今日本の野球で最もホットな選手といえば大谷翔平

二刀流もますます磨きがかかり、今後も一層の活躍が期待されています。

一方、そんな大谷翔平につきまとう噂といえばメジャーリーグ球団への移籍。

あれだけ有能な選手ですから、メジャーリーグ球団のスカウトも熱視線を向けているのは当然でしょう。

そんな中、いよいよ大谷翔平が2017年のオフシーズンにメジャーリーグ球団への移籍を決意しました。

いよいよ大谷翔平が世界に!

ファンもワクワクしているかと思います。

今回は大谷翔平が一体どこのメジャーリーグ球団に行くのか予想してみました。

契約年俸や移籍時期も予想していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

メジャーリーグ移籍時期はいつ?

メジャーリーグ移籍時期はいつになりそう?

大谷翔平がメジャーリーグ移籍を決断したのは2017年9月13日

すでにメジャーリーグ球団のスカウトが来ていることを踏まえると、2017年のオフシーズンには交渉に入ると思われます。

契約交渉が順調に行くか難航するかで時期は変動しますが、もし順調に契約が進んだ場合、2018年の1月にはメジャーリーグに移籍すると思われます。

1月に渡米すればそのまま現地で調整、所属チームのスプリングトレーニングに合流できます。

大谷翔平が二刀流を続行するにせよ、投手・野手のどちらかに集中するにせよ、そのチームと上手く連携できるように調整することは大切なことです。

もし交渉が難航した場合は2018年のシーズン中、或いは2019年まで持ち越しになる可能性があります。

ただ、元々大谷翔平はメジャーリーグのスカウトから注目されており、すでに条件を提示している球団もあるそうです。

大谷翔平が明確に移籍を表明した以上、遺跡がずれ込む可能性は低いでしょう。

なぜ大谷翔平はすんなりメジャーリーグに行ける?

大谷翔平がメジャーリーグに行くということでちょっと気になるのが日ハムの対応。

もはや日ハムの看板ともいうべき大谷翔平のメジャーリーグ移籍に賛同するとはちょっと考えにくいものです。

しかし今回の大谷翔平のメジャーリーグ移籍に日ハムはあっさり賛同しています。

ここには日ハムなりの計算があるようで…。

日ハムにとって大谷翔平はまさにお金もお客も勝利も呼んでくれる最高の選手ですが、勝ち続ける選手の年俸はどんどん高騰していくもの。

このまま大谷翔平が活躍し続けると彼一人の年俸で運営が圧迫されかねません

加えて大谷翔平という存在感が強すぎるとチームも自然と依存してしまうもの。

チームのこれからの成長も見越してあえて大谷翔平を手放すという考えもあるようです。

大谷翔平の向上心と日ハムの思惑がうまい具合にかみあったからこそ、大谷翔平のメジャーリーグ移籍の足掛かりになったといえるでしょう。

スカウトが来ている球団

大谷翔平の候補に入っている球団。

大谷翔平のメジャーリーグ移籍に際してスカウトを送り込んでいる球団はすでにわかっています。

ここではスカウトを送りこんでいる球団のうち、大谷翔平が選択する可能性が高く、なおかつスカウトを送り込んでいる球団は以下の通りです。

  • ニューヨーク・ヤンキース
  • シアトル・マリナーズ
  • ロサンゼルス・ドジャーズ
  • サンフランシスコ・ジャイアンツ
  • アリゾナ・ダイヤモンドバックス
  • サンディエゴ・パドレス
  • テキサス・レンジャーズ

これらの球団のうち、ヤンキースマリナーズドジャーズパドレスレンジャーズGM以上の首脳が日ハムの試合を視察しています。早々たる球団ですよね!

この5チームがかなり熱意が入っているといえるでしょう。

実際に日本人選手が活躍している球団もあり、大谷翔平が所属すれば夢の共演が見られるでしょう。

他にスカウトを送り込んでいる球団は?

大谷翔平のメジャー移籍を巡って球団名が挙がっているのは先ほどご紹介した7球団です。

しかし、それ以外のメジャーリーグの球団も大谷翔平を虎視眈々と狙っているという情報もあります。

実際、大谷翔平の注目度はメジャーリーグの公式サイトで彼に似合った球団を考察するという特集記事を掲載するほどのもの。

一部では「20球団で争奪になるかもしれない」という話も出ているなど、大谷翔平の争奪戦はますます激化する可能性があります。

今後も目が離せませんね!

スポンサーリンク

大谷翔平はどこの球団に移籍するか予想!

大谷翔平のメジャーリーグ移籍のポイント

まずは一度大谷翔平のメジャーリーグ移籍のポイントについておさらいしましょう。

大谷翔平のメジャーリーグ移籍にはある2つのポイントが重要になってきます。

大谷翔平の意向

何より大事なのは移籍する大谷翔平本人の意向ですよね。

大谷翔平はメジャーリーグ移籍への挑戦にさしあたり、以下のようなことを述べています。

  • 「金額は問題じゃない」
  • 「西部地区がいい」
  • 「日本人選手がいない(あるいは実績を残していない)」

金額を気にしないあたりが大谷翔平の器の大きさを感じさせますが、残り2つは球団候補を絞る上でかなり重要な条件になりそうですよね。

メジャーリーグの契約金制限

メジャーリーグ移籍に限らず、野球戦士の移籍には何かとお金がついてまわるもの。

単純に多額の契約金を用意出来るチームなら選手を引き抜ける可能性が高くなります。

しかし、そんな風向きが変わりそうな自体が起こりました。

メジャーリーグが2016年の労使交渉で25歳未満の海外の選手に対して、契約金に制限をつけるという旨を発表しているのです。

つまり多額の契約金で引っこ抜く…という荒業がメジャーリーグでは使えなくなっています。

これを踏まえると必ずしも資金力が豊富な球団が有利にならなくなります。

大谷翔平が「金額を気にしない」と明言している以上、資金力がないチームに移籍してくる可能性も高くなるでしょう。

大谷翔平が移籍しそうな球団候補!

