9月12日、Appleによってとうとう発表されたiPhone8とiPhoneX。

最上位モデルとして発表されたiPhoneXには初めての顔認証が搭載され、iPhoneの10周年記念モデルとなりました。

次の10年を象徴するかのようでもありますね。

iPhone8/8 Plusは9月15日予約開始、9月22日発売、そしてiPhoneXは10月27日予約開始の11月3日発売です。

発表されて明らかになった新型iPhone、その充電器にも注目しましょう。

今回は、気になるiPhone8とX対応ワイヤレス充電器まとめ、そしてApple純正品が欲しい人へ、その発売日予想もしていきたいと思います!

スポンサーリンク

iPhone8/iPhoneX対応ワイヤレス充電器まとめ

iPhone8/iPhoneX対応ワイヤレス充電器は別売り

 新型iPhone8とiPhoneX、ついにワイヤレス充電に対応しました。

充電器の上に置くだけで充電ができる機能です。

充電は毎日のことですから、ここのストレスが減るのは大きいですね。

平面に置くタイプからスタンドタイプまで色々なデザインが出揃いましたが、この充電器はなんと、別売りであることが判りました。

新型iPhoneの価格もさることながら、充電器がさらに別売りで不満の声も出ているとか。

これにはちょっと納得してしまうところもあるのではないでしょうか。

でも価格が機能に合っていれば良いかもしれません。

それでは、まずはワイヤレス充電器のメリット・デメリットを見ていきましょう。

iPhone8/iPhoneX対応ワイヤレス充電器メリットは?

 有線充電に代わるワイヤレス充電、実は2011年、世界初のワイヤレス充電に対応したスマホがありました。

AQUOS phone SH-13Cです。

その後、Galaxy, Nexus, Lumiaなども開発に取り組んでいきます。

今回iPhoneにも採用されたワイヤレス充電のメリットをご紹介します。

メリット①従来の充電ケーブル要らず

複数の端末を持っていると充電ケーブルも増え、ぐちゃぐちゃになることも。

ワイヤレス充電ならケーブルに接続しなくても良いのです。

メリット②感電する可能性が激減

むきだしのコネクタ_、漏電などの危険要素を除去できます。

可愛いペットが感電ししてしまう事故も回避できます。

メリット③USBコネクタ・ケーブルを傷めない

充電コネクタの接続端子は差したり抜いたりで負荷がかかっています。

そのため、コネクタ部分に不具合が発生しやすいのですが、ワイヤレス充電であれば抜き差しの必要がないので傷めません。

iPhone8/iPhoneX対応ワイヤレス充電器デメリットは?

では、メリットに反してデメリットは何でしょう。

デメリット①充電が遅い

充電効率が遅く、有線より充電が遅いです。

充電100%になるまでにかなり時間がかかってしまいます。

これはかなりのデメリットですね。

デメリット②電磁波により人体への影響

ワイヤレス充電は基本的に電磁波を介して電力伝送を行います。

電力効率が低くて、100%充電まで時間がかかるところから人体への電磁波の影響がないとは言えないのです。

iPhone8/iPhoneX対応ワイヤレス充電器の商品紹介

メリット・デメリットをふまえた上で、やっぱり気になるワイヤレス充電器。

どんなものがあるのか、いくつか見ていきましょう。

Boost↑Up Wireless Charging Pad


  • Belkin(ベルキン)
  • 15,698円

Appleから推奨されています。

Qi規格に準拠し、従来の5Wより高速な充電が可能です。

Appleと協力して開発されているほか、軽量なiPhoneケース(厚さ3mm以内)なら装着したままでも充電が可能です。

Belkin製で、iPhone用以外のワイヤレス充電器であればもっと安価のもの(3,000~6,000円)もありますので、そちらを利用するのも一つの手ですね。

ただ、やはりiPhone専用というのは心惹かれますよね。

それにAppleから推奨されている商品という点でも、機器の故障等の可能性は低いように設計されていることでしょう。

Qi急速ワイヤレス充電器NANAMI Quick Charge2.0


  • nanamihome
  • 2600円

スタンドタイプです。

ケーブルが絡まったり、引っ掛けてケーブルが切れてしまうというトラブルを避けられます。

ワイヤレス充電器は買いたいが、Apple純正品にこだわる人もいるでしょう。

iPhone8/iPhoneX対応、Apple純正品ワイヤレス充電器

Apple純正品ワイヤレス充電器AirPower

 Appleは純正品のワイヤレス充電器AirPowerという製品を発表しました。

AirPowerは白いワイヤレス充電パッドです。

他社製品と比べると、充電可能な領域が広く、’’最大3台のデバイスを同時に充電’’可能というのがセールスポイントです。

これは、Apple社製品をいくつも使っている人、またはファミリー向けですね。

Apple純正品AirPower発売予想とその価格は?

このAirPower、実はまだ詳細が分かっていません。

発表された情報としては、2018年に発売予定、ということだけです。

推奨されているワイヤレス充電器が年内に高速ワイヤレス充電を実装するというポイントを考えると、2018年に入って割とすぐに発売が開始されるのではないでしょうか?

価格に関しては残念ながら詳細が全く分かっていません。

Appleは、自社の技術とQi標準を統合するべくWPCと協議中だそうで、消費者はまだまだ楽しみに待つしかないというところでしょうか。

まとめ

  • iPhone8とX対応ワイヤレス充電器は別売り
  • iPhone8とX対応ワイヤレス充電器のメリットはケーブル要らず
  • iPhone8とX対応ワイヤレス充電器のデメリットは充電が遅いこと
  • ワイヤレス充電器はApple推奨のベルキンかApple純正品AirPower
  • AirPower発売日は2018年早々予想

iPhone8とX対応ワイヤレス充電器が出たということで、何が何でも早く試してみたいという人は価格の安さを優先。

信頼性を求めるのならベルキン製のものを。

純正品にこだわりデバイスをまとめて充電したいのなら来年まで__待つ、こんな風な選択でいかがでしょうか?

焦らずしっかり比べて、それぞれのニーズに合ったワイヤレス充電器を選びましょう。

最後に、Qiですが「チー」と読むんだそうです(きゅーあいではなく!)。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。