2017年9月に発売され、早速大ヒットしたiPhone8。

もう買い替えた!という人も大勢いるようですね。

最新機能満載のiPhone8に早速はまってしまったという人もいるのではないでしょうか?

しかし新機種が販売される度に使用感が変わってくるのがiPhone。

とりわけiPhone8といえばワイヤレス充電があり、なかなか慣れないということもあるでしょう。

そこで今回はiPhone8のワイヤレス充電方法や時間、注意点やコツ、ケーブル比較などをお伝えします。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

iPhone8のワイヤレス充電の特徴

iPhone8のワイヤレス充電方法

iPhone8のワイヤレス充電の方法を一度おさらいしてみましょう。

iPhoneのワイヤレス充電は「mophie wireless charging base」と呼ばれる充電器を使うのが基本です。

mophie wireless charging baseは黒いソーサーのような形をしており、コンセントをつないで使用します。

後はmophie wireless charging baseの上にiPhone8を置いておけばOK。

この時、ディスプレイを上にした状態で充電しておくようにしましょう。

iPhone8のワイヤレス充電の方法はたったこれだけです。

ビックリするくらい簡単ですよね。

iPhone8のワイヤレス充電は基本的にカバーやケースがついたままの状態でも使うことができます

厚さが3㎜以下のカバーやケースであれば問題なく充電できるとのことです。

ちなみにiPhone8は従来通りライトニングケーブルを使った充電も問題なくできます。

両方同時にやった場合、ライトニングケーブルの充電の方が優先されるようです。

iPhone8のワイヤレス充電の時間は?

iPhone8のワイヤレス充電はどれくらいのスピードで充電できるのでしょうか。

iPhone8のバッテリーを空にした状態で、充電で100%になるまでかかる時間をワイヤレス充電とライトニングケーブルによる充電をそれぞれ比べてみると…。

充電方法

時間

ワイヤレス

396分

ライトニングケーブル

120分

 

・・・ん??

ワイヤレス充電の時間がえげつないことになっていますね(笑)。

ご覧の通りワイヤレス充電はライトニングケーブルによる充電の3倍以上かかります。

これはちょっと意外でしたね(笑)。

とはいえ、夜寝る時に充電するなど、長時間iPhoneをさわらないタイミングがあるならワイヤレス充電は楽に充電できるのでうってつけです。

ライトニングケーブルによる充電はあくまで緊急用…と使い分ければいいかもしれませんね。

iPhone8ワイヤレス充電についての諸々

iPhone8ワイヤレス充電のコツ

iPhone8のワイヤレス充電のコツは「動かさないこと」です。

iPhone8のワイヤレス充電は4,5㎜くらいなら話しても問題なく充電できますが、さすがにmophie wireless charging baseから離してしまったり、位置がズレてしまうと充電が正しく行われなかったり、余計に時間がかかってしまうことがあります。

とりわけ多いのがバイブレーションでiPhone8が動いてしまうパターンです。

電話やLINEが頻出するとiPhone8が動いてしまう恐れがあるので、何かにつけて連絡が来ることが多い人はおやすみモードにしておくことがおすすめです。

iPhone8のワイヤレス充電の注意点

iPhone8のワイヤレス充電をする場合の注意点は「間にモノを置かないようにする」ことです。

当たり前だと思うでしょうが、間に本などものがある状態ではワイヤレス充電はきちんと行われません。

ルーズリーフのような薄い紙一枚など、厚みがないようなものが入っているだけだったらさして問題はないかもしれません。

また、スマホケースやカバーによってはワイヤレス充電がきちんと行われなくなる場合があります。

ポイントは「厚み」と「素材」です。

スマホケースの「厚み」注意点

厚みはなんとなくわかりますよね。

最近のスマホケースはかなり大胆なデザインのものもあり、かなり分厚くなっているものがあります。

もちろんAppleもそれを見越しており、手帳型やシリコンカバー、プラスチックなど大抵のスマホケースならワイヤレス充電に影響はありません。

しかし、厚さが3mmを超えるような分厚いタイプのスマホケースとなるとワイヤレス充電が適切に行われない可能性もありますので注意しておいてくださいね。

スマホケースの「素材」注意点

そしてそのスマホケースの素材ですが、金属系の素材が使われているスマホケースだとワイヤレス充電が全く行われなくなります。

厳密にいうと「背面まで金属素材で覆われている」スマホケースの場合です。

例えばサイドだけが金属になっているタイプのケースなら問題なく行われます。

どうして金属だとワイヤレス充電ができなくなるかはワイヤレス充電の仕組みに関係しています。

ワイヤレス充電は電磁波を使って充電を行いますが、金属が間に入ると干渉して充電ができなくなってしまうのです。

iPhone8は背面もガラス製になっていますが、これもワイヤレス充電を行うために金属を挟まないようにしているからです。

完全に金属でできたスマホケースを使っている人は少ないですが、もし持っている場合は外してからワイヤレス充電を使った方がいいでしょう。

ワイヤレス充電のケーブル比較

iPhone8のワイヤレス充電の際に使うケーブルは先ほどお伝えした「mophie wireless charging base」というものです。

しかしmophie wireless charging baseはiPhone8を購入した際には付属されていません

また、Appleの純正品である「AirPower」もまだ発売されていません。

折角ならワイヤレス充電を試したいところですが、純正品はお高いもの…。

そんな時は他の企業が出している安いものを使いたくなるものです。

iPhone8の発売以降、すでに様々な企業がワイヤレス充電器を販売しています。

iPhone8のワイヤレス充電器はQi(チー)規格というものがあり、その規格が合致していれば基本的に問題なく使えるそうです。

値段は1000~7000円近くとばらつきがありますが、おおむね品質は悪くないようです。

安い中で人気なのは「NANAMI Quick Charge 2.0」。

2000円代で購入できるほか、スタンド型のため、ただ置いておくより安定して充電できるのがウリです。

Appleの公式から推奨されているのは海外産の

  • 「Belkin Boost Up Wireless Charging Pad」
  • 「mophie wireless charging base」

です。

これらは7000円近くしますが、公式が推奨しているだけあって安心感が違いますよね。

具体的な性能の差に関してはまだレビューは少ないですが、iPhoneXが発売されるタイミングである程度良し悪しがハッキリするでしょう。

まとめ

  • iPhone8のワイヤレス充電は充電器に置くだけでOK。
  • ライトニングケーブルによる充電もできるが、同時には使えない。
  • 充電時間はワイヤレス充電の方が3倍速い。
  • ワイヤレス充電をする際は動かさないようにするのがコツ。
  • ワイヤレス充電の際、間にものが入らないようにすること。
  • ワイヤレス充電の際、ケースの厚みや素材に気を付ける。
  • とりわけ金属製のケースはワイヤレス充電の邪魔になるので注意。
  • 純正品の「AirPower」は未発売。他の企業のものなら1000~7000円くらいで買える。

iPhone8のワイヤレス充電は画期的な充電法ですが、もちろん良し悪しもあります。

また、スマホケースによって影響されるなどこれまでと違う注意点があるので、使う際には気を付けるようにしておきましょう。

しかしiPhone8は発売されたばかりであり、ワイヤレス充電の環境はこれから充実していくものと思われます。

例えばアメリカではスターバックスのテーブルそのものが充電器になっており、飲食中にiPhone8を置いておくだけで充電できるようにするサービスが展開されているそうです。

日本でも同様のサービスが行われると言えるでしょう。

そうなるとiPhone8のワイヤレス充電の環境はますますすごいことになるでしょうね。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。