夏の名物といえば選抜高校野球!

2017年も高校球児達の熱いドラマが繰り広げられようとしています。

2017年に甲子園で優勝の栄冠をどこの高校が手に入れるのか、楽しみですよね。

そして選抜高校野球といば毎年プロに匹敵する新進気鋭の強者が登場することで話題になります。

2017年も注目選手がたくさんいます。

今回は選抜高校野球2017夏の優勝予想やドラフト候補選手や注目高校をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

選抜高校野球2017夏の優勝予想

ズバリ、選抜高校野球2017夏の優勝校はどこになるのでしょうか?

甲子園は番狂わせが多く、どこが優勝するかを予想するのは大変難しいですが…。

今回はある高校が優勝すると予想してみました。

熊本県の「秀岳館高校」です

秀岳館高校は2016年から3回連続で甲子園に出場、いずれも準優勝まで勝ち上がる活躍を見せました。

選抜高校野球2017春では優勝校である大阪桐蔭高校に敗れこそしましたが、1-2の接戦を繰り広げました。

秀岳館高校の強さは何より選手層の厚さ。

投手陣は148kmの球速を誇る川端健斗選手、川端健斗に匹敵する144kmの球速が持ち味の田畑孔怜充(くれあ)選手の二枚看板が揃っており、守りの強さが光ります。

打線も木本凌雅選手、半情冬馬選手、山下竜哉選手など粒ぞろい。

切れ目なく相手を攻め立てることができます。

突出したエース任せではない、バランスよいチームであるという点が秀岳館の強みです。

何より3連続で甲子園優勝を逃しているという悔しさで士気は高いはず。

たくさんの強豪校がひしめく甲子園ですが、選抜高校野球2017夏の優勝は秀岳館高校になる可能性が高いといえます。

秀岳館高校野球部の選抜夏の甲子園2017スタメン!

 

選抜高校野球2017夏のドラフト候補選手や注目高校!

選抜高校野球2017夏のドラフト候補選手

川端健斗

さきほど優勝候補にもあげた秀岳館高校の川端健斗はドラフト候補にもなり得る注目の選手です。

元々制球力とキレに裏打ちされた安定感が強みの選手でしたが、2017年選抜高校野球2017春では強豪・作新学院高校を相手に自己最高となる球速148kmをマーク。

安定感のあるピッチャーでありながらも、パワーを身に付けつつあります。

2017年の甲子園で活躍すれば、ドラフト候補選手としてプロから注目されることは間違いないでしょう。

川端健斗の出身中学やプロフ!球種や球速とドラフト予想も

清宮幸太郎 ※予選敗退

いわずとしれた早稲田実業高校の「怪物」、清宮幸太郎。

高校通算107本の本塁打を達成し、高校球児の通算本塁打数の最高記録と並びました。

清宮は圧倒的なパフォーマンスと存在感から1年生の時にはすでにプロから注目を浴びていたという逸材です。

甲子園で結果を残せばまちがいなくプロ入りするでしょう。

ただ、早稲田実業高校は予選敗退してしまいました。。。

2017年夏の甲子園をさらに盛り上げてくれることを期待していた方も多かったと思います。

少々残念ですね。

ただ、甲子園が終わってからのドラフト会議でもまた注目が集まることでしょう。

その頃にまた清宮幸太郎選手の情報が舞い込んでくるのを待つことにしましょう。

岡林飛翔 ※予選敗退

菰野高校の岡林飛翔もプロから注目されているドラフト候補選手です。

普段のポジションはレフトですが、リリーフとしてピッチャーをすることも。

181cmの長身から繰り出される最速151kmの圧倒的球速・球威で名だたるスラッガーを抑え込んでしまいます。

おまけに打者としても大活躍。

バッターとしてもホームランもヒットも打てる高い打率を誇ります。

やや安定感が欠けるきらいがあるものの、広島東洋カープなどプロのスカウトも一目置く存在です。

大谷のように二刀流で活躍できるプロになるかもしれませんね。

ただ、残念ながら菰野高校は予選敗退してしまいました。。。

岡田飛翔選手もドラフト会議の頃にまた沸かせてくれることでしょう。

選抜高校野球2017夏の注目高校

優勝予想では秀岳館高校を挙げましたが、他にも注目できる高校はまだまだあります。

履正社高校(大阪)※大阪予選にて敗退

選抜高校野球2017春で桐蔭学園高校と優勝を争った履正社高校ですが、もちろん選抜高校野球2017夏の優勝候補の一つです。

ドラフト上位間違いなしの安田尚憲、竹田裕を擁する布陣は健在。

選抜高校野球2017夏ではいよいよ優勝することもあり得るでしょう。

大阪桐蔭高校(大阪)

大阪桐蔭高校は2017年春の選抜高校野球(春の甲子園)にて優勝を果たしております。

決勝戦では同じく大阪の強豪である履正社高校を下しております。

夏の甲子園予選では再び大阪桐蔭高校と履正社高校が激突する!という春の甲子園の再現がなかったのは少々残念でしたが。。。

さて、そんな大阪桐蔭高校の注目選手といえば徳山荘磨選手ですね。

エースとしての絶対的な信頼を得て、大阪予選では準決勝・決勝と連続完投し勝利を果たしております。

ここに根尾昴選手、柿木蓮選手など投手陣がうまく回っていくことができれば、夏の甲子園優勝、そして春夏制覇を成し遂げることができることでしょう。

作新学院高校(栃木)

いわずと知れた強豪校の作新学院高校。

選抜高校野球2017春では残念ながら2回戦で敗退しましたが、エースの大関秀太郎を初めとし、篠原聖弥、池沢快斗、中島淳など選手層が手厚くなり、チームが仕上がっています。

ややエースに頼りすぎる傾向があった作新学院高校ですが、その難点はすでに克服されているはず。

甲子園での活躍が期待できます。

仙台育英高校(宮城)

優勝候補と謳われながらも、イマイチぱっとしなかった仙台育英高校も選抜高校野球2017夏では一味違います。

元々打線の強さがウリでしたが、現在は豊富な投手陣を生かした守りの強さが際立っています。

投手陣はエースの長谷川拓帆や前武當大斗、加藤雅己がガッチリと固めていますので半端な打線は通じません。

一方の打線も西巻賢二、山田利輝などが揃っており、ちゃんと攻め手も充実。

野手兼任の投手である佐川光明や杉山拓海もおり、剛柔備えたプレイが期待できます。

まとめ

  • 選抜高校野球2017夏の優勝予想は熊本県の秀岳館高校。
  • ドラフト候補選手で注目なのは川端健斗、清宮幸太郎、岡林飛翔。
  • 注目高校は大阪桐蔭高校、作新学院高校、仙台育英高校。

色々予想してきましたが、選抜高校野球は番狂わせが多く、また甲子園を切っ掛けに突然開花する選手が現れることもあります。

それだけ先が読めないドラマが繰り広げられるのも選抜高校野球の魅力です。

今年の夏は選抜高校野球2017を見て、高校球児と一緒に熱くなりましょう!