毎年インフルエンザの予防接種を当たり前のように受けてきた方、受けない方針の家で育った方、様々な人がいます。

それが、妊婦になった時、

  • インフルエンザ予防接種って受けても大丈夫なの?
  • お腹の赤ちゃんへの影響はないのかな・・・

と、はたと思う人も多いことでしょう。

また、出産はしたけれど、赤ちゃんはインフルエンザ予防接種を受けるべき?受けても大丈夫なの?と疑問も思う母親も多いことでしょう。

妊婦の時も赤ちゃんも、上に兄弟がいる場合は保育園や幼稚園から、インフルエンザウィルスをもらってきてしまう場合もあります。

それを考えると、出来れば受けておきたいのだけど、と考える方は多いと思います。

妊婦は予防接種を受けても大丈夫でしょうか?

赤ちゃんも予防接種を受けても大丈夫なのでしょうか?

ここでは、妊婦へのインフルエンザ予防接種の有効性や安全性、乳幼児へのインフルエンザ予防接種の有効性と安全性について考えていきます。

スポンサーリンク

インフルエンザ予防接種の安全性一般

まずは、インフルエンザの安全性全般について感えていきましょう。

インフルエンザの予防接種とは、ワクチン注射ですが、ワクチンには生ワクチンと不活性ワクチンがあります。

  • 生ワクチンとは、「生きた病原菌を弱めたもの」
  • 不活性ワクチンは「病原体の死体や不活性化した病原体」
  • トキソイドは「病原体の毒を無毒化したもの」

となります。

日本で使用されているインフルエンザワクチンは、生ワクチンではないので、深刻は副作用は起こらないと考えられています。

ただ、当日熱がある方は受けられなだけでなく、

  • 免疫異常のある方
  • アレルギー(鶏卵や鶏から由来するもの)のある方
  • 以前ワクチン接種後にアナフィラキシー・ショックを起こした経験のある方
  • 心臓・腎臓・呼吸器など、日常に制限のある方

などは医師と相談の上での接種が必要です。

インフルエンザウィルスは他のウィルスと違い、早いスピードで形を変えてしまうので、ワクチンのウィルスと今年度流行するインフルエンザウィルスと、同じ種類といかないのが難しいところです。

インフルエンザワクチンを打つべきか、打ってはいけないなど、いつの時代も賛否両論あります。

妊婦の予防接種は大丈夫?

妊婦へのワクチンの安全性は?

日本で使用されているワクチンは生ワクチンではないので、深刻な副作用の心配はないとされています。

妊娠中にも、妊娠初期、中期、後期と胎児の成長の状態も変わってきますが、全時期において安全とされています。

一番心配される妊娠初期でも、接種によって奇形となるリスクはないと発表されています。

しかし、妊娠初期は自然流産も多い時期ですし、慎重に受ける時期などを相談することをおすすめします

またワクチンは完全に感染を防ぐことは出来ませんから、かかってしまった時に処方される薬である、タミフルやリレンザが使えるかどうかも心配なところです。

厚生省では、妊娠中の新型インフルエンザワクチンや、タミフル、リレンザの安全性も検討されているそうです。

また厚生省では、新型インフルエンザに妊婦が感染した場合に、重症化するリスクが高いという海外の事例を紹介しています。

WHO(世界保健機構)でも、妊婦へのワクチン接種を優先対象にしていることから、日本でも優先対象としています。

 

以上のことから

インフルエンザになることへの危険性を受け入れるよりも、インフルエンザ予防接種を受けることで発病リスクを減らすという方法をとる方が妊婦やお腹の中の赤ちゃんにとっては大切であるということが言えますね。

妊婦の接種の時期はいつがいい?

インフルエンザワクチンを接種して、抗体ができるまでには2~4週間かかります。

遅くても12月の中旬までに終えておくのがいいでしょう。

しかし、近年新型インフルエンザが10月、11月に流行している事を考えると、早期予防も必要になってくると言えますが、妊婦の場合は、妊娠初期、中期、後期ということを考えて、医師と相談して接種しましょう。

ちなみに妊婦の接種回数は1回です。

赤ちゃんへの予防接種は安全?

乳幼児への有効性は?

乳幼児へのインフルエンザワクチンの有効性については、厚生省から発表がされております。

現在の日本で使用されている不活性のインフルエンザワクチンについて、「インフルエンザへの感染を完全に阻止は出来ないが、インフルエンザの発症や、重症化や死亡をを予防することは、一定の効果がある」としています。

発症防止は、だいたい20%~50%の発症阻止があったとし、重症化予防に対しての効果もあるとしています。

20%~50%というと、完璧な有効性はないようですね。

それでも、仮にインフルエンザになったとしても重症化になることを防いでくれるようですので、必ず赤ちゃんにはインフルエンザ予防接種を受けさせてあげたいですね。

ただそうはいっても、インフルエンザ感染を完全に防げるというわけではありません。

そのため、親が赤ちゃんへちゃんと予防してあげることが大事になってくるのではないでしょうか。

乳幼児へのインフルエンザ感染の予防については、家族からの感染をまず防ぐこととして、一般的にも言われるように、手洗いやうがいなどとともに、人ごみに乳幼児を連れていかない、ということを気を付けていきたいですね。。

赤ちゃんへのワクチンは安全?

乳幼児への接種は任意です。副作用は、赤ちゃんに限らず起きる可能性はあります。

上に書きましたように、当日の健康状態だけでなく、アレルギーのある場合は医師と相談して接種して下さい。

特に赤ちゃんは、2歳くらいまでは一部アレルギーを持っていることが多いです。

(成長していく過程でなくなっていくことが多い様ですが。)

そのためアレルギーについては特に気を付けてあげたいですね。

赤ちゃんへのワクチン接種の時期

もともと乳幼児が母親から免疫を受け継いで生まれてきます。

その免疫が切れる生後6か月から接種が出来ると言われています。

6か月以上3才未満の予防接種回数は2回接種です。

まとめ

妊婦と赤ちゃんに対する、インフルエンザ予防接種の安全性や副作用について、参考になりましたでしょうか?

10月からインフルエンザの予防接種が各病院で始まります。妊婦の場合は、特に妊娠初期の方は、胎児や母体に対する安全性が気になりますね。

また、赤ちゃんに接種させるかどうかは、迷うところだと思います。兄弟がいるいないで、状況も変わってくることでしょう。

安全と言われている日本の不活性ワクチンですが、病院内で接種後に静かに様子をみること、接種日は家でも慎重に過ごすことで、万が一を防ぐことも出来ると思います。

心配な方は、医師と相談して安心して接種できるといいですね。