いちごが美味しい季節になりましたね。せっかくのいちご狩りシーズンだけど、遠くまで行く時間や金銭的にちょっと厳しい…。

思い付いた日に出かけたい。

そんなあなたにおすすめなのは都内で気軽に体験できるいちご狩り!

都内ですと、電車で他のとこへもハシゴができます。

いちご狩りから出発し、その後、いちごフェア巡りも良いですよね。

都内にある農園のなかで、今回は駅チカ「世田谷いちご塾」についてご紹介します。

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

世田谷いちご熟とは

場所・アクセス方法

世田谷いちご熟は閑静な住宅街の真ん中にある農園です。

世田谷区では初の高設栽培システムを導入しています。

いちごが手の届きやすい位置にあるため、お子さんからお年寄りまで楽しむことができます。

化学農薬を極力減らした栽培をしています。

取扱っている品種は、章姫と紅ほっぺです。

紅ほっぺはスーパーでもよく見かける品種ですね。

章姫は酸味が少なく甘みを強く感じられる品種です。

住所:東京都世田谷区中町4-32-1

世田谷いちご熟は電車ですと、東急大井町線「上野毛駅」から徒歩約10分の場所にあります。

バスで向かう場合は、東急バスを利用してください。最寄りのバス停は「多摩美術大学」、「多摩川電話局」です。どちらで下車しても、農園まで徒歩10分以内です。

料金

いちご狩りは、摘み取りと食べ放題のどちらかを選ぶことができます。

食べ放題(30分)

  • 大人(中学生以上)2000円
  • 小人(2歳~小学生)1700円

摘み取り

  • 100g 300円(税込)

生育状況により変更になる場合があるため、農園ホームページ内にあるブログもしくはフェイスブックを確認して向かいましょう。

開園時間帯

水曜日・日曜日10時から開園となります。

そして、いちごが無くなり次第、終了となります。

開園日や開園時間も生育状況により変更になる場合があるため、料金と同じく、農園のホームページ内にあるブログもしくはFacebookを随時ご確認ください。

開園時期はいつからいつまで

例年12月~6月の間に開園しています。

2018年は1月24日から6月中旬に開園します。

混雑時間や期間はいつ頃?

ねらい目は水曜の朝一です。ベストシーズンは3月から4月ごろです。

いちごの、大きさや甘さなど、質の良いものが育つ頃です。

10時にオープンしてから、はどんどん人が来ますので早めに行くのが吉です。

スポンサーリンク

世田谷いちご熟に行くにあたって

いつ頃に到着すればよい?

開園前には行列ができてしまうため、9時半くらいまでには向かいましょう。

15分前でも行列ができていたという、声もあるため余裕を持って向かうと良いでしょう。

デートにはおススメ?

駅チカのため、いちご狩りの前後も別の場所で遊ぶ余裕ができますので、デートにもおすすめです。

高設栽培のため、洋服がそこまで汚れる心配もありません。

ビニールハウス内は温かいため、心おきなくいちご狩りをたのしむことができます。

近くには公園もあるため、いちご狩りをした後、まったり公園デートも良いですね。

家族で行くにはおススメ?

いちご狩りは食べ放題がりますので、お子さんも大喜びでしょう。

採れたばかりの新鮮ないちごを、パック詰めで販売しているため、お土産として買って帰ることも可能です。

お土産におすすめのいちごジャムやアイス、ゼリーなども販売しています。

ベビーカー置き場もあります。

化学農薬をなるべく使用しないで栽培しているため、安心してお子様に食べさせてあげられます。

車で行くことはできる?

駐車場はあるようですが、農園はHPにて車での来園を認めてはいません。

どうしてもという場合は、農園に問い合わせて確認しましょう。

住宅街の中にあるため、コインパーキングも近くにはありません。お気をつけください。

事前予約は可能?

予約制ではありません。

先着順ですので、お気をつけください。

まとめ

  • 東急大井町線「上野毛駅」より徒歩10分の駅チカ!
  • 食べ放題は大人2000円、小人(2歳~小学生)1700円
  • 2018年は1月24日から6月中旬まで水曜・日曜、10時から開園
  • ねらい目は水曜朝一、9時半くらいには向かいましょう
  • デートにも家族とのお出かけにもオススメ

東京で、しかもこんな駅チカでいちご狩りができるなんて行くしかないですね。ぜひ、デートやお出かけのプランに組み込んでみてください。きっと、喜んでもらえますよ。ベストシーズンは人により好みがあります。一緒に行く人の意見も聞きつつプランを立てましょう。予約は不要のため焦らず、計画が立てられますね。

お子さんのいちご狩りデビューにぜひ「世田谷いちご熟」へ行ってみてください。家族で、カップルで、思う存分いちご狩りを楽しんでください。

長文お付き合いいただき、誠にありがとうございました。