夏が来る前に海で遊ぶ!!この時期ならではの海のレジャーに潮干狩りがあります。

子供と一緒に海で過ごす一日はきっと家族の素敵な思い出になりますよね。

足元の引いては寄せる波の感覚や貝を探し出すワクワク感、自分で採ったものを食べる楽しみ。日頃ではできない体験がきっとできます!ぜひ今年は潮干狩りを計画してみませんか?

ただ、子供と一緒だと何かと準備しておかないと当日思わぬ事態になることもあります。

そんなことが起きないよう、こちらでは子供のおすすめ服装や持ち物についてご紹介いたします。是非しっかりと準備をして子供と一緒に楽しい潮干狩りを楽しんでくださいね。

それでは最後までご覧ください。

スポンサーリンク

家族で潮干狩り!子供の服装は?

家族で潮干狩りにトライ!となっても初めてのことだと何を準備してらいいものか・・・なんて思いますよね。

今回は子供の水着や長靴などの情報や子供でも使える道具として熊手などをご紹介します。

服装は水着でOK?

子供のスタイルは水着+薄手の長袖上着+短パンがおすすめ。ラッシュガードがあればそれもいいですね。

この時期の紫外線は思っている以上に強力です。暑いからといっても水着だけにならないように。日焼け止めも上手に使って、子供の薄い肌を日焼けから守ってあげる対策を考えましょう。

帽子は必須です。園帽子のようなうしろにひだのついたものだと首焼けもカバーできて安心ですね。 

靴は長靴でOK?

子供で水遊び、となると長靴を想像しがちですが、長靴はあまりおすすめできません

なぜなら中に水が入り込み足元を取られたり、重みで脱げやすくなってしまうから。

長靴よりしっかり足にフィットするクロックス(脱げにくいベルトなどが付いたもの)が水も抜けて遊びやすいですよ。

素足は石などで切ってしまう恐れがあります。必ず何かを履かせてあげましょう。

潮干狩りに必要な道具

潮干狩りの道具として熊手スコップざるを準備するといいでしょう。

また、石を持ち上げたり何かと手を使います。

爪が割れたり手をケガすることもありますので、軍手をしておけば安心です。

今は子供用の軍手もあります。自分の手の大きさに合っていれば不快感も少なく、外してしまうことも少なくなります。

また「忍者熊手」と呼ばれる普通の熊手とは少し違った形の熊手がよく採れます。もし入手できるなら検討してみてください。

ただしこのタイプの熊手、あまりによく採れるからか禁止している潮干狩りスポットもあるとのこと。行かれる場所では禁止されてないか確認してくださいね。

子供連れ家族の必須持ち物

水遊びが大好きな子供にこの季節の海をおもいっきり楽しんでほしいものですよね。

心ゆくまで堪能するためにも準備は肝心!

大人とはまた違った用意が必要かと思います。備えあれば憂いなし!

子供一緒の潮干狩り計画に持っていくといいものをお伝えします。

 

持ち物①:ごはん、おやつ

案外現地調達は難しいものです。大潮中心の時間で動くためおひるごはんも不規則になりがち。

小腹を満たしてあげるようなおやつも用意しておくとぐずることも少なくなりますよね。

水分もたっぷり準備しておきましょう。

 

持ち物②:着替え(※多めに持っていこう!)

もうこれで着替えは最後だよ、となってからもまだ水遊びを始めたりするものです。

いつもより少し多めに用意しておくと安心です。

 

持ち物③:レジャーシート

場所を取るのに必要ですし、長時間の海遊びは思った以上に疲れるもの。

年齢によってはお昼寝をすることもあるかと思います。ワンタッチテントがあるとなお便利です。

 

持ち物④:ウェストティッシュ

貝を触ったり場所によっては泥を触ったり。持っているととにかく使います!

 

持ち物⑤:ばんそうこう

石や道具などで小さな擦り傷を作ってしまうことは考えられます。

小さな子供は些細な出血でテンション急降下することも。必ず持っていきましょう。

 

持ち物⑥:砂遊び、浜遊び用のおもちゃ

貝を探すのにハマらない子もいます。砂遊び浜遊びができれば、海の思い出は十分!!

日頃できない経験を楽しんでください。ビーチボールやスコップなどはおすすめですね。

まとめ

今回は家族で潮干狩りに行くなら何が必要?服装は?などといったことを中心に調べました。

貝を探し出す宝探し感や波遊びに砂浜遊び。そのあともみんなで収穫した貝を砂抜きしたり、調理方法を考えたり・・・。きっと子供の心に残るイベントになること間違いなし!

子供ならではの準備や対策もしっかり立てて、この季節の海を安全に、そしておもいっきり楽しんできてくださいね。

長文お付き合いいただき、ありがとうございました。