毎年春が近づくと、街じゅうで辛そうに鼻をかんだり、マスクをしている人を見かけますね。

ああ、もう花粉の季節か…と、がっかりされる方も多いのではないでしょうか?

今年の東京の花粉はいったいどの位飛ぶのか、ピークはいつなのか、調べてみました!

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

花粉症2018年「東京」情報

例年と比べて2018年の花粉飛散量はどのくらい?

2018年春の花粉飛散予測の例年比は、関東地方では例年並み※となる予測だそうです。

とはいえ、2017年春と比較すると、110~150%の飛散量だそうです。

2017年に症状が出た方は、去年と比べると辛いなと感じることがあるかもしれませんね。

※2008年~2017年を例年としています。

花粉が飛散する時期はいつからいつまで?

種類によりますが、いくつか主な種類を挙げると以下のようになっているようです。

  • ハンノキ属:1月上旬~5月下旬
  • スギ:9月上旬~7月中旬
  • ヒノキ:1月下旬~7月中旬
  • イネ科:2月上旬~12月下旬
  • ブタクサ属:7月上旬~12月下旬
  • ヨモギ属:7月下旬~11月中旬
  • カナムグラ:8月中旬~11月中旬

スギはほぼ一年中飛散しているようですね。症状が重い方には耐えがたい話ですね…。

スポンサーリンク

花粉別ピーク時期

スギ花粉の期間・ピーク時期

スギ花粉の飛散期間は下の通りです。

飛散期間:9月上旬~7月中旬まで。

ピーク期間:2月上旬~4月下旬まで。

3ヶ月ほどのピークで、私が調べた中では一番長かったです。

また、ピークほどではない「やや多い」飛散期間も含めると、6月下旬まで続きます。

余談ですが、都内3区市の住民を対象としたアンケート調査と花粉症検診の結果から推計した都内(島しょ地域を除く)のスギ花粉症推定有病率※は48.8%だったそうです。

高い割合に、とても驚きました。

※平成29年3月(スギ花粉の飛散時期)に実施した花粉症検診(問診、鼻鏡検査、血液検査)の結果から推計したもので、必ずしも治療や対策を要する患者の割合ではなく、日常生活に支障がない軽症の方も含んだ有病率

ヒノキ花粉の期間・ピーク時期

ヒノキ花粉の飛散期間は下の通りです。

  • 飛散期間:1月下旬~7月中旬まで。
  • ピーク期間:3月中旬~4月下旬まで。
  • 「やや多い」飛散期間:2月上旬~5月下旬まで。

東京はスギとヒノキのピークが大体同じ時期に終わりますが、他の地域ではピークがずれているようで、スギが終わってもヒノキのせいで長引く方もいらっしゃるとのこと。辛い花粉症がいつまでも続くとたまりませんね…。

イネ科花粉の期間・ピーク時期

イネ科花粉の飛散期間下の通りです。

  • 飛散期間:2月上旬~12月下旬まで。
  • ピーク期間:5月上旬~6月中旬まで。
  • 「やや多い」飛散期間:4月中旬~7月上旬/7月下旬~10月下旬まで。

「やや多い」期間を含めると、スギに次ぐ長さです。

私が勤めていた以前の職場に、スギ・ヒノキ・イネをすべて持っている方がいらっしゃいましたが、何だかいつも鼻をかみ、咳をしていた記憶があります。

しかもイネ科花粉に気づいていなかったようで、スギ、ヒノキが終わった秋ごろになって症状が出て、「風邪かな…」ぐらいに思っていたけど、治りが悪いので調べたらイネ科花粉の花粉症だったとか。

風邪が長引いておかしいなと感じている方は、もしかしたらイネ科花粉かもしれませんよ?

ブタクサ属花粉の期間・ピーク時期

ブタクサ属花粉の飛散期間は下の通りです。

  • 飛散期間:7月上旬~12月下旬まで。
  • ピーク期間:8月下旬~9月下旬まで。
  • 「やや多い」期間:8月上旬~10月上旬まで。

今までに比べるとずいぶん短く感じますね。

友人はブタクサ属花粉がとても辛いらしく、ブタクサを見るたびに「あの黄色い花を全部抜き去りたい」とぼやいていたのを思い出します。

ハンノキ属花粉の期間・ピーク時期

ハンノキ属花粉の飛散期間は下の通りです。

  • 飛散期間:1月上旬~5月下旬まで。
  • ピーク期間:3月上旬~4月中旬まで。

ピークと言っても「やや多い」量のようです。

というのもハンノキが多く自生しているのは北海道や東北だそうで、その他本州では高地では良く見られるのだそうです。

しかし、スギ花粉と同様に、風に乗って遠くまで飛んでいくのがハンノキ属の花粉の特徴だそうですので、都会でもハンノキ属の花粉症にかかってしまう方がいらっしゃるのですね。

まとめ

  • 2018年春の花粉飛散予測の例年比は、関東地方では例年並み。
  • ただし2017年春と比較すると、110~150%の飛散量
  • スギ花粉の飛散期間のピークは2月上旬~4月下旬まで。
  • ヒノキ花粉の飛散期間のピークは3月中旬~4月下旬まで。
  • イネ科花粉の飛散期間のピークは5月上旬~6月中旬まで。
  • ブタクサ属花粉の飛散期間のピークは8月下旬~9月下旬まで。
  • ハンノキ属花粉の飛散期間のピークは3月上旬~4月中旬まで。ただし、飛散量は「やや多め」。

関東地方は季節を問わず、いつまでも花粉が飛散し、花粉の種類も量も圧倒的に多いそうです。

春先がピークのスギやヒノキだけではなく、秋のブタクサの時期も長く、たくさんの種類の花粉症をお持ちの方は本当に耐えがたいだろうと思います。

まずはスギ花粉がそろそろやってきますね。

あらかじめ準備をして、対策をしておいてくださいね!

長文お付き合いいただき、誠にありがとうございました。