それでは、大谷翔平が移籍しそうな球団を3つに絞ってご紹介します。

サンディエゴ・パドレス

大谷翔平が移籍する球団として最有力なのがサンディエゴ・パドレス。

大谷翔平の条件である「西部地区の球団」、「日本人がいない」に該当する他、かつて大谷翔平が高校卒業時にメジャー移籍を考えたいた際に声をかけていたスカウトがいると言われています。

何より二刀流としての大谷翔平を評価しており、プレイスタイルを継続できるのも魅力です。

アリゾナ・ダイヤモンドバックス

パドレス同様大谷翔平の移籍候補として名が浮上しているのがダイヤモンドバックス。

パドレスと同じくかつて大谷翔平に接触したスカウトが在籍しており、また大谷翔平の条件ともマッチします。

ニューヨーク・ヤンキース

言わずと知れた有名球団ニューヨーク・ヤンキース。

大谷翔平の条件にこそ外れている感じがしますが、一説では大谷翔平はニューヨークに行きたいという情報もあり、またジラルディ監督が大谷翔平を二刀流として起用したいという旨の発言もしています。

何より豊富な資金力があり、好条件での契約が可能。

有力球団の一つとして挙がっています。

大谷翔平の契約年俸予想

メジャーの契約金制限は影響する?

大谷翔平のメジャー移籍において気になるのが契約年俸。

しかし先程お伝えしたようにメジャーリーグには契約年俸に関して制限がついており、これが大谷翔平の契約年俸に影響するのは間違いありません。

メジャーの25歳未満の海外選手に対する契約金は「475万ドル~575万ドルが上限」と言われています。

日本円にすると約5~6億円です。

さらに上限金額を追加できますが、最大で830万~1010万ドルにまで加算されます。

しかし海外選手に費やす資金を超過した球団はペナルティが課せられ、30万ドルまでしか契約金を支払えなくなります。

資金超過した際のペナルティを踏まえると各球団とも下手に大きな金額を使うことは難しいでしょう。

大谷翔平の契約年俸予想

大谷翔平がメジャーリーグの球団と契約した場合の契約年俸はどうなるでしょうか。

球団によって用意できる資金が違うので大谷翔平の契約年俸は契約した球団次第になります。

しかし、大谷翔平に対して盛んにアプローチをかけていると噂されているダイヤモンドバックスやヤンキースなら若い選手であることを差し引いても100万ドル前後の年俸でスタートする可能性が高いでしょう。

もしマイナー契約からのスタートなら最低でも年俸55万ドルになります。

パドレスも有力候補ですが、パドレスは資金超過のペナルティを受けて現在30万ドルまでしか契約年俸を用意できない状態です。

さすがに大谷翔平クラスに30万ドル…というのは厳しいですが、大谷翔平が「金額は関係ない」と明言している以上、の契約年俸でもOKを出す可能性はあるでしょう。

大谷翔平は二刀流を続けられる?

大谷翔平の代名詞といえば投手と野手の二刀流

もはやこれ抜きでは考えられないのが大谷翔平です。

実際パドレスヤンキースといった球団は二刀流としての大谷翔平を評価しており、二刀流として大谷翔平を起用する可能性は高いでしょう。

しかし日本のリーグがそうだったように、二刀流はメジャーリーグでも珍しいもの。

過去にもベーブ・ルースを初め、二刀流で活躍していた選手はいますが、途中で野手、あるいは投手として専念するようになったケースが多く、最後まで二刀流を貫き通した選手はいません。

大谷翔平に関しては抜きん出た実力を発揮しているので、移籍後は二刀流の立ち位置でやることはできるでしょう。

しかしメジャーリーグは日本のリーグよりハードなスケジュールに加えて相手チームは強豪ぞろい。

大谷翔平が二刀流を「続けられる」かどうかは正直難しいところです。

まとめ

  • 大谷翔平のメジャーリーグへの移籍は早ければ2018年1月頃に実現すると予想される。
  • スカウトが来ているのは7球団だが、20球団での取り合いになる可能性も。
  • 大谷翔平が移籍する可能性が高い球団はパドレス、ダイヤモンドバックス、ヤンキース。
  • メジャーリーグの契約金に対する制限や大谷翔平の意向が移籍に影響する可能性は高い。
  • 契約年俸は最低でも55万ドルスタート。30万ドルになる可能性もあるが、これはちょっと怪しい。

大谷翔平という日本の中でも稀有な二刀流の名選手がメジャーリーグに行ってしまうのは少々寂しいところ。

しかし渡米するならぜひとも活躍してほしいものです。

大谷翔平が将来のためにどの球団に選ぶか、注目しましょう!