_煎剤・顆粒剤・散剤・丸剤・錠剤

それでは冷え性対策におすすめ漢方薬です。

<第1位 当帰四逆_加呉茱萸生姜湯>クラシエ薬品


48錠、946円。

気虚・錠剤

就寝時などに足や指先が冷える辛い冷え症に。

<第2位 ツムラ漢方当帰芍薬散料エキス顆粒>ツムラ


64包、3445円。

血虚・顆粒

冷え・むくみ・生理不順などに効果的、体の細い人・体力不足にお悩みの人に特におすすめ。

 

<第3位 ツムラ漢方加味逍遙散エキス顆粒>ツムラ


24包、1845円。

瘀血・顆粒

冷え症・不眠・生理不順・更年期障害などに効果があり、たくさんの女性に使われています。

市販の漢方薬は冷え症に効くのか?

漢方薬を使う場合、目安の使用期間は3ヶ月程度とされています。

1ヶ月服用して効果が得られないからと中断してしまわないよう、最低でも2ヶ月は継続して様子を見てください。

時間はかかるものの、西洋医学においての薬に比べて強い副作用がないとされています。

例えばツムラの市販漢方ですが、医療用漢方の半分程度の有効成分しか含まれていないために効果も少し弱めになります。

自分のタイプに合った漢方薬を選ぶこと、正しい使用期間を守ることである程度の効果は期待できると言えます。

漢方と言えども薬に頼りたくないという人もいるでしょう。

では次は、食べ物や飲み物で冷え症対策です。

冷え症対策おすすめの食事

ダイエットの敵でもある冷え

 食生活は全ての基本です。

正しい食生活を見直ことで多くのメリットがあります。

そういう中でダイエットも常にブームですね。

頑張っているのになかなか痩せない、、、

これには女性特有の問題「冷え」が影響しています。

ダイエットだと生野菜や生フルーツが良いと言われます。

これらは体を冷やすものです。

体を冷やすと血流が悪くなるので必要な栄養や熱が全身に届かなくなります。

よって痩せにくくなってしまうのです。

また代謝アップのために水をたくさん飲む方法もありますが、このように体を冷やすものばかりが注目され、体温が低下していくことで実はダイエットに影響がある場合もあるのです。

水は生命にとってとても大切ですが、限度を超えると悪影響になってしまう、という話しです。

ではどんな食べ物が冷えに良いのでしょうか?

おすすめの食事で冷え症を改善しよう

冷え症を改善する食べ物はたくさんあります。

ここまでお読みの方にはもうお分りだと思います。

体を温める陽性の食材が効果的です。

そして、添加物・精製食品は冷え症の原因になります。

では体を温め、冷え症を改善する食材リストです。

  • 色が濃い食材(赤身の肉・魚、貝類、緑黄色野菜、未精製の穀物、納豆、黒ゴマなど)
  • 根菜類(人参、ごぼう、山芋、れんこん、こんにゃくなど)
  • 水分が少ない食材(ドライフルーツ、チーズなど)
  • 塩辛いもの(味噌、しょうゆ、梅干しなど)
  • 寒い時期や気候で採れる食材(かぶ、ねぎ、白菜、にらなど)
  • スパイス(生姜、にんにく、胡椒、しそ、唐辛子など)

特に生姜は体を温める食材としてよく知られていますね。

実際に生姜を食べて体がポカポカしていきたと体験している人も多いのではないでしょうか?

冷え症対策には生姜は生よりも加熱して食べたほうが効果が高くなります。

さて、食べ物は分かりましたね。

それでは飲み物はどうでしょう?

冷え症対策におすすめの飲み物はある?

冷え症対策におすすめの飲み物とは?

冷え性対策におすすめの飲み物はズバリ、白湯です。

カフェインは交感神経を刺激します。

すると、血管が収縮して血流が悪くなります。

そして体の冷えにつながっていきます。

飲み物を白湯にすると、カフェインがなく、適度な温かさにより冷やすことを避けられます。

効果のある白湯の作り方ポイント

水から火にかけて10~15分ほど沸騰させ続けたものが良いとされています。

インド医学アーユルヴェーダに基づく考えで、水を沸騰させる過程で風と混ぜ合わすことが効果があると考えられています。

そして飲める程度の温度になるまで室温で冷ましてから少しずついただきます。

コーヒーや緑茶などカフェイン飲料を日頃から好んでいる人にそのうち数杯を白湯に変えてみてはいかがでしょう。

他にはホットココアもテオブロミンが含まれているので血液の流れを改善する働きがあります。

純生ココアを選び、砂糖でなく黒砂糖にするとなお良いです。

冷え症対策の飲み物にぜひ加えたいもの

白湯が冷え症対策に良いと分りました。

そこにおすすめの食べ物でもでてきた生姜を加えます。

生姜の陽性としてのパワーが温め力をアップさせます。

お湯を沸騰させるじに生姜のスライスを2~3片入れるだけです。

風味もつくので良いですよね。

飲むと体がポカポカするのを感じられるハズです。

まとめ

  • 東洋医学では「気・血・水」のバランスが崩れることで冷え症になると考えられている
  • 漢方薬を選ぶ際は自分のタイプと合ったものを選ぶ
  • 冷え症対策には陽性の食材を
  • 冷え症対策には生姜入り白湯がおすすめ

冷え症はストレッチやウォーキングで体の血流をよくすることで効果があります。

そこに陽性の食べ物や生姜入り白湯を意識して生活に取り入れることでその効果を最大限にさせることができます。

これが習慣づいたら就寝時の靴下とはさよならですね。

寒い寒いと毎日過ごしたり、将来的に大きな病気にかかってしまう心配よりも、今しっかりと体のサインを受け止めて自分でできることを始めましょう!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。