iPhone8の発売と同時に発表された「iPhoneX」。

これまでのナンバリングされたiPhoneとは違う雰囲気がしますよね。

iPhoneXもiPhone8も最新型のiPhone。

どう違うのか、どちらを買えばいいのかはなかなかわからないものです。

そこで今回はiPhoneXの新機能や値段、デザインについてお伝えします。

iPhone8との性能比較もしますので、購入を考えている人はぜひ参考にしてみてください!

スポンサーリンク

iPhoneXの特徴!

iPhoneXの新機能

iPhoneXはiPhone8と同スペックの性能を持っていますが、iPhoneXにしかない機能も搭載されています。

ここではiPhoneXの特徴的な機能をご紹介します。

FACE ID

一時iPhone8に搭載されるのではないかと噂されていたのが「Face ID」。

顔認証でロックを設定するという最新のセキュリティーです。

iPhoneXに搭載された赤外線カメラ、ドットプロジェクタ、投光イルミネーターによって使用者の顔をしっかり登録し、これまで顔認証が難しかった夜でも顔認証ができるようになっているのがFace IDの特徴です。

おまけにFace IDは登録した顔の変化にも対応できるので、年を取ったり、髪やヒゲが伸びたり、帽子やメガネを使っていても問題ないとか。

ちょっとSFじみていますよね(笑)。

Face IDは使用者が画面を注視した時にしか発動しないので突然発動するような誤作動も少なく、Apple Payにも対応しているためこれまで以上にスムーズな支払いを実現してくれるそうです。

ワイヤレス充電

こちらはiPhone8でも追加されている機能です。

文字通り充電器の上に「置く」だけで充電できる機能です。

これまでのスマホの充電のようにプラグで接続する度に端子がダメになっていく…みたいな心配とはおさらばできそうですね。

ポートレートモード

元々高性能なカメラ機能を持っているiPhoneですが、iPhoneXとiPhone8plusのフロントカメラには「ポートレートモード」が備わっています。

ただで高性能なカメラなのに、ポートレートモードを使えば肖像写真のように前景をシャープに保ったまま背景を巧みにボヤかした写真を撮ることができます。

またプロばりの照明エフェクトを使えるため、アーティスティックな写真も簡単に撮れるでしょう。

インスタグラムが趣味の人にはうれしい機能ですよね!

アニ文字

iPhoneXならではの貌認識機能を利用したアニ文字もウリの一つ。

iPhoneXのTrune Depthカメラは顔の筋肉の動きを細かく記憶し、なんとアニメーションにして再現することができます。

豚や猫、ウサギといった様々な動物で再現されたアニメはメッセージに貼り付けて相手に送ることも可能。

これまでにない新しいコミュニケーションが出来そうですね。

iPhoneXのデザイン、色、サイズ

iPhoneXのデザインの最大の特徴はモニターの大きさです。

サイズこそiPhone8より少し大きいくらいですが、モニターのサイズはiPhone8plusの5.5.cmより大きな5.8cm。

ホームボタンが撤去されているため鮮明な美しい映像をより広い画面楽しめます。

iPhoneX全体のフォルムも緩やかなカーブを描いた丸みを帯びたデザインになっています。

パッと見は従来のiPhone8と全然違うのでビックリするかもしれませんね。

そんなiPhoneXですが、iPhone8と違い色はシルバーとブラックの2色しかありません。

iPhone8にはあるゴールドがないので、そこは注意してくださいね。

iPhoneXの値段

iPhoneXの値段は以下の通りです。

ギガ数

値段

64G

112800円

256G

129800円

正直ちょっとお高いですよね…(笑)。

同じギガ数でもiPhone8と比べるとiPhoneXは4万円近く高くなっています。

iPhoneXとiPhone8の性能比較!

iPhoneXとiPhone8、同時期に発売される両者ですが、性能比較したらどうなるのでしょうか?

基本的にiPhoneXのスペックはiPhone8と同等であり、搭載されているワイヤレス充電機能やios、CPUなどはiPhone8と同じものです。

そして両方とも防塵防水仕様。

しかしiPhoneXにはカメラのポートレートモード(iPhone8plusにはある)、Face IDアニ文字といった特有の機能があり、iPhone8にあるTouch IDやiPhoneシリーズ恒例のホームボタンが廃止されているので使用感はかなり変わると思います。

またiPhoneXのカメラはピクセル画像度倍以上あり、デュアル光学式手ぶれ補正機能もついています。

 

カメラに関してはiPhoneXの方が高性能のようですね。

これを踏まるとiPhoneXは「iPhone8をplus以上に高性能にしたハイスペック・モデル」という感じでしょうか。

料金がiPhone8以上に高い理由も頷けますよね。

iPhoneXはカメラ面の機能が拡充されているので、インスタグラムの愛用者のような、日ごろカメラを使うことが多い人におすすめかもしれませんね。

もしいつも通りスマホを使いたいという人にはiPhone8でいいでしょう。

iPhoneXはカメラ面の機能が充足しており、使用感もかなり変わる可能性が高いので普段のスマホとして使うには値段的に考えてちょっともったいないかもしれません。

まとめ

  • iPhoneXはFace ID、ポートレートモード、アニ文字など最新機能が満載。
  • しかしワイヤレス充電やOS、CPUなどはiPhone8と同等のスペックを持つ。
  • iPhone8よりデザインがかなり変わっておりモニターがiPhone8plusより大きい。
  • Touch IDやホームボタンが撤廃されているのでiPhone8の使用感が変わる可能性が高い。
  • 料金は64Gで112800円。同じギガ数のiPhone8より4万円近く高い。
  • カメラ面の機能が充実しているので、iPhoneXはインスタグラムなどでカメラを多く使う人向けか。

iPhoneXはこれまでにない斬新な機能を満載したスマホです。

しかし機能の拡充はカメラ面が主であり、基本的なスペックはiPhone8とほとんど変わらないと考えた方がいいかもしれません。

値段もお高めですし、ちょっと慎重に選びたいところですよね。

インスタグラムでカメラを使う機会が多い人や仕事の都合上でカメラを多用する人はiPhoneXのスペックをフルに使えるかもしれません。

この機会に試してみてはいかがでしょうか?