花粉症が辛い…。

でも、薬にはできるだけ頼らず花粉症の症状を和らげたい!

食事や飲み物で、症状を和らげることが出来れば…。

そんな悩みを抱えている方のために、花粉症の「食事療法」について調べてみました!

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

花粉症対策に食事療法は効果的?

花粉症になる原因

そもそも、なぜ人は花粉症になるのでしょうか。

その原因は、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきた時にそれを排除しようとする、免疫反応によるものです。

その症状として、鼻水、鼻づまり、くしゃみなどの症状が現れます。

この免疫機能は、もともとはウイルスや細菌など、私たちの体に入ってくる病原菌から体を守る機能です。

ですので、通常は私たちの体を健康に保つための役割を果たしているのですが、時に無害なもの(食事や花粉)に対して反応してしまうことがあります。

この反応がアレルギーと呼ばれていて、花粉症などの原因となっています。

食事療法で体にどんな作用が出る?

食生活の見直しによって花粉症の辛い症状を和らげることは可能だと考えらてれます。

ちなみにアレルギーと関係の深い免疫機能の60%以上は腸に集中しているそうです。

そのため、免疫機能と関係の深いアレルギーを緩和するためには、腸内環境を整えることが大切になります。

腸内環境を整えるには、腸内に住む善玉菌を増やすことが重要です。

善玉菌とは、ビフィズス菌や乳酸菌など、私たちの健康を保ってくれる菌のことです。

ビフィズス菌や乳酸菌を含む乳酸菌飲料や飲むヨーグルトを飲み続けると、腸内の善玉菌が増え、腸内環境を整えることができます。

食事療法は効果的な花粉症対策?

先述したとおり、症状を和らげることは可能です。

しかし、花粉症を食事で完全に治すことは難しいそうです。

とはいえ、花粉症に良いとされる様々な食材の研究が進んでいます。

まずは、一年を通じて主食・主菜・副菜のそろった栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

花粉症を予防したい人への効果

たとえば親が花粉症の場合、子どもも花粉症になる傾向があるそうですが、それは遺伝はもちろん、食習慣にも関係すると考えられているそうです。

食事の中に花粉症やアレルギーに良いとされる食べ物が含まれない、栄養バランスが悪い、食事の時間が不規則…など、食生活が乱れている子供は親と同様、花粉症になりやすい、というわけですね。

子供に限らず、食習慣は体に与える影響が大きいことがわかります。

まだ花粉症の症状が出ていない方は、食習慣に気を付けることで予防できるかもしれません。

花粉症を既に発症している人への効果

食生活の乱れは免疫を低下させます。(ストレスでも免疫は低下するそうですのでご注意を!)

免疫が低下しているときに、花粉などの異物が体内に入ると、アレルギー症状を引き起こしてしまいます。

つまり、食生活の乱れを直し、免疫力を上げることで、花粉症の症状を和らげることにつながります。

食事療法は即効性あり?

残念ながら「食べればすぐ治る」という即効性のあるものは完全に解明されていないそうです。

調べていて良く目にするのが、昭和40年代以降、日本人の食生活は欧米化が進み、高タンパク・高カロリーの傾向になってきたことによる食生活の変化と、花粉症の増加の関連性が指摘されているということです。

日本食は、腸内環境を整え、アレルギーを予防する力がある為、日々日本食を摂取することで、花粉症の症状の緩和が期待できるかもしれません。

スポンサーリンク

花粉症対策に効果的な食べ物・飲み物ランキング

1位:甜茶


Japanese green tea on white wooden table

ノンカフェインで、タンニンや甜茶ポリフェノール、ミネラル分が豊富に含まれており、花粉症対策にとても有効だそうです。

また、甘く飲みやすいので、お子さんの花粉症対策にもおすすめです。

2位:ヨーグルト

ヨーグルトは牛乳に乳酸菌をプラスしてできた発酵食品です。

ヨーグルトにはたくさんの「乳酸菌」が含まれています。先述したとおり、乳酸菌を摂取することにより善玉菌が増え腸内環境が整うので、花粉症などのアレルギーの緩和に期待ができます。

ちなみに、ミカンの皮と一緒に摂取すると、花粉症抑制機能がアップするという研究結果があるそうです。

ミカンを食べた後はミカンの皮を細かく刻んで、ヨーグルトと一緒に食べてみるのはいかがでしょうか♪

3位:青魚

青魚にはEPAやDHAが豊富に含まれています。

特にEPAは体内の過剰な免疫反応や、炎症を抑制する効果も確認されており、米国やカナダなどでは、手術後のEPA摂取が推奨されているそうです。

症状緩和に期待大ですね♪

4位:れんこん

れんこんには、のどの痛みや炎症・鼻水などを抑える働きもあるタンニン、抗酸化作用のポリフェノールが豊富に含まれているそうです。

また、アレルギー症状の原因となるIgE抗体の過剰生産を抑える働きが他の野菜よりも多くあることがわかったそうです。

5位:納豆

納豆には腸内環境を整える作用があります。

乳酸菌と同様に、腸内環境を整えることで、免疫力を正常に保ち、アレルギー症状を緩和できると考えられているそうです。

気を付けたほうが良い食べ物

花粉症の人は、特定の野菜や果物によるアレルギーが起こりやすいそうです。

アレルゲンの構造が花粉と似ている野菜や果物があるそうですので、参考にしてみてください。

  • シラカバ・ハンノキなど:リンゴ、サクランボ、もも、洋なし、セロリ、人参、じゃがいも、大豆、ヘーゼルナッツなど
  • スギ:トマト
  • カモガヤ:メロン、キウイフルーツ、すいか、オレンジなど
  • ヨモギ:マンゴー、セロリ、人参など
  • ブタクサ:メロン、すいか、バナナ、きゅうりなど

特定の野菜や果物によるアレルギーが起こるなんて、知りませんでした。

もし、野菜や果物を食べた後に症状が悪化するようなことがあれば、疑ってみるほうが良いかもしれません。

まとめ

  • 花粉症の原因は、体内に花粉(アレルゲン)が入ってきた時にそれを排除しようとする、免疫反応。
  • 食生活の見直しによって花粉症の症状を和らげることは可能
  • アレルギーと関係の深い免疫機能の60%以上は腸に集中している。
  • 免疫機能と関係の深いアレルギーを緩和するためには、乳酸菌を摂取するなどして腸内環境を整えることが大切。日本食も効果的。
  • 食習慣を正しくすることも大切
  • 効果的な食べ物・飲み物は、甜茶、ヨーグルト、青魚、れんこん、納豆など。
  • 特定の野菜や果物によるアレルギー症状が出ることがあるので注意。

いかがでしたでしょうか。

完全に治ることが無いとはいえ、食事で少しでも辛い症状を抑えることが出来たら、素晴らしいですよね。

まずは食習慣を見直し、少しずつ効果的な食材を食事にとりいれてみてくださいね♪

長文お付き合いいただき、誠にありがとうございました。