いよいよ発売が近づいていると噂されるiPhone8。

2017年の9月の第二週、第三週頃には発売されるのではないかと世界中が注目しています。

そんなiPhone8ですが、注目されている新機能は「顔認証」!

これまでロックを解除する際に使っていたTouch IDが廃止され、赤外線による3D顔認証機能が搭載されるといわれているのです。

何やら一気にSFっぽくなってきましたね(笑)。

今回はiPhone8発売に先駆けて顔認証登録時のコツや注意点、メガネやメイクで複数顔を設定する意義など、考えられる使用ポイントをお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iPhone8顔認証登録時のコツ・注意点

iPhone8顔認証登録時のコツ

iPhone8の新機能である3D顔認証機能。

顔認証登録は1秒の数百万分の1で3Dセンサーがやってくれるそうです。

どれだけ早いんだって話ですよね(笑)。

しかもスキャンする際に赤外線をユーザーに照射して顔認証を行うため、真っ暗な空間でも顔認証ができるそうです。

未体験の人が多いと思いますので、一度顔認証登録時のコツをお伝えします。

まだiPhone8は発売されていないので顔認証機能がどれだけの精度なのか不明ですが、顔認証機能自体は既にandroid4で実装されています。

今回はandroid4の顔認証機能を引き合いに、顔認証登録時のコツをご紹介します。

顔認証の際に大事なのは「顔がちゃんと機械に認識されるようにすること」です。

逆光で暗かったり照明が近すぎて明るかったりすると顔が正しく認識されないので、しっかり場所を選んで顔認証をしましょう。

どちらかというとちょっと薄暗めの空間の方が顔認証がしやすいそうです。

しかしiPhone8は真っ暗でも認証できるようなので多少暗くても明るくても大丈夫なようですが…。

精度がわからないので念の為です(笑)

またなるべくスマホを目線の高さまで持ち上げ、真正面から顔を合わせるようにしましょう。

表情も崩さず、真顔をキープしておくのがコツです。

顔認証登録時はなるべくナチュラルな状態でやった方がいいでしょう。

iPhone8顔認証登録時の注意点

顔認証登録の際に考えられる注意点は2つです。

注意点1つ目:顔認証の際の手間

明るさや暗さを気にしたり、表情を崩さないようにしなければならないので顔認証のちょっと面倒な所です。

iPhone8は赤外線による立体認証システムが搭載されているため、真っ暗な中でも認証できるとのことです。

Touch IDを廃止して取りつけるのだから夜でも顔認証できるように考えられているのでしょう。

顔認証の時に表情を固定させる必要はやっぱりあるようです。

しかし、それもiPhone8の顔認証機能ならほんの一瞬でできるので、今までより面倒さは減るかもしれませんね。

また、iPhone8の顔認証機能はテーブルに置いたままでもできるそうなので、目線の高さまで合わせる手間もないようです。

注意点2つ目:セキュリティとしての問題

顔認証機能が付くのなら、自分の顔の写真をスマホに向ければロックが解除出来てしまえるのではないかと考えられます。

そうなるとセキュリティの意味が…ってなりますよね。

指紋認証よりセキュリティがゆるいのでは…と感じてしまいます。

そんな不安に対し、iPhone8の顔認証機能はなんと三次元の顔と二次元の顔をしっかり区別してくれるそうです。

ますますSFじみてきましたね(笑)。

iPhone8の顔認証機能は従来の顔認証登録の時の注意点を克服している性能のようですね。

これまでのデメリットを改善してくれているならありがたいですね。

iPhone8の顔認証の際のメガネメイク、複数顔設定は?

顔認証の際のメガネメイクは?

普段はメガネをかけているという人や女性なら当たり前のメイクは顔認証に影響するのでしょうか?

メガネに関しては顔認証にあまり影響がないといわれています。

サングラスとかでない限りは大丈夫でしょう。

メイクに関してはすっぴんに近いナチュラルメイクなどは大丈夫な可能性がありますが、あまりにすっぴんとメイクした後の顔の変化が著しい(笑)人は認証されづらいかもしれません。

ただ、iPhone8の顔認証機能は顔の様々なポイントを測定して認識します。

眼や口元など、一部だけで認証するわけではありません。

特殊メイクのような顔そのものを変えるようなことをしなければ大丈夫でしょう。

iPhone8の顔認証の精度がどれくらいかは不明ですが、多少濃いめのメイクでも影響は少ないと思われます。

iPhone8での複数顔設定は?

iPhone8の顔認証機能は複数の顔を認証できるといわれています。

厳密にはサードパーティー用のアプリに対応できるよう複数のユーザーの顔を登録できるということです。

昨今のSNS事情を踏まえた上での対応でしょう。

しかし、ユーザー個人の顔を複数登録できるかは不明です。

もしメイクの違いで引っかかる場合髪型を変えた時などにできれば便利な機能ですが…。

ここに関してはappleの発表を待つ必要がありそうです。

まとめ

  • iPhone8の顔認証機能は暗闇でもできる上にテーブルに置いたままでも認証ができるらしい。
  • 顔認証をする時のコツは素の表情を登録し、薄暗い場所でやる。
  • だがiPhone8なら暗闇でも問題ない?
  • メイクやメガネの顔認証への影響は少ないと考えられる。
  • 複数ユーザーの顔登録は可能のようだが、ユーザー自身の複数の顔の登録ができるかは不明。

iPhone8はまだまだ情報が開示されていないものが多く、顔認証機能がどこまで高精度かは現段階では断定できません。

しかし、apple関係者が発言を確認する限りは赤外線を使ったiPhone8の顔認証機能は従来のものとは一線を画しているようです。

それでもiPhone8の顔認証を使う際にはある程度のコツや注意点を踏まえる必要があるでしょう。

事前に予習しておいても損はないハズです。