現在はWBC 2017で盛り上がっているところですが、日本プロ野球界も徐々に熱を帯び始めております。

3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

過去には田中将大選手も在籍しており、日本一にも輝いていた東北楽天ゴールデンイーグルスですが、2014年、2015年と最下位に終わり、2016年にはリーグ5位の結果に終わっております。

是非ともあの4年前の栄光をもう一度掴んでほしいですが、さて2017年は楽天はどのような活躍を見せてくれるのでしょうか。

こちらではそんな楽天の開幕投手や歴代選手のご紹介を致します。また、スタメン予想や先発ローテについてもまとめてまいりました。

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサーリンク

楽天 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の楽天において、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 田中将大選手
  • 2013年 ⇒ 則本昂大選手
  • 2014年 ⇒ 則本昂大選手
  • 2015年 ⇒ 則本昂大選手
  • 2016年 ⇒ 則本昂大選手

2012年には田中将大選手が開幕投手を務めることとなりました。

そして2013年にはWBCメンバーとして選出され、開幕投手は則本昂大選手が任命されております。

2014年には田中将大選手はメジャーリーガーとして新たな一歩を踏み出し、完全に則本昂大選手に引き継がれた、というのが歴代の開幕投手の流れとなります。

さて、今年の2017年にはいったい誰が開幕投手として選出されるのでしょうかね。

 

2016年 楽天 スタメン情報

2016年 楽天 開幕戦スタメン

  1. (左)岡島
  2. (一)銀次
  3. (中)松井稼
  4. (右)ウィーラー
  5. (遊)今江
  6. (三)茂木
  7. (DH)ゴームズ
  8. (二)藤田
  9. (捕)嶋

2016年の開幕スタメンは上のメンバーに手構成されておりました。

2017年も活躍が期待されるウィーラー選手は4番起用だったのですか。

開幕スタメン発表の際には、「2番に銀二を入れるのか!!」と驚きの采配を梨田監督がされていたこともちょっと話題となりましたね。

さて、今年の2017年開幕戦スタメンでも話題を呼ぶ采配をするのか、注目しておきたいですね。

 

2017年 開幕スタメン・開幕投手予想

開幕スタメン予想

1番(中)島内宏明選手

2番(游)茂木栄五郎選手

3番(右)カルロス・ペゲーロ選手

4番(指)アマダー選手

5番(左)ウィラー選手

6番(一)銀二

7番(三)今江敏晃

8番(二)藤田一也

9番(捕)嶋基宏

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

1番(中)島内宏明選手

年々着実に力をつけてきています。努力派のタイプです。天才派と努力派があります。島内宏明選手は完全な努力派です。1番打者に必要な選球眼と俊足を兼ね備えています。守備力も文句なしです。今年は 飛躍の年になりそうです。

2番(游)茂木栄五郎選手

昨年はルーキーイヤーで新人王を争いましたが、残念ながら新人王は逃しました。しかし、昨年の活躍で自信をつけたのも確かです。今年は2年目です。ジンクスがあると良く言われますが、それらを感じさせない活躍を期待できます。

3番(右)カルロス・ペゲーロ選手

楽天のクーリンナップは外国人3人衆です。当然3人外国人選手が並ぶ訳ですから期待されるのは長打力です。ベゲーロ選手も長打力が魅力のバッターです。多少の守備は目を瞑ってあげなければいけません。ただ、それ程、守備力は低くはないです。

4番(指)アマダー選手

見るからに遠くに飛ばす力を持っている巨漢です。長打力は文句なしです。後は、もう少し選球眼が良くなれば打率も残せる脅威の長距離砲になります。足が遅いのはご愛敬です。指名打者なので守備につかないのでリズムを掴まないとだめです。昨年で慣れたと思います。

5番(左)ウィラー選手

長打力も魅力ですが、その体には似つかわしくない守備力が高いです。安心してレフトを守らせられます。打力も確かなものがあり、外国人3人衆の最後を務めます。非常にバランスの取れた選手です。やや長打力先行です。

6番(一)銀二

名前の通りいぶし銀の選手です。非常にバットコントロールが上手い選手です。ボールを手元まで引き付けて打つ事が出来るのでアベレージは残ります。大きなのはあまり期待できませんが、シャープな打撃で楽天打線の中軸を担います。

7番(三)今江敏晃

千葉ロッテマリーンズから移籍して2年目。昨年は不本意なシーズンに終わりましたが、今年は期するものがあります。守備力は文句なしです。打者としてはアベレージヒッタータイプです。ホームランは15本から20本は期待できます。

8番(二)藤田一也

非常に小技の上手い選手です。足も速く、内野安打も多い選手です。守備力が高く、セカンドにボールが飛べば投手は安心できます。エラーも少ない選手です。梨田監督が好むタイプのプレイヤーです。

9番(捕)嶋基宏

侍ジャパンに選出されていましたが故障により無念の辞退をしました。開幕までに怪我が完治すれば問題なくスタメンに名を連ねる楽天の司令塔です。嶋選手の存在は非常に大きく楽天ナインの精神的支柱とも言えます。

2017年開幕投手予想

楽天のエースと言えば、則本昂大投手ですよね。

普通に考えれば則本昂大投手が開幕投手です。

しかし、WBCに召集されており疲労を考慮すれば、FAで獲得した西武ライオンズのエースだった岸孝之投手が有力です。

非常にコントロールが良くストレートにも切れのある投手です。則本昂大投手と同じ右腕ですが、タイプが異なります。

則本昂大投手は剛腕タイプです。岸孝之投手はどちらかと言えば軟投派です。どちらが開幕投手でもファンも納得の人選です。

2月27日には梨田監督からも「則本昂大投手にはWBCに専念してほしい。開幕投手は岸孝之投手で行く!」というコメントもあったことから、ほぼ間違いないでしょうね。

2017年先発ローテーション予想

則本昂大投手

最速156キロのストレートに切れ味鋭いスピリッツにスライダーで相手打線を手玉に取ります。非常に三振を多く取れる投手です。パワーピッチャーです。今では押しも・押されぬ楽天のエース投手です。

岸孝之投手

非常に緩急を使うのが上手い投手です。特に大きなカーブは代名詞です。ストレートはそこまで速くはありませんが、十分ストレートでも三振を取れる投手です。スピードガンの表示より速く感じる投手です。

美馬学投手

昨季は9勝。自身初の二桁勝利が視野に入ってきました。今年は二桁勝利が最低限の目標になります。オーバーハンドではないので相手打者はリリースが遅れて見えるので打ちにくい投手です。

塩見貴洋投手

貴重な先発左腕です。嵌った時に投球は圧巻です。波が激しいのがネックです。昨季は8勝10敗です。黒星先行してしまいましたが、今年は白星が逆転するピッチングに期待がかかります。

釜田佳直投手

まだまだこれから伸びしろが十分ある投手です。将来的には楽天のエースに育って欲しい投手です。持っているポテンシャルは1流のものがあります。能力が完全開花した時、大きな仕事をする予感です。

先発ローテーション候補

以上が先発ローテーションがほぼ確定であろう選手一覧です。

ただ、他にも先発ローテーションに食い込みそうな選手もいることをお忘れなく!

その選手とは、左腕の辛島投手。若手の安楽投手などがいます。

このように、意外に楽天投手陣は好素材が揃っています。今年はなんと言っても岸投手の加入が大きいですね

 

まとめ

田中将大選手が抜けてしまい、2014年からは本当に停滞期に入ってしまいました。

しかし2017年の今年は、岸孝之投手も参入し、他にもたくさんの魅力的な投手陣がそろっております。

そのため2017年の楽天には期待が持てるかもしれません。投手陣の作った流れに、上手く野手陣が乗り得点を重ねていってくれることを期待しております(`・ω・´)✨

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。