新年を迎えてからのお楽しみと言えば高校サッカー選手権!

2018年も高校サッカー選手権の開催は決定しており、すでにワクワクしているファンも多いかと思います。

高校サッカー選手権といえばすでにプロに内定している選手も多くおり、いずれは日本のサッカーの将来を担う有望なルーキーが見られるのも楽しみの一つです。

中にはイケメンの選手を見て胸をときめかせているファンもいるのではないでしょうか(笑)。

今回は高校サッカー選手権に出場するプロ内定の選手やイケメンの選手をご紹介します。

インハイ出場経験もある実力者の選手もご紹介するのでぜひ読んでみて下さい!

スポンサーリンク

高校サッカー2018注目選手~イケメン編~

ここでは高校サッカー選手権に出場するイケメンの注目選手をご紹介します。

女性にとっては眼福ではないでしょうか(笑)。

榎本樹(前橋育英高校)

鋭い眼光と185cmの長身が魅力の榎本樹。

高校サッカー選手権でも優勝候補の一つとして挙げられる前橋育英高校のFWです。

体格を生かした空中戦では圧倒的な強さを誇り、長身選手でありながら鮮やかなボールさばきでポストプレーも難なくこなします。

2017年のインターハイでは初のハットトリックを決めるなど、存在感を着実に示しています。

現在高校2年生なので今後の成長にも期待できますね。

梅津凌岳(京都橘高校)

爽やか端正な顔立ちが目を引く梅津凌岳。

京都橘高校の絶対的なエースとして活躍するMFです。

元々京都橘高校には岩崎悠人という絶対的なエースがいましたが、彼の卒業と同時に戦略の変更を余儀なくされました。

本来の戦略だった堅守速攻型からポゼッション型へ切り替わっていく中、存在感を放ってきたのが梅津凌岳です。

攻撃も守備もバランス良くこなし、チームの中心として精神的にも成長しています。

彼を中心として京都橘高校も躍進することが予想されます。

金子大樹(桐蔭学園高校)

名門桐蔭学園に所属する金子大樹は清廉な雰囲気を漂わせるイケメンです。

横浜FCユースの昇格を蹴って、桐蔭学園を支えることを選んだ熱いMFです。

「身体能力は高くない」と語る一方で、それを埋め合わせるためにボールタッチやコントロールの技術を徹底的に磨いたことで名うての技巧派に成長しました。

高校サッカー選手権の神奈川予選でも勝利に貢献する活躍を連発するなど、桐蔭学園の躍進を支えています。

「今まで支えてくれた人のために優勝したい」と語るなど、誠実な人柄も漂わせている金子大樹。

高校サッカー選手権2018でも活躍してほしいものです。

スポンサーリンク

高校サッカー選手権2018注目選手~プロ内定編~

ここではすでにプロ内定を決めている選手を紹介します。

プロ進路を取っただけあってすでにU-18の日本代表になっている選手もいるなど、すでに世界レベルの戦いを経験している選手もいます。

プロに入ってからの活躍にも期待ですね!

郷家友太(青森山田高校)

2017年の高校サッカー選手権で優勝した青森山田高校の絶対的エースとして君臨しているのが郷家友太。

ヴィッセル神戸に内定しているMFであり、U-18日本代表として世界でのプレーも経験しています。

得点ランキングで上位を取得するのは当たり前、監督からも「あいつは別格」と言わしめる生粋の実力者です。

攻めることで得点を取るのはもちろん、強敵を徹底的に封じ込める守備力の高さを見せつけるなど攻守全てを巧みにこなしてみせます。

高校サッカー選手権の優勝候補の大本命ともいわれる青森山田高校ですが、その優勝には郷家友太の活躍が不可欠。

2018年の高校サッカー選手権でも魅せてくれることでしょう。

新井光(市立長野高校)

市立長野高校の絶対的エース、新井光も要注目の選手です。

湘南ベルマーレに内定しているMFであり、すでに特別指定選手になっています。

U-16日本代表に選出された経験もあり、プロの世界ではすでにその実力を認められている選手ともいえるでしょう。

ハイレベルなテクニックと抜群のスピードを誇るアタッカーであり、相手の守備を着実に切り崩す鋭さを持っています。

そのプレーは世界的に活躍する名選手、香川真司を彷彿とさせるもの。

将来的には「ポスト香川真司」と呼ばれる存在になっているかもしれませんね。

プロからの期待を背負っているプレッシャーもあるかと思いますが、高校サッカー選手権2018ではのびのびとプレーして実力をいかんなく発揮してほしいものです。

関川郁万(流通経済大学付属柏高校)

プロ内定は未定ですが、ぜひとも紹介したいのでこの選手を出しました(笑)。

青森山田高校、前橋育英高校と並ぶ優勝候補の一角である流通経済大学付属柏高校のCBです。

U-17の日本代表の経験者でもあります。

特筆すべきはディフェンスでありながらもハットトリックを決めるなど、徹底した「武闘派」であること。

非常に高い跳躍力を生かした空中戦では無類の強さを誇り、本来のポジションを超越した活躍を見せてくれます。

相手を抑え込みつつシュートを決めることができる関川郁万はまさに「化け物」。

高校サッカー選手権でも熱い視線を集めている選手です。

まとめ

  • 高校サッカー選手権2018のイケメン注目選手は榎本樹、梅津凌岳、金子大樹。
  • 高校サッカー選手権2018のプロ内定注目選手は郷家友太、新井光。
  • プロ内定ではないがU-17日本代表経験者の関川郁万も注目。

高校サッカーは高校野球と違い、すでにプロ入りが確定している選手が大会に出ることも珍しくありません。

そのチームのファンにとっては新戦力がどんな力を持っているか確かめるには絶好の機会といえるでしょう。

もちろん、プロ内定がなくても思わぬ大活躍をするダークホースの登場も期待できます。

高校サッカー選手権2018、一体どんな「怪物」が飛び出すのか…。

年末年始に期待しましょう!