まもなく夏の高校野球の季節がやってきます!

毎年暑い中、白熱のプレーあり、感動のプレーあり、高校球児達が甲子園でベストを尽くしてプレーをします。プロ野球ファンでなくても、高校野球は観る!という人も多いのではないでしょうか?

今年で第99回となる夏の甲子園、今回はその前売りチケットの購入方法やチケット料金などのご紹介をしてまいります。

スポンサーリンク

夏の甲子園2017日程

甲子園の各日程

①組み合わせ抽選会ー8月4日(金曜)16:00~

②開会式ー8月7日(月曜)9:00~

③_第1日ー8月7日(月曜)

④準々決勝ー8月18日(金曜)

⑤準決勝ー8月20日(日曜)

⑥決勝ー8月21日(月曜)

⑦閉会式ー8月21日(月曜)

さて、日程が分かったところで気になるのはチケットの買い方ですね。

甲子園で高校野球を無料で観戦したい方、それは外野席のみとなります。

それ以外、内野席で観戦したい場合は、前売りチケット、当日券などのチケットを購入しての観戦となります。

それではまずは、前売りチケットの買い方からご紹介します。

夏の甲子園2017前売りチケットの種類と料金 

前売りチケットの種類と料金

 前売りチケットには次の5種類があります。

<前売り単日券>

一般的な前売りチケットで、一・三塁特別自由席です。見たい日にちを指定し、その日終日観戦できます。

希望日前日の午後6時まで購入できます。

一般:1500円 子ども4歳以上小学生以下:600円

<通し券>

大会7日目まで試合を通して観戦できます。

中央特別自由席:26000円

一・三塁特別自由席:19500円

<ボックス席>

4人席または5人席があり、グループでも一緒に観戦できます。

4人席:9000円・8000円

5人席:13000円・11000円・10000円

<ペア席>

10席のみの貴重な席です。テレビ付きカウンターテーブルで観戦できます。

2人定員:6000円

<アルプスデッキ席>

16人でまとまって観戦できる、値段もお得な席です。

16人定員:16000円

前売りチケットの購入方法

発売日と発売場所は下記となります。

・発売日ー7月中旬

・発売場所ーチケットぴあ、サークルK・サンクス、セブン_・イレブン、ローソンチケット、ミニストップなどで購入できます。

前売りチケットのお問い合わせ先:

・チケットぴあ(0570-02-9999)

http://pia.jp/t/koshien-summer/

・ローソンチケット(0570-000-732)

http://l-tike.com/sports/koushien/

前売りチケット購入の注意点

前売りチケットが販売される7月中旬の時点では試合の組み合わせがまだ決まっていません。前売りチケットは事前に日にちを指定して購入するので、自分の応援している高校や、特定の高校の試合を観戦したい_場合には、やはり当日券を買うしかないということをご注意ください。

それでは、当日券はどのように購入するのか、次でご説明していきます。

当日チケットの購入方法

当日チケットの販売場所

当日券は試合当日、開門時間の午前6時30分から、阪神甲子園球場の入場券販売窓口にて発売されます。ネットでの予約や購入はできませんので球場に行って購入となります。

有名校や決勝戦など人気のある日のチケットは、かなり早くから並ばないと取れないこともありますのでご注意ください。試合によっては前日から並んでいる人もいるほどです。

当日チケットの料金

当日チケットには下記があります。

・中央特別自由席 2000円

・一・三塁特別自由席 1500円(子ども4歳以上小学生以下は600円)

・アルプス席 600円

・外野席 無料

まとめ

  • 夏の甲子園2017の開会式・第1日目は8月7日
  • 前売りチケットは1500円から、ペア席やグループ席あり
  • 観戦したい試合がある場合は当日チケットがおすすめ

夏の甲子園のチケット購入についてご紹介しました。

この試合は絶対に見たい!という時は球場に足を運んで当日券がおすすめですし、とにかく甲子園の雰囲気を感じてみたい、ペア席などありますので特別なイベントとして高校野球を観戦したいなどの場合は前売りチケットをおすすめします。

第99回夏の甲子園、今年はライブで観戦してみてはいかがでしょうか?

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。