中井卓大選手はサッカー名門クラブのレアル・マドリードで活躍する日本人です。

天才サッカー少年と呼ばれる中井卓大選手は「五人の神童」にも選出されています。

それほどまでに評価される理由はどこにあるのか気になりますね。

そこで今回は中井卓大選手のプロフィールやプレーについて紹介します。

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

中井卓大のプロフィール

プロフィール

  • 名前:中井卓大
  • 読み:なかいたくひろ
  • 出身:滋賀県大津市
  • 生年月日:2003年10月24日
  • 身長:159cm
  • 体重:46kg
  • ニックネーム:PIPI(ピピ)

世界中のクラブが注目している中井卓大選手はなんとまだ13歳です。驚きですね。

身長もぐんぐん伸びているようなのでこれからの成長も非常に楽しみです。

またウワサによると「ピピ」の愛称で呼ばれる理由は、小さい頃上手くプレーができずピーピー泣いていたからだそうです。

幼少期の悔しさをバネにここまで成長したのでしょうね。

ポジション・プレースタイル

ポジションは左サイドハーフや左サイドバック、左のウィングとなっています。

足裏を器用に使ったボールタッチが魅力的なドリブラーです。

 特に後ろへのドリブルが評価されています。

ブラジル代表のマルセロの視察際に、高速バックステップドリブルを披露し絶賛されていました。

高度なドリブルテクニックと広い視野をもっていて、まるで全盛期の中田英寿選手のように相手の動きを把握しながらプレーをします。

このように中井卓大選手の強みは、ドリブルテクニックに加えて広い視野により自分のポジションや仲間と相手の動きを全体的に見ながら、先の動きを予想してプレーできるところにあります。

出身校

出身小学校は「大津市立堅田小学校」です。

地元の小学校だったのですね。

クラブチームは「アズー滋賀」に所属していました。

小学校は至って普通ですがアズー滋賀はかなりの名門のようです。 

中井卓大の経歴

  • 2012年:レアル・マドリード・ファンデーションキャンプに参加し優秀選手に選抜される
  • 2013年4月:『チャレンジキャンプ in スペイン』に参加
  • 2013年9月:レアルのカンテラの入団最終テストに日本人初合格
  • 2014年夏:レアルのカンテラでプレー開始
  • 2015年3月:久保くんバルサ退団、その一方中井くんは退団なし
  • 2017年現在:レアル・マドリーのインファンティルA(U-14)で活動中

デビューしたのは2013年なので当時9歳ですね。

入団テストを受けに来た世界中の子どもは50人でした。しかしその中で合格したのはなんと中井卓大選手ただ一人だけです。

2015年にはFIFAの18歳以下の選手獲得での登録違反に対する裁定がありました。

中井卓大選手の所属するレアルはこれを逃れましたが、共に天才サッカー少年と呼ばれた久保建英選手はバルサを退団することになりました。

現在も中井卓大選手順調に成長し、レアル・マドリーのインファンティルA(U-14)で活躍しています。

中井卓大が神童の理由

ドイツの地元紙に「ビルト」という新聞があります。

サッカーに関しては辛口な評価をするビルトが、発表したのが「五人の神童」です。

五人の神童とは世界中のサッカー少年のなかのトップ5を選出したもので、日本の少年2人が選ばれました。

その驚くべき評価を得た日本人の一人が中井卓大選手なのです。

神童と呼ばれる理由は圧巻のドリブルと超絶テクニックの持ち主であることです。

すでにクリスティアーノ・ロナウドなどのスーパースターと比較されるほどの技術が評価されています。

五人の神童に日本人が2人も選ばれるなんて凄いことですよね。

この若さでスーパースター達と名を連ねているのは驚愕です。 

中井卓大の今後

レアルで活躍

現在は23人から8人が足切りになる狭き門を見事にくぐり抜け、インティファールAに昇格しています。

今後中井卓大選手がトップチームに昇格するにはカデーテA、BフビニールA、B、C、カスティージャと残り6つの下部組織を突破しなくてはいけません。

もしかすると順調にトップチームまで上がれれば、クリスティアーノ・ロナウドとの共演が見られるかもせれませんね。

今後の活躍に期待しましょう。

東京五輪出場も

2020年に開催される東京五輪に出場する可能性もあります。

しかし元日本代表の松井大輔選手は「ユースからプロの段階へ自動的にとんとん拍子で上がっていけるものでもないし、2人もそれが保証されているというわけでは全然ない」と言っています。

現在は順調な成長を見せていますが、今後どのように成長するかはわかりません。

過度な期待を現状況で抱くのには早すぎるのかもしれませんね。

プレッシャーにもなり、成長の妨げになる可能性もあります。

実際に東京五輪でピッチに立つ日が来るまでは、こっそり暖かく見守っていきたいですね。

まとめ

  • 中井卓大選手の愛称はPIPI(ピピ)!
  • 高度なドリブルと広い視野を持つテクニシャン!
  • レアル・マドリーのインファンティルAで活躍中!

現在は順調に成長を見せていて今後の活躍に期待してしまいますね。

プレーにも華があり、スーパースターから高い評価を得ているのも納得です。

ぜひとも大きな舞台での活躍を祈って、暖かく見守っていきたいですね。

最後までありがとうございました。