暑い夏がやってきましたが、皆様夏休みはどのようなご予定でしょうか。

きっと避暑地に行ったりお盆をゆっくりしたりなど、いろいろとご予定があるかと思います。

ただ、やはり夏といえばお祭りではないでしょうか。

そこでこちらでは、夏祭りの有名どころであり、東京で開催される「高円寺阿波踊り」2017年情報をお届けいたします。

屋台情報もご紹介しますため、ぜひお祭りを楽しく満喫していただければ幸いです。

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

高円寺阿波踊りとは?

東京にいて本場さながらの阿波踊りが堪能できる!

全国から150を超える「連」が集結!

阿波踊りといえば本場は徳島ですが、東京にいて大規模な阿波踊りを楽しむことができるとあって大人気のお祭りです。

例年踊る人は1万人、そして訪れる人はなんと100万人にものぼると言われています。

また今年で第60回!もともとは地域の活性化のために始まったとされていますが、いまや関東近郊で多くの人が楽しみにしているお祭りとなりました。

2017年の開催日程はいつ?

2017年の開催日程は下の通りです。

  • 8月26日(土)
  • 8月27日(日)

また雨天順延の場合は、予備日として翌日の8月28(月)が予定されています。

お祭り開催時間は17:00~20:00となります。

高円寺阿波踊り 開催場所

高円寺阿波踊りの開催場所は下となります。

  • JR高円寺駅、東京メトロ新高円寺駅界隈の8つの通りを利用した演舞場

高円寺阿波踊りの見どころ

演舞場によって見え方にそれぞれ特色があるというのが高円寺阿波踊りの見所の一つですね。

踊り手を至近距離で見ることができるという点では、JR高円寺駅北側と南側の演舞場が人気が高いですね。

ですが最も人気なのは、一番賑やかになる中央通りの演舞場ではないでしょうか。

混雑必至ですが連独自のフォーメーションなど凝った演出も見られます。

舞台「踊れ高円寺セシオン2017」

また「おどれ高円寺セシオン2017」と題し、舞台での阿波踊り披露もあります。

こちらはチケットが必要になりますため、ご注意ください。

照明や音響効果も加わり大迫力の舞台は圧巻ですので、お時間許す場合はぜひとも足を運んでみてください!

特にお目当ての連がある場合などはぜひ観てみたいですね。

<開催時間>

  • 第一部 開場11:00 / 開演11:30
  • 第二部 開場13:30 / 開演14:00

<開催会場>

  • セシオン杉並(高円寺地域区民センター)

<その他チケット情報等>

  • チケットは1枚1500円(3歳以下保護者のひざ上の鑑賞のみ無料)
  • 各部完全入れ替え制

高円寺阿波おどりを楽しもう!

屋台情報:どのあたりに出るの?

一般的な道路脇の歩道に立ち並ぶ屋台もありますが、高円寺阿波踊りでは同時開催の屋台イベントが多数企画されています。

駅前広場や付近の公園などで両日同時開催されます。

ここではよくある屋台の一品のほかに、B級グルメや阿波踊りだけに「徳島スダチビール」など徳島のおいしいものがずらりと並びます。

また被災地復興支援として福島牛やなみえ焼きそばなどもやってきます。

踊り鑑賞と合わせて楽しみですね!

<屋台村情報>

  • まんぷく高円寺テント村(高円寺北口広場ブース 11:00~20:00)
  • 被災地復興応援屋台村(南口中央公園ブース 12:00~20:00)など

交通規制が入るのはどの区域?

道路上を踊りながら練り歩く阿波踊りでは交通規制は必須ですよね。

高円寺阿波踊りではJR高円寺駅を中心に、青梅街道・環状七号線・早稲田通り・馬橋通りに囲まれた地域で交通規制が入ります。

<交通規制時間>

16:15~20:30

もしお車で向かわれる場合は交通規制にも気をつけて計画を立ててください。

阿波踊り自体は駅のすぐそばで催されます。2日で100万人の動員となると時間帯によっては電車も大混雑が予想されます。

屋台もたくさん出ていますし、早めの到着で混雑を回避する方法も考えてみてはいかがでしょうか。

雨天決行!?雨が降ったらどうなるの?

基本的には雨天決行とされています。

しかしよほどの雨の場合は中止となります。その場合は順延予備日として28日(月)が予定されています。

雨にも負けない熱気あふれる阿波踊り。

大切な和太鼓などにはビニールをかけて、雨の中演奏するところも。

多少の雨なら見てみたい!と思われる方も例年多いようです。

会場の一部はアーケードが付いていますが、雨の場合やはりそこはかなりの混雑になることは必至。

アーケードを狙うか逆に外すか・・・。

雨天決行なので計画は立てやすいですが夕立なども多い時期です。

雨が降り出しそうなら少し作戦を立てるとより楽しむことが出来るかもしれませんね。

高円寺阿波踊りの前夜祭は穴場!?

前夜祭「ふれおどり」開催日程や場所

高円寺阿波踊りにも前夜祭があります。

「ふれおどり」と呼ばれる前夜祭はもともと地元の人に楽しんでもらおうと企画されたのが始まり。

それだけに大々的な告知などもなく、お祭りそのものよりもだいぶ人出は少ないようです。

阿波踊りの熱気は少し劣るかもしれませんが、落ち着いて鑑賞できるし前夜祭特有のワクワク感などはきっと堪能できるはず。

小さなお子さま連れなどで企画されるときなどは、混雑も少なく安心ですね。

<開催日程>

  • 8月25日(金)18:00~20:00

<開催場所>

  • 純情商店街・パル商店街・ルック商店街

まとめ

  • 2017年高円寺阿波踊り開催日程は8月26、27日
  • 屋台にも徳島の味!「徳島スダチビール」など名産がやってくる
  • 交通規制や雨天決行など当日確認しておきたいポイント
  • 前夜祭「ふれおどり」は混雑が少ない穴場イベント

についてまとめてみました。

いかがでしたか?

みんなが生き生きと楽しそうに踊る姿は見ているこちらも楽しくなります!そして「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損損」・・・その独特の言い回しで思わず体を動かしたくなるかも!?

そんな阿波踊りの魅力がギュッとつまった高円寺阿波踊り。

関東にいながら四国の空気を感じられるこのお祭りにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。