現在はWBC 2017で盛り上がっているところですが、日本プロ野球界も徐々に熱を帯び始めております。

3月31日にはペナントレース開幕となり、2017年日本プロ野球がとうとう幕開けとなります。

福岡ソフトバンクホークスは2016年、いいところまで行ったのですが、残念ながら北海道日本ハムの逆転優勝によりリーグ2位に終わってしまいました。

前半はとんでもない勝利数を重ねていたのですが、そこからの怒涛の追い上げを見せた日本ハムには正直驚きましたね。

実は例年、序盤で差をつけ、後半に徐々に差を詰められる傾向にある福岡ソフトバンクホークス。2017年度はいったいどのような戦いを見せてくれるのか要注目をしておきたいですね。

こちらではそんな福岡ソフトバンクホークスの開幕投手スタメン先発ローテーション予想をご紹介いたします。歴代の開幕投手についてもまとめておりますため、是非お楽しみくださいね!

それでは最後までご覧ください(^^♪

スポンサーリンク

ソフトバンク 歴代の開幕投手一覧

まずは歴代の福岡ソフトバンクホークスにおいて、誰が開幕投手として登場していたのか見てみたいと思います。

  • 2012年 ⇒ 攝津正 選手
  • 2013年 ⇒ 攝津正 選手
  • 2014年 ⇒ 攝津正 選手
  • 2015年 ⇒ 攝津正 選手
  • 2016年 ⇒ 攝津正 選手

福岡ソフトバンクホークスは選手層が厚いにもかかわらず、過去5年間をさかのぼるとすべての開幕投手に攝津正選手が登場しております。

それだけ福岡ソフトバンクホークスにとっては絶大な信頼を置ける、頼もしい投手であったということなのでしょう。

しかしそんな立場であったのも2016年序盤まででしたね。4月7日時点で17失点という凄まじい負けっぷりをしてしまい、その後は二軍降格をしております。そんな 攝津正選手は2017年に復活を遂げるのか…そんな一面にも注目をしてみたいですね。

さて、今年の2017年にはいったい誰が開幕投手として登場するのか、発表まで楽しみですね。

2016年 ソフトバンク スタメン情報

2016年 ソフトバンク 開幕戦スタメン

  1. (右)福田
  2. (二)本多
  3. (中)柳田
  4. (指)内川
  5. (一)明石
  6. (三)松田
  7. (左)中村晃
  8. (遊)今宮
  9. (捕)斐紹

2016年の開幕スタメンは上のメンバーに手構成されておりました。

シーズン中は打順をかなり入れ替えていたため、この開幕戦スタメンを見手もあまりぱっと思い出しづらいかと思います。

2017年のスタメンオーダーはどのように組んでいるのでしょうかね。

2017年 ソフトバンク 開幕スタメン・開幕投手予想

ソフトバンク 開幕スタメン予想

1番(二).本多雄一選手

2番(游)今宮健太選手

3番(中)柳田悠岐選手

4番(指)デスパイネ選手

5番(一)内川聖一選手

6番(三)松田宣浩選手

7番(左)長谷川勇也選手

8番(補)鶴岡慎也選手

9番(右)中村晃選手

2016年のスタメン情報や2017年の戦力を見てみた結果、このような選手メンバーが開幕スタメンになるかなと予想してみました。

それでは順を追って各選手を見てみましょう。

1番(二)本多雄一選手

本多選手と言えば、とにかく塁に出たら走る。盗塁王にも輝いたその俊足は脅威です。完全なアベレージヒッターでホームランはたまに出るくらいです。セカンドの守備範囲も広く、安心出来ます。

 

2番(游)今宮健太選手

とにかく守備力がずば抜けています。パリーグでは文句なしのナンバー1ショート。打力は年々向上してきています。パンチ力があり、意外なところでホームランを放ちます。小細工が上手いバッターで2番は適任です。

 

3番(中)柳田悠岐選手

2015年にトリプルスリーを達成。長打力とミート力は超1流。また足も速く、他球団からは、徹底マークされています。センターの守備範囲も広大で、肩も非常に強く全ての面で超1流のプレイヤーです。

 

4番(指)デスパイネ選手

WBCでも活躍しているデスパイネ選手。昨季までロッテに在籍していましたが、今シーズンからソフトバンクに加入しました。なんと言っても長打力が魅力の選手です。ツボにはまればスタンド上段まで持っていきます。

 

5番.(一)内川聖一選手

昨季は4番を務め打点は106。大台の100打点を超えましたから、4番としての重責は十分に果たしたと言えます。典型的なクラッチヒッター。中距離バッターです。ホームランは昨季18本くらいが内川選手の平均ラインです。

 

6番(三)松田宣浩選手

チームのメードメーカー。別名(熱男・あつお)長打力があり、6番に松田選手がいる打線は強烈です。昨季はホームランは27本でしたが、30本以上打った年もあり、今年は大台の30本以上を狙います。

 

7番(左)長谷川勇也選手

昨年は打率が271とやや物足りない数字でした。長谷川選手なら涼しいぁ顔で3割は打てます。今年は3割は最低でも達成したいです。出来ない数字ではありません。十分射程圏内です

 

8番(補)鶴岡慎也選手

ソフトバンクの扇の要です。打撃はそれ程インパクトはありませんが強肩の捕手です。インサイドワークを巧みに使います。捕手として完成した領域に入っています。

 

9番(右)中村晃選手

昨季は全試合に出場を果たしました。ソフトバンクにはなくてはならない中核を担うバッターです。打順は9番ですが、5番でも役割を果たす事が出来ます。パンチ力があり意外なところで一発があります。

 

2017年 ソフトバンク 開幕投手予想

開幕投手予想:和田毅投手(2月22日内定

ソフトバンク投手陣で、和田毅投手に敵う選手はいないです。

和田毅投手は開幕投手を何度も務めた実績もあります。

開幕投手は武田翔太投手の名前も挙がっていますが、WBCに緊急招集された為、疲労を考慮すれば開幕投手の可能性は低いです。

ここはやはり不動の大本命・和田毅投手で行く可能性が高いです。和田毅投手なら安心して開幕投手を任せる事が出来ます。投手陣にはひと際気を遣う工藤監督ですから、昨季最多勝に輝いた黄金左腕に任せます。

2017年 ソフトバンク 先発ローテーション予想

和田毅選手

昨季の最多勝投手。メジャーに行く前に既に多くのタイトルを受賞していました。昨季見15勝で最多勝。リリースポイントがみづらく、同じ手の振りでストレートと変化球を投げ分けます。

武田翔太投手

昨シーズンはキャリアハイとなる14勝を挙げました。独特のカーブが非常に打ちづらく、相手打者のタイミングや凡打を誘います。右の本格派投手です。今年は昨年以上の活躍をして自他ともに認めるエースに君臨したいです。

千賀滉大投手

セットアッパーをしていましたが、先発に配置転換。12勝と結果を残しました。千賀選手の決め球フォークボールはあまりに大きい落差からお化けフォークと言われています。最速150キロを超えるストレートを駆使します。

バンデンハーク投手

昨季は7勝止まりも、1年間フルでローテーションを守れば、15勝前後は期待できる投手です。非常にコントロールが良く、ストレートも手元で伸びるので打者は差し込まれてしまいます。

田中正義投手

昨年のドラフトで5球団強豪の末、ソフトバンクが交渉権を引き当てました。昨年のドラフトの中で1番良い投手。少し制球に苦労していますが順応力が高いので直ぐに慣れるでしょう。今年の新人王最有力な選手です。

他の先発ローテーション候補も

以上が先発ローテーションがほぼ確定であろう選手一覧です。

ただ、他にも先発ローテーションに食い込みそうな選手もいることをお忘れなく!

ここに東浜投手と復活を目指す摂津投手がどう絡んでくるかがポイントです。

攝津正投手は開幕投手を何度も務めた投手です。そのため、2017年の復活が待ち望まれます。

東浜投手は昨季9勝をマーク先発6枚目の枠なら入ってきそうです。

 

まとめ

昨年の2016年はリーグ2位に終わってしまいました。そんな昨年の無念を晴らすべく、福岡ソフトバンクホークスは体制を整えております。

是非とも開幕戦で勢い付け、その勢いのまま後半戦でも十分に勝ちを増やしていってくれることを期待しましょう。

長文お付き合いいただき、ありがとうございます。