WBC 2017、そしてプロ野球オープン戦で盛り上がり、徐々に2017年プロ野球開幕戦へ向けて熱を帯びてきた今日この頃かと思います。

ただ、WBC 2017では1点残念な点がありました。それが大谷翔平選手の怪我による出場辞退です。あの右足首の怪我がなければWBC 2017に出場し、世界から注目をより一層集めることができたはずなのに…個人的には誠に残念です。

そんな大谷翔平選手の現在の怪我の状態から、今後の投手としての復帰時期を予想してまいりたいと思います。また、開幕戦では出場を果たすのか、その場合どのような形で出場するのかも予想をしてまいります。

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサーリンク

大谷翔平選手の怪我について

怪我の経過

昨年の日本シリーズで1塁ベースを回る際にバランスを崩し右足首に故障を抱えました。しかし、チームは日本一に輝き、その後は登板もなかった為、オフの間に完治すると、本人も、チーム首脳陣も確信していました。ここまでなら普通の話です。

大谷翔平投手はオフに右足首の故障が完治していないにも関わらず右足で思いっきりキックボクシングをしてしまいました。流石に故障を抱えてその個所を強く打つキックボクシングは怪我を悪化させることはあっても良くなることはないです。軽率な行動だと言われも仕方がないです。

しかし、本人はキックボクシングの件に関してはコメントがありません。球界の宝とまで言われている選手ですから、説明はすべきだと思います。真剣に野球をして怪我をしたのなら仕方がありません。しかし、怪我をしたのは日本シリーズです。そして、悪化させたのはキックボクシングなのは明白です。ここに注目です。

オフだから何でもしていいと言う考えは誤りです。当然自覚のあるプロ野球選手なら分かっています。分かっていながら、キックボクシングにうつつを抜かしたのは不味かったですね。

最近の怪我情報

現在、右足首の怪我については一番悪い状態は抜けました。今はかなり回復しています。しかし、再発が怖いです。怪我は完治しても再発する事が度々あります。今は経過良好である事は間違いありません。

走塁やフリーバッティングに特に支障はありませんが、まだ投球練習を開始していません。やはり、投手と打者では投手の方が体を大きく使います。

そして大谷投手の怪我の箇所は軸足の右足首です。軸足に体重を乗せられない状況です。

その為、左打席に入る打撃は軸足が左になるのでバッターボックスに立つ事が出来ますが、軸足が右の投手ではまだ投げる事が出来ないのです。

最近のオープン戦情報

教育リーグでDHとして打席に立ち、タイムリーヒットと、ツーランホームランを放ち貫禄の違いを見せつけています。

流石に教育リーグになると、メジャーでも通用すると言われている大谷選手の打撃は群を抜いています。

そしてオープン戦初スタメンで広い札幌ドームで推定140M弾を放ちました軽々スタンドに持っていくあたりは多少の実践間隔が離れていても大谷選手クラスになると関係ないと言ったところです。

大谷翔平の復帰予想

投手としての復帰予想

投手としての1軍での登板はゴールデンウイーク辺りでの復帰が濃厚とみられています。

まだ3月中旬の段階で、本格的な投球練習はしていません。最速165キロを投げる投手が、いきなり2週間で仕上がるとは思えませんし、現実問題無理があります。

3月下旬から投球練習を軽く始め、徐々にペースアップしていくと思われます。実践復帰は逆算するとゴールデンウイーク辺りが濃厚となります。

投手としての調整が遅れると、5月中旬から下旬にずれこむ可能性も否定はできません。「三角骨障害」がこのまま完治する事が何れにせよ絶対条件になってきます。

野手としての復帰時期

指名打者なら開幕に間に合う可能性が十分にあります。

指名打者なので守備につく必要もありませんし、際どいクロスプレーになりそうな時は、3塁コーチも手を回さないでしょう。コリジョンルールがあるとはいえ、万が一は怖いです。

走塁に関しては安全運転の各駅停車で様子を最初は見る形になります。エンドランのサインなどは出しづらいです。勿論、明らかにファーストからサードを陥れる打球なら、セカンドベースを蹴ります。

大谷翔平選手の魅力は豪快な打撃もそうですが、日本人選手が道の領域の170キロを将来的に出せるかにも注目が集まります。その為には打者でも怪我を悪化させない事です。

まとめ

  • 大谷翔平選手の右足首の怪我の原因は日本シリーズ
  • キックボクシングにて、右足首の怪我を悪化させてしまった
  • 投手としての復帰はゴールデンウィーク明けとなるか
  • 開幕戦ならば野手としての復帰可能性もありうる

現在の日本プロ野球界で最も注目されているといっても過言ではない大谷翔平選手であるだけに、今回の怪我はちょっと残念でしたね。

それでも現在は努力して右足首の怪我の完治に全力を注いでいる、そして見事に投手として復帰するためにリハビリを重ねているはずです。

早く大谷翔平選手の投手としての復帰戦を見てみたいですね。

長文お付き合いいただき、誠にありがとうございます